モレーンコーポレーションスタッフブログ 天下御免

topicpath
ホーム  >
モレーンコーポレーションスタッフブログ 天下御免  >
全記事一覧

全記事一覧

2012年08月06日 10:54

「セミ」

セミが本気を出して「ミンミン」鳴ている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?今回は、軽く夏バテ気味の釜付が担当をさせて頂きます。

前回、ブログを担当させて頂いてから早三か月。本当に時が過ぎるのは早いものですね。研修期間も終わり、早く一人前のIC-Rになるべく日夜、勉強に励んでおります。この三か月間で一番大きな出来事は「TV出演」でした。まさか自分がTVに出るとは思いませんでしたが、とてもいい経験をさせて頂くことが出来ました。もう1度出たいとは思いませんが・・・(笑)

毎年言ってる気がするのですが、夏ってこんなに暑かったでしたっけ?(笑) 毎日、暑さと汗と闘いながら業務をこなしています。
暑いと言えば、オリンピックもかなり熱いですね。日本の選手が、世界の舞台で活躍しているのを見ると日本人として誇りに思います。特に、先日、体操で金メダルを獲得した内村選手にはとても興奮させられました。同年代の内村選手に、私も負けないように仕事に取り組んでいきたいと思います。

最近、通勤時の電車の人口密度が減ったなあと思っていたのですが、学生さんたちが夏休みだからですね。去年まで学生だった私が「学生さん」なんていうのも何だか変な感じなんですが、こういう所からも社会人になったんだなぁと実感します。当たり前が、当たり前じゃなくなるんだなと実感しています。一日、一日を大切にしなければいけないと改めて感じました。

「感染管理の大衆化」を達成するために、お客様目線でコンサルティング提案が出来る、そんなIC-Rを目指して、頑張ります。毎日、とても暑いですが皆様もお体に気を付けてお仕事頑張っていきましょう。

ありがとうございました。

東京営業部 釜付 龍弥

2012年08月03日 09:31

「社会人になって感じること」

入社して早5か月目に突入致しました、新入社員の海老原です。
本当に早いもので、社会人になってもう4か月も経ってしまいました。
まさしく光陰矢の如し、あっという間に過ぎてしまった4か月でしたが
毎日が充実して刺激的であったからこそだと思います。

入社して早々テレビ出演を果たし、満員電車にも負けず、
少しずつ業務にも慣れて参りました。
(ちなみに出演致しましたMr.サンデーを見た友人や家族に
「お前は肉ばっかり焼いて上司の話全然聞いてないじゃないか」と突っ込まれました。
決して話を聞いてなかったわけでなく、偶然放映されたシーンが
私が肉を焼いている瞬間と重なっていただけです。あしからず)

最近は以前に比べて、社内の業務よりも他の営業さんと一緒に
病院に同行させて頂く機会が増えました。
色々な病院を回らせて頂く度に、純粋に「医療」という真新しい世界に感動する自分もいれば、会社で学んだ「理想の病院像」と「実際の医療現場の現実」との間にあるギャップにやるせなさを感じる自分もいます。

病院ですれ違う患者さんを目にすると、実際に入院していた自分の家族や親族を思い出し、会社が掲げている「大切な人を守りたい」という信念が少しずつ自分に重なっていく気がして「頑張ろう!」という気持ちになりました。

そして純粋に、社会人になって改めて家族や友人の大切さを実感する毎日です。
医療に関係する仕事に就いたという事実とはまた別に、
悩みを吹っ飛ばしてくれる家族の笑顔や
悩みを共有できる友達の存在がこんなにも大きいものなのかと改めて気づきました。

新社会人として同じような悩みを持つ友達とお酒を飲みながら
会社の話をしたり、将来のプランについて話したり、本当にかけがえのない瞬間です。
家に帰れば家族が「おかえり」と迎えてくれて、
学生の頃の「おかえり」に一言、今は「仕事お疲れ様」と加えられるようになりました。
社会人になってちょっとセンチメンタルというか涙もろくなったのか、自分でも
よくわかりませんが、こんな小さな瞬間にものすごく幸せを感じるようになりました。
(なんだかちょっとドラマチックな言い回しになってしまいましたが)

そんな「大切な人達を守る」ために(決して会社の理念がどうこうという意味で言っているわけではありません(笑))、私も頑張ろうと思います!

まだまだ一人前の営業だなんてとても言えませんが、
一日も早く「あなたがいてくれてよかった」と言って頂けるような社員に
なりたいと思います。

これからもどうぞ宜しくお願い致します。

海老原

2012年06月25日 11:17

「研修」

今回は九州支社の上河が担当致します。研修でスウェーデンへ行って来ました。
研修内容は弊社が扱うベッドパンウオッシャーの工場見学等の研修でした。
仕事以外の話として、スウェーデンは今は夏ぐらいでお昼が長く朝2時から日が登り、
夜11時に日が沈むので、7時間の時差があるのですが何か感覚がおかしい感じがして、
時差ぼけかどうかわかりませんでした。

画像
これでも、夜7時です。
ヨーロッパはやっぱり景色です。
世界車窓から・・・

画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

ちなみにデンマークも行きましたので写真に入れております。
ありがとうございました。

2012年06月01日 09:33

「That`s Poker !」

皆様いかがお過ごしでしょうか?
今回は東京営業部 岡本がブログを担当させて頂きます。
突然ですが、みなさんはTexas Hold`em(テキサス•ホールデム)というポーカーゲームを御存知でしょうか?各プレーヤーに2枚のカードを配られ、テーブル上に最大5枚のカードが配置され、その手札の2枚を含めた7枚のカードの内5枚を選択して、強いカードの役を作って競いあうという非常にシンプルなゲームなのですが、これがまた奥が深いんです。テーブル上のカードが順番に配置されていくのですが、その中でチップを賭けて他のプレイヤーをゲームから追い出して(kick out)最後まで残れば勝ちなんですが、この最後まで残る間に、何度も何度も心理戦が繰り広げられます。ゲームは5-6時間かけて行われたり、大きな大会になると3,4日間かけて行われる場合があります。とにかく体力と集中力がこのゲームの勝負の鍵となります。
Texas Hold`emとの出会いはもう10年近く前になりますが、ゲームを通して学んだことは、何度ピンチに見舞われてもチャンスがくるまで「あきらめないこと」、どんな逆境であっても、苦しい状況でも「続けること」が大事なんだと思います。
「ポーカーフェイス」と呼ばれるように、ポーカーは表情に出さないことが基本なのですが、如何せん汗っかきなもので、「顔にでないけど、汗が全てを物語ってしまう」のも私の特徴なんですけども(笑)。
ちなみに最近開催されましたAJPC(All Japan Poker Championship:全日本ポーカー選手権大会)の予選風景です。
画像
あっという間に負けちゃいました•••。学んだことが全然役立ってないですね(汗)。
Texas Hold`emを知って頂く上で映画『ALL IN』や『007 カジノロワイヤル』なんかもぜひおすすめです。

さて、話は変わりますが今回の
APIC(Association for Professionals in Infection Control and Epidemiology:感染および疫学専門家協会)は米国のテキサス州サンアントニオにて開催されますが(http://www.apic.org/)、此の度、IC-R代表として参加させて頂くことになりました。感染制御のプロフェッショナルの方々が集うこの会に参加させて頂く機会を与えて頂き大変光栄な思いと共に、日本の感染に携わる方々に最新情報をお届けすべく五感をフル活用して吸収してくるぞ、という意気込みでいっぱいです。またブログにてAPICでの報告をさせて頂ければと考えておりますので、その際はまたぜひ御覧下さいませ。

東京営業部 岡本 毅志

2012年04月27日 11:08

「入社のご挨拶」

皆様はじめまして。
2012年4月に入社致しました海老原と申します。
入社して2週間目、初ブログです。

東京は向島出身、千住育ちの23歳です。
大学ではフランス文学や哲学などを勉強していました。
在学中に2年間イギリスに留学し、現地では考古学を専攻していて
毎週フィールドワークに出かけたり石器や骨を観察したりしていました。

モレーンコーポレーションという会社が目指す「感染管理の大衆化」。
病院によって感染管理の位置づけが異なること、
最も基礎的で効果的な「手洗い」という予防策でさえも
まだ100%完璧には徹底されていないこと。
今まで知らなかった病院の現状を知ると同時に、この目標へのやりがいが湧いてきました。

まだまだ社会人としては半人前ですが、一日でも早く他の社員の皆様、
そして医療従事者の方々の力になれる立派なICRになりたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。

海老原 歩

2012年04月20日 09:09

満員電車

デビュー致しました。皆様、初めまして。モレーンコーポレーション新入社員の釜付(カマツキ)と申します。まだ、新入社員になりたてほやほやではございますがブログを書かせて頂きます。




平成元年生まれの只今22歳。神奈川県出身で、小学校、中学校、高校、大学とずっと神奈川県で過ごしてきましたが、社会人になって初めて東京が通勤場所となりました。プチ上京してきた気分です。




「大切な人を守りたい」この企業理念に感動し、入社を決めました。まだまだ、電話一つ取るだけで四苦八苦してしまっていますが、少しでも早くICRとして戦力になれるよう日々勉強を重ねていきたいと思います。




次にブログを書くときはもう少し成長したお姿をお見せできればなと思います。初めてのブログで緊張していますが、次はもう少し面白いブログを書いていきたいと思いますので、これからよろしくお願いいたします。

2012年04月06日 14:11

腰が痛い~・激痛が・・・

今回、ブログを担当させて頂きます東海支社の多川です。

3月はとにかく忙しかったのですが何とか乗り切る事ができました。

ちょっと気を抜いたのがいけなかったのか「ギックリ腰」になってしまいました。
25日(日)にゴルフに行って3月の忙しさを吹き飛ばすように楽しんだ次の日に
悲劇がきました。

26日(月)の朝、起きたら「あれっ」「何これっ」「起きられへん」「腰が痛い」
「痛い・痛い・痛い・痛い・痛い」「アカン、ギックリ腰や」と大叫び。ホントは
声が出せないので大叫びではないですが気持ちは大大大叫び。

それから針・マッサージに行ってその場は少しマシになりましたがたまに激痛が・・・。

先生からは「2・3日大変やと思う」とお聞きしておりましたがまだまだ激痛が・・・。

今は腰にベルトを巻いて対応中。中学生の時に一度「ギックリ腰」になってから
今回まで何度か「ギックリ腰」をやってますが今回が一番ツライです。

早く痛みがなくなりますように。神様~宜しくお願いいたします。


※多川を見かけても絶対後ろから押さないで下さい。腰から砕け落ちますので。






東海支社 多川 浩人

2012年03月30日 11:13

サイン会!

こんにちは。

今回は、関西支社の川添がブログを担当させていただきます。



大阪に引っ越してきて、1年半ほどが経ちました。関西圏にあまり友・知人がいないので、仕事以外の時間は一人で過ごすことが多いのですが、一人のときはだいたい、趣味のヨガスタジオ通いか書店通いをしています。

先日、その「書店通い」をしていたところ、何ともうれしいニュースを発見してしまいました。

大阪市内にある某大型書店に、安藤忠雄氏のサイン会の告知ポスターが貼ってあったのです!

安藤忠雄氏と言えば、大阪を拠点に世界中で活躍されている著名な建築家です。(大阪の茨木市にある「光の教会」や、香川県直島にある「地中美術館」、ご存知の方も多いと思います。)私は建築や設計に詳しいわけではないのですが、それらの建築は、ひと目見たら、いつまでもずっと忘れられないほど美しいものばかりです。

普段の私の性格は、どちらかというとのんびり落ち着いた性格で、それほどテンションが高くなることはないのですが、この告知ポスターを見た時ばかりはテンションが急激に上がってしまいました!
サイン会があるのは3月下旬の日曜日だったのですが、「仕事は休みだから行ける!でもその日寝坊したらどうしよう…正装していくべきかしら…」など、たぶん私本人にとってしか重要でないことを、はやる気持ちを隠しながら、書店内のポスターの前で棒立ちになったまま、一生懸命考えていました。

そんなテンションでいたせいか、あるいは結局のところのんびり屋の性格のためなのか…サイン会の日付は確認したものの、時間をチェックするのを忘れてその日はそのまま帰宅してしまうという大失敗をしてしまいました…。書店のホームページで調べても、そのサイン会情報が載っていません…。書店に問い合わせをすればいいのですが、やはりここでものんびり屋の性格が顔をのぞかせたためか、「書店の開店時間から行ってれば、とにかく大丈夫!」と、日曜は書店の開店時間の朝10時に行くことにしました。

当日は寝坊もせず、いつもより少しだけ整った服装をして、朝10時に書店に到着しました。そこでポスターを確認するとサイン会は「14時」からとの記載が。そこから4時間、書店内の各フロアを行ったり来たり。普段は立ち寄らないようなコーナーにも行ってみて、普段の自分が知らない世界の広さを、その4時間存分に楽しみました。

14時になり、サイン会開始の時間になると続々と人が集まってきました。私も緊張しながら、本を両手に大切に持ってその列に並びました。

私の番になると、安藤氏は本にサインと、私の名前も入れてくださって、「色も付けとこうか」と、名前の横に色付けもして下さいました。写真がそのサインです。









この日は本当にうれしいイベントの日になり、ホクホクした顔で電車に乗って家に帰りました。寝坊しなくて本当に良かった…。






それにしても、サイン会を待つ4時間の間書店内を見ていて、自分の知らない素晴らしい世界が本当にたくさん、手の届くところに広がっているんだなぁと感じました。大阪に引っ越してから外出する機会がすっかり減ってしまったのですが、これからは行動範囲を広げて、たくさんの人に会い、自分の知らないことをもっともっと知りたいと思った1日でした。




川添

2012年03月23日 10:24

あの震災から学んだこと

こんにちは。
東京営業部の伊藤が今回ブログを担当させて頂きます。

早いもので、未曾有の「東日本大震災」から1年が経過しました。

改めて犠牲になられた方々に哀悼の念を捧ますとともに被害に遭われたみなさまに心よりお見舞い申し上げます。
そして、未だかってこの困難な状況を支えて頂いているすべての皆さまに心から敬意を表します。

私は、兵庫県神戸市出身で小学生の時に阪神淡路大震災に被災しました。
幸い身内や知人に亡くなった人はいなかったのですが、
その当時の地震や火事の恐怖、水等の生活必需品がなかなか手に入らず
近くの川で水を汲みに行ったこと、自衛隊の救援物資を待ち望んでいた時の苦労は、
今でも鮮明な記憶としてはっきりと思い出すことが出来ます。

阪神淡路大震災当時は、まだインターネットなどが発達していなかったこともあり、
電話などの連絡手段が断たれると情報がかなり狭くなる状態でした。
また、ご好意で来て頂いたボランティアの方々が、逆に被災地でボランティア難民に
なってしまったりと様々なトラブルが発生しました。

「東日本大震災」では、インターネットのより一層の拡大、スマートフォンなどの携帯端末の
進化、またtwitter、facebookなどのソーシャルネットワークもあり、
ネット上では「被災地の現状」「ボランティアにいくために必要なもの」
「今ここでは、こんな問題をかかえている」など様々な情報が瞬時に、
そして大量に交換することが可能となりました。

しかし、そこで起きた弊害として、真実の情報の中に無数の誤った情報や誤解を
招く表現なども大量に流出されてしまいました。

「放射線物質を大量に含んだ雨が降る?」「皇族の方々が、すでに京都に避難された?」、「ホウ酸を食べると放射線を防げる?」「ワンピースの作者・尾田栄一郎が15億円寄付?」等、今となっては、一見「誰が信じるの!?」と思うような誤った情報(勿論、正しい情報もたくさんありました。)も流れ、それを信じた人がまた他の人に配信する。

これらの混乱に基づく情報は、やっかいなことに悪意があるケースが少なく、
大半は、「この困難な時になんとかしたい!」「少しでも役に立てれば!」と
善意による情報配信であり、結果、本当の欲しい情報が薄れ更なる不安と混乱を
招くこととなりました。

映画好きの私としては、まるで1938年にアメリカのラジオ局が放送して聴衆を
大パニックに巻き込んだオーソンウェルズの「宇宙戦争」を思い起されました。

現在、誰もがパソコンや携帯を開けば容易に無数の情報を引き出したり、
発信出来るようになりました。
しかし、その中には誤った情報や不確かな情報も数多くあり、全てを鵜呑みにしてしまうと、本当に重要な判断やすべき行動が見えなくなってしまいます。

情報の海の中から本当に必要な情報を選びとり、整理する力がこれからも重要であることを
今回の震災で改めて深く感じました。

2012年03月16日 08:35

新しい季節

こんにちは、モレーンコーポレーションの営業部、深澤修子です。
今回は私がブログを担当させて頂きます。

突然ではございますが、
人の心の移ろい行く様は甚だ季節の移ろいの様に、穏やかに、
しかし時に激しく、時には行きつ戻りつしながらも、確実に変わって行くものです。
一つの心に夏と冬の様に真逆なことを思う日もあるかと思えば、一年巡れば毎年
必ず春がやってくるように、逡巡した結果、初心に立ち返ることもあります。
しかし毎年訪れる春も去年と同じ春は二つとして無いのですから、同じに見える
私でも去年とはきっと何かが違うのでしょう…。

…なぁんて書いてはみたものの、この4月でモレーンに入社して丸三年が経ち、
ますます「最近逞しくなったね!男らしくなったね!」と評価を頂くことが増えました。
女子力を上げようと奮闘してるつもりが、何故か男らしさを上げてしまった悲しい結末。


石の上にも三年とは言いますが、何事もゆっくりマイペースな私は三年でやっと
自分の足場ができてきた、といったところでしょうか。まだまだ学ぶことは山のようにあり、
社会人としても未熟な私は、これからもモレーンで頑張りたいと思い、
新しい一年を迎えようとしています。

会社の傍を流れる神田川の桜を見るのも今年で4回目。色々あったこの一年を振り返り、
一日一日を自分の成長の肥やしにせねば!と日々新たな思いで仕事に臨んでいます。

▼去年、会社の近くで撮った桜の写真です。

2012年03月09日 08:37

下呂温泉の隠れた魅力

みなさんこんにちは。ブログでの登場はついに3回目となりました。東海支社の星です。

今回は私の出身地である岐阜県が誇るかの有名な温泉街「下呂温泉」の魅力に迫りたいと思います。
下呂温泉をご存知の方は多いと思いますが、下呂温泉には温泉以外にも様々な魅力があります。今回は下呂のおすすめグルメとおすすめの期間限定イベントの紹介をさせて頂きます。

下呂のおすすめグルメ① <鶏ちゃん>
「鶏ちゃん」=「にわとりちゃん」ではなく「けいちゃん」と読みます。
「けいちゃん」は下呂の郷土料理のひとつで、特製の甘辛たれできゃべつと鶏肉を炒めた料理です。にんにくも程良く効いていて、ビールとの相性は最高、ご飯との相性も抜群です。お腹と背中がくっつくほど腹ぺこの状態で食べてしまったら大変です。止まらなくなるほどおいしいです。下呂にお越しの際は、だまされたと思ってぜひ食べてみて下さい。
もし食べ過ぎてしまったら、「鶏ちゃんいかんわ。うますぎるもん。」と、東海地方で放送していた某ハムのCMと同じフレーズでつぶやいてみて下さい。必ず気づいてつっこんでくれる人がいるはずです。つっこんでくれる人がいなかったら、「あっ、今日は東海地方出身の人がいないんだな。」ということが分かりますので、試してみて下さい。

完全に話がそれてしまいましたが、鶏ちゃんがおいしいおすすめの店は、「杉の子」というお店です。

店内に入ってすぐのところに芸能人のサインがいっぱい飾ってあります。鶏ちゃんをほどよく楽しんだ後は、鶏ちゃんの具を少し残しておいて同じ鍋で焼く焼きそばも最高においしいですので、ぜひどうぞ。


下呂のおすすめグルメ② <トマトうどん>
 下呂の隠れた名物?は、トマトです。甘みがあり、ほどよい酸味もあります。なんとそんなトマトがうどんに入ってしまったのが、何を隠そう「トマトうどん」なのです。「うどんにトマトって聞いたことがないわ。合うのかしら。」とお思いのそこのあなた、まずは食べてから合うかどうかを決めて下さい。川平磁英ではないですが、「合うんです!」と力強く宣言させて頂きます。おすすめは、お食事処「大袋」=おふくろのトマトうどんです。セットでおにぎりと飛騨牛串焼きもついてきますので、うどんだけでは物足りなさを感じる方にもおすすめです。


下呂のおすすめ期間限定イベント 「下呂温泉花火」

下呂温泉では、毎年1月~3月の毎週土曜日に花火が打ちあがります。実は私は昨年に引き続き、今年も見てきました。今年は友人4人と一緒に下呂温泉街の一角にある居酒屋「石わら」で飲んでいたところ、突如として花火が打ちあがりました。花火が打ちあがった頃、私はトイレにいたのですが、夢中でトイレの窓越しに写真を撮って満足して席に戻ると、店内が暗くなって窓が開け放たれており、トイレの窓から見るよりも何倍も綺麗な世界が広がっていました。これがその写真です。写真もいいですが、実際に現地で見る花火の美しさにはかないません。3月末までやっていますので、まだの方はお急ぎください。





というわけで、今回はモレーンの自称 下呂観光大使の星がブログを務めさせて頂きました。
それではまた。

2012年02月23日 11:43

愛犬クレア

まだまだ寒い日が続いておりますが、そろそろと春の足音が近づいて参りました。
花粉症の為、毎年この春の到来があまり嬉しくない草場依未子が今回担当です。

さて我が家には2匹の愛犬がおります。
ラブラドールレトリバーとジャックラッセルテリアです。
どちらもやんちゃな女の子ですが、今日はラブラドールのクレアをご紹介致します。

女の子と申しましても今年11歳になり、人間の年齢に換算致しますと66歳となるそうです。
11年足らずしか生きていないのに、もう66歳なんて何か納得できない感じです。

クレアを飼い始めた頃は世間では大型犬が流行っており、
ラブラドールをはじめ、ゴールデン、ピレネー、
今では殆ど見かけないハスキー犬などがご近所にたくさんおりました。

中でもラブラドールは盲動犬として有名ですが、
大人しく賢いと思ってうっかり飼い始めてしまうと、
びっくりするくらいやんちゃなので、最初の躾けが肝心な犬種です。
近所でもいつの間にか散歩がご主人から奥様担当になってしまったのを見ると、聞かずとも
腰痛でダウンだと分かります。

クレアも一応躾け教室というものに通ってみたものの、
余りにも我慢させられてやんちゃを一切せず、
飼い主の命令通りに動くロボットのようなお手本のラプを見て何だか可哀想になってしまい、文字通り3日で終了、本当にのびのびと育ててしまいました。

得意なことは早食いと全身で喜びを表しながらの歓迎タックルです。
お散歩も大好きで、多分自分を犬と思っておりませんのでお友達の犬に会っても
その飼い主さんに先ずはご挨拶するくらいの人好きです。

そんなクレアが最近、階段を踏み外すようになってしまいました。
余りにも頻繁になって、大好きなお散歩も躊躇するようになってしまったので
獣医さんに診て頂いたら長年の階段の上り下りが原因で背骨がヘルニアに
なっているとのこと(!)。

獣医さん曰く、ラブは我慢強いから今まで相当痛かったのでは、と。ゴメンね、クレア。
効くか分からないけれど、人間と同様でコンドロイチンのサプリを飲ませて様子を見る事になりました。
サプリの効果を期待しつつ日々過ごしておりましたら、
ある日家の中で突然何かの拍子にこけて立てなくなってしまうという事件が発生!
ソファに座らせようと抱えてみたものの、何だか脚に力が入っていないようで、
降ろしても不自然な横たわり方。
あぁとうとう歩けなくなったか。。。と今後のことを考えて憂鬱になりつつ会社に出社。

帰り道は本当に気が重く、どんな介護をしてあげたらいいのか
今度本でも探そうと思いながらドアを開けると……
どうでしょう!跳ねるように元気にお帰りの歓迎タックルで迎えてくれるではありませんか。

良かった~クレア、とひと先ず安心したものの、
その数週間後には朝ゴハンを用意している間、またまたおかしな様子。
あれだけ食いし坊だったのにゴハンに見向きもせず、ソファに寝たまま。
名前を呼んでようやく起き上がったものの足がもつれ、上手く歩いて来られない。
仕方がないので口元までゴハンを持っていっても食べようとしない。
いよいよかーとこれまたソファに寝かせてみたのですが、何だか不自然な寝方。
またまた憂鬱な思いで会社から帰るまで気になって、気になって、まさかこのまま。。。
と、良からぬ事まで考えてしまいました。
恐る恐るドアを開けると。。。

何とまた尻尾をブンブン降ってダッシュで迎えてくれるではありませんか!
もうどれだけ心配したことか、クレアったら!とまたまたホッとひと安心致しました。

この様なことが何度かあったのですが、今ではサプリメントが効いてか、
一日一回は散歩に行けるようになりました。
ただなぜか最近かなり頑固になってしまい、散歩もこっちと決めた方向にしか動かない。
この辺はしっかりおばさんになってしまったということでしょうか?

歳をとるとヒトも犬も色々と故障が出て参りますが、
クレアは本当にペットというより家族。彼女の歓迎タックルに仕事の疲れも吹っ飛びます。
でもクレア、タックルはもうよそうね、背骨に悪いから。

2012年02月10日 11:06

ワークライフバランス

天下御免をご覧の皆様、こんにちは!
今回はネットワークデザイン事業部の木澤が担当させていただきます。
早いものでもう2月ですね!
時の流れが早いのは、充実しているからなのか、時間に追われているのか定かではありませんが…(笑)
そんな昨今、仕事もプライベートの充実させようという「ワークライフバランス」がよく雑誌やテレビで取り上げられています。
Wikipediaによれば、「国民一人ひとりがやりがいや充実感を持ちながら働き、仕事上の責任を果たすとともに、
家庭や地域生活などにおいても、子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な生き方が選択・実現できる」とあります。
“ワーク”はもちろん、モレーンで感染管理の大衆化をはかることですが、私にとっての“ライフ”の一部を今回はご紹介したいと思います。

今回、ご紹介するのは「ダイビング」です。
※以前にもダイビングネタのブログでしたが今回もお付き合い下さい。

先日、和歌山県の紀伊大島にて、2012年初ダイブをしてまいりました。
3年ほど前からダイビングを始め、伊豆、福井、石垣島、グアムと様々な有名ポイントで潜ってきた私ですが、
和歌山の白浜、串本方面では潜ったことがなく、今回が初めてでした。

え?こんな寒いのに海に潜れるの?
と疑問に思う方も多いかと思いますが、意外に(?)ダイビングは冬でも潜れます。
ドライスーツという水が入ってこない特殊なウェットスーツを着て潜るので大丈夫です。
そして、冬の方が海水の透明度も良く、綺麗に海の中が見えます。
ただ、海に入ってしまえば、温かいのですが、
海から出たあとはめちゃくちゃ寒いので重いボンベを背負っていても小走りで室内へと戻ります(笑)

潜ったところは内浦ビーチというところで、小学校の跡地をダイビングスクールにしていました。
更衣室の写真はさすがに撮れませんでしたが、教室、そのままでした。


今回、一番感動だったのが、アジの大群に遭遇できたことです。
いつの間にかアジに囲まれていました。
アジを下から撮影したので、水面が近いように見えますが、水深が20メーターほどあります。
このくらい冬の海は綺麗です。

毎回、ダイビングをするときはカメラを持って潜ります。そのためどんどん写真がたまっていき、とても嬉しいです。
潜っているときは分からなくても、あとから魚の名前を調べて覚えることもできるので、潜ったあとも楽しみが待っています。


泳ぐのが苦手だから…という方もいますが、ダイビングは普段は泳げない人も出来るスポーツです。
実際に私のダイビング仲間でも泳げない人、結構います。
泳げない人でもはまってしまう海の魅力、海の力は凄いなと思います。
同じ場所で何度潜っても、出会う魚、景色が違うので、毎回新しい発見に出会えます。

ほとんどが日帰りのダイビングで行くため、朝がめちゃくちゃ早いのですが、
前日は遠足を待ちわびた子供のように興奮してなかなか寝れません。
魚が自由に泳ぐのを間近で見たり、大群と一緒に泳いだり、とても広く限界がない海にいると自然と体の力が抜けて、リラックスできます。
私にとっては癒しの空間です。

皆さんのワークライフバランスの“ライフ”は何ですか?

2012年02月03日 09:58

Season 2

モレーン・スタッフブログをご覧の皆様、はじめまして。
昨年10月に入社しました椎名健一と申します。
弊社の物流拠点である東扇島倉庫で品質管理を担当しております。どうぞよろしくお願いいたします。

 簡単に自己紹介をさせていただきます。
群馬県伊勢崎市で生まれ、千葉県柏市で育ちました。A型の水瓶座、趣味はルアーフィッシングですが、ここ数年はご無沙汰しています。
前職は輸出入貨物を扱う倉庫で働いていました。そこでモレーンの商品の出荷業務に携わっていた時期があり、昨年の秋、ご縁があって再びモレーンの仕事をさせていただくことになりました。

 私にとって前職時代が「Season 1」だとすれば、モレーンのスタッフとして働いている現在は「Season 2」になります。当然、「Season 1」を超えなければなりません。責任は非常に重く、身の引き締まる思いで、日々の業務に取り組んでおります。

 私の勤務する東扇島倉庫は、モレーンの製品が世に出て行く物流フローの最終工程になります。
保管場所の衛生管理、供給を絶やさない為の物品管理、製品の品質チェック、安全に搬送されるための梱包の検証など、業務は多岐にわたります。
安定したサービスを提供し続けるには、少しの妥協も許されません。
弊社の目指す感染管理の大衆化、そして患者さんや医療従事者の皆様を医療関連感染から守るために、今後も最大限の努力をしてまいります。

 さて、話しは変わって私事になりますが、東扇島倉庫に勤務するにあたり、通勤の利便性を考えて、昨年の秋に川崎市へ引っ越しました。
新しい街に移り住んだものの、倉庫とアパートを往復するだけの毎日だったので、休日を利用して川崎の街を散策してきました。

 家電製品を買いにラゾーナ川崎へ。この広場はよくライブ・イベントも行われているようです。


 前から気になっていた川崎球場。昔の面影はなく、全く別の施設のようになっていました。


 意外と自分の住まいから遠くなかった川崎大師。初詣がまだだったので、お参りをしてきました。

 川崎市の南端に位置する東扇島倉庫で、今後も皆様のお役に立てるようモレーンの一員として頑張ってまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

2012年01月27日 10:41

はじめまして。

皆様、はじめまして。
昨年の12月12日にモレーンコーポレーションに入社致しました
東京営業部 営業サポートの三又(みまた)です。

私の日々のお仕事は、外で営業活動をされている営業の方に代わって、
見積書を作成したり、営業所にかかってきた電話やFAXの内容を連絡したり、
病院様向けにマスクやグローブなど医療製品サンプルを発送することです。
また『ロコモコ』という社外報の作成にも携わっています。

私事の話になりますが…
昨年は3月に結婚、9月に前社を退職、12月にモレーンに入社と人生の節目となる
出来事の多い1年だったように思います。
社会人としては6年目で、今まで食品⇒金融⇒IT関連⇒人材派遣業界と
経験して参りましたが、日々初めてのことに突き当り覚えることに必死で
まだまだ余裕がありません…。
それでも、裏方として前線部隊を支えていることにやりがいを感じますし、
間接的ではありますが、人の命を救う仕事に携われていることにありがたみを感じます。

趣味は料理と食べ歩きです。作るのも食べるのも好きです。
美味しいものがあると聞けば、どこにでも飛んでいきます(…というのは言い過ぎですが)。
今、一番はまっているのはタイ料理です。
とくにグリーンカレーとパッタイ(タイ風焼きそば)が好きです。


数年前からストレス解消のためにテニスを始めて、
最近ではラリーが続けられるようになりました。


習い事では習字を22年続けています。
まだまだ教えられるレベルには到達しておりませんが、
キレイな文字を見ると気持ちよいので、
もっと上手に字が書けるように精進致します。



まだまだヒヨコではありますが、早く一人前になれるように
頑張りますので、今後ともよろしくお願い致します。

2012年01月20日 14:30

新年のごあいさつと自己紹介

明けましておめでとうございます。
昨年中は格別なるご愛顧を賜り、誠にありがとうございました。
本年もご愛顧、ご指導のほど宜しくお願い申し上げます。

はじめまして、昨年10月に九州支社営業サポートとして入社致しました徳山と申します。
2012年最初のブログを担当するとういう大役を頂いたので、
遅くなりましたが、新年のご挨拶と共に簡単な自己紹介をさせて頂きます。

生れも育ちも福岡で、こよなく地元を愛する28歳です。
28歳になった時に、7の倍数が女性の体の節目だと知り、
お休みしていたヨガをすぐに再開しました。

私の経歴は、IT企業の営業、進学塾の受付事務でして、
この業界は右も左も分からず入社致しましたが、
ありがたいことに、入社してまもなく研修をさせていただきました。
その際に、とてもショッキングな出来事がありました。
それは、手洗い評価キットのスペクトロプロを体験した時です。


専用ローションを付けてそれを普段通りに念入りに洗い落としたつもりが、
ブラックライトにかざすと、ほとんど汚れが付いたままという結果に。
かなり自信があったのに本当にショックでした。

今は30秒の手洗いを心がけており、家族や友人にも指導しております^^
おかげで、乾燥肌の私にはハンドクリームが手放せず、
減り方が半端じゃありません。



独特の臭いが苦手でしたが、今はこれじゃないと無理です。
レトロ感があって可愛いデザインもお気に入りです。

最後に、今年の目標をこの場をお借りして発表させていただきます。
入社して4か月が経とうとしておりますが、
これまでは自分サイドで、早く仕事を覚えたいという思いから、
取引先の方々をはじめ、モレーンの多くの方々にご協力頂き、
ご指導して頂きました。本当にありがとうございました。
仕事にも慣れた今、今後は、学ぶ側から伝える側へ力を発揮していきたいと思います。
相手の立場を考えながら、多くの気づきを伝えて行きたいです。
ちょっと抽象的ですが。。。

もう一つの目標は、
毎日自分で作ったお弁当を持参することです!!
節約&女子力UPです。
ちなみに今日はサンドイッチです。
コストコのクロワッサンが大好きなんです。


以上、こんな私ですが、今後ともどうぞ宜しくお願いします!!
最後まで見て頂きありがとうございました。

徳山

2011年12月27日 09:39

1年を振り返ってみました。

今年最後のブログ更新は多湖が担当させていただきます。
携帯とデジカメに残っている今年の画像から、個人的に1年を振り返ってみました。

1月

何年か振りに日本橋界隈に行きました。20代後半までこのあたりに勤めていましたが、久しぶりの日本橋裏通りは変わったようで変わってない、、かな。


2月

東京には不思議な光景がたくさんあります。青山通り歩いていたらこんな風景に出会いました。手前の木造家屋、地震で大丈夫だったか心配です。


3月

東京本部前での積込み作業

3月22日まで限定の緊急車両許可証

地震から5日後、PPEや水を積み込んでモレーン自前の便で2名(まさか!の選抜メンバーでした)が現地に向かいました。警察署で緊急車両の許可をいただけました。積込みの時、風邪が強くて寒かったのを覚えています。私は東京での応援組でした。電話が繋がりにくいなか社内限定のツイッターで夜中も社員が代わる代わるサポートしてくれました。みんな本当にありがとう。


4月

入社式。今年はいろいろあって新卒入社は一人ぼっちでした。既にブログに3回登場している田代君です。東海支社がSkypeで参加しました。


5月

地震の影響で、今年から大学生になった次男の入学式がずれ、授業開始が連休明けの5月となりました。空港のゲートで弟(左端)を見送る兄です。


昨年、海外出張の時みつけたカップ麺『トムヤムヌードル』です。なんとなくぼやっとしてパンチの無い酸っぱさにハマりました。今年は出張に行った担当者にお願いして買って来てもらいました。日本での入手不可能です。残念。


6月

出張でワシントンに寄りました。馬に乗った警官にビックリ。


7月

モレーンは7月末が決算です。最終営業日に首都高走っていたら、前の車のナンバーが14-29(モレーンの電話番号=アイシー(IC)フキュウ)でした。うれしくなって思わずパチリ。ちょっとこじつけですが、縁起がいいかな。


8月
画像が一枚もありません。昨年の夏は暑かった記憶があります。今年も多分暑かったと思いますが記憶にありません。父親の10回目の命日もあったはずですが、仏壇に手を合わせた記憶すらわからなくなっています。ちょっと危険かも。


9月

合宿です。台風の中、暴風雨に負けないぐらい盛り上がりました。飲み過ぎシールが足りません。ホテルの廊下も雨漏りするほどの雨のなか、有意義な合宿でした。


10月

秋晴れの中、東海支社の近くの名古屋テレビ塔まで歩いてみました。高さはスカイツリーの3分の1以下ですがレトロな外観がなかなかだと思いませんか。


11月

出張中に高知県の高速道路パーキングエリアで食べた鰹のたたき定食です。(900円)美味でした。高知も含め、四国の食はなかなかすごいです。


12月

初旬に北国で一人暮らしの次男から届いた画像です。沖縄出身の同級生が『生まれて初めての寒だ』と言っているとの事でした。いやいや寒さはこれからですから。


普通に感じている毎日でも振り返ればいろいろあります。しかし今年はいつもの年の瀬とは決定的に違います。3月に人生観が変わるほどの出来事がおきて、その事が心の何割かを占めたまま年の瀬が来ました。


近所の猫

最後は東京本部近所の猫です。しゃべりかけると必ず応えてくれます。だいぶ寒くなって来たこの日、昼時に出くわしたので声をかけたら、何だかわからない猫語で長々と話してくれました。飼い猫と思われますが、おだやかな性格に毎回大いに癒されます。

猫ちゃんで癒されたところで来年に向かっていきます。

今年もお世話になりました。皆様よいお年を!

2011年12月12日 17:43

自己紹介: 【抱負】

はじめまして。
2011年10月17日に入社しました、
グローバルマーケティング所属の関谷です。

前職はIT商社にて営業をしておりました。
業界が変わり、職種も変わり、自分を取り巻く環境が大きく変わった年となりました。
新しいもの好きの自分としては、この変化を楽しみ、更なる飛躍を目指します。
自ら動き、ラインを経験したスタッフとして、
スタッフだからこそできる仕事を、ラインに提供するよう頑張ります。

今年も残りあと1ヶ月弱。
「いい年だった」と振り返れるよう、終わり良くして締めたいです。

以上

2011年11月09日 17:00

家族

こんにちは。技術部の庄司です。
前回のブログから恐らく1年振りくらいと思いますが、ここ一年の庄司家のビックニュースと言えば、この2月に庄司家に第3子が誕生したことです。男の子です。上の子2人とも男の子で3人とも男の子になってしまいました(^^;

でも何でしょうか?三人目の余裕なのか、めちゃめちゃかわいく感じられます(親バカですね)。長男、次男は幼稚園に通うわんぱく盛りですが、2人ともこんな時期があたんだよなぁと思う今日このごろですが、あっという間に三男も大きくなるんだろうなと思います。

子供がどんどん成長していく=私はどんどん年老いていく・・・と言う事もよく考えるようになりました。日々プラス・マイナス思考を繰り返しながら、友人に元気つけられたり、時には家族・子供に元気つけられたりと試行錯誤しながら、生活している中で、ふっと3年前に他界した父の事を想い、私達を育ててくれたその偉大さを感じ、想うとまだまだ私は未熟と感じるばかりです。

果たして、私の父の様になれるかわかりませんが、今度は私が自信と責任を持って父親に育って、育ていく番だとひしひしと感じます。

2011年11月04日 09:11

父と息子

いつも天下御免をご覧頂き誠にありがとうございます。
東京営業部の伊藤です。

今回はタイトル『父と息子』ということで、私のちょっと変わった?父についてお話させて頂こうかと思います。

私の父は現在58歳、大型トレーラーの運転手をしています。
小学生の時に父(祖父)がひき逃げに遭い他界。その後は小学生から新聞配達のアルバイトをして家計を支えていました。
中学を卒業後、陸上自衛隊に入隊。
自衛隊を辞めた後はカメラ屋やシロアリ駆除などの仕事を転々としながらプロボクサーとして生計を立てていました。
元々少し強面な為、若い時はパンチパーマヘアーで組織の構成員と間違えられ、
現在はEXILE人気に便乗してかATSUSHIを意識した坊主頭にサングラスのスタイルが定番ですが、目論見外れ『爆風スランプのサンプラザ中野』と言われています。

気が弱く争いごとが苦手な自分とは真逆に、父はとにかく『瞬間湯沸かし器』のように喧嘩っ早い人で、家族でご飯に行く際にも危険な暴走行為をするドライバーなどと出会ったら路肩に車を停めて『ちょっと待ってろ』と言い残し子供の見ている前でストリートファイトを始めたりする猛者です。

また昔は相当のミリタリーマニアで家にはありとあらゆるガスガンがあり、新しいガスガンを購入する度に私の口にマッチ棒をくわえさせて『試し打ち』という名のプチ虐待を恒例行事かのように行っていました。
怯える私に父はいつも『大丈夫。俺は自衛隊にいた時、電子銃の大会で賞とったことあるんや。それにこれが出来なかったら大人になった時に苦労するぞ』と言っていました。
(成人後も普通に生活する上でこのようなシチュエーションに遭遇することは稀だと思うのですが、子供の頃はこれは必ず乗り越えなければならぬ男の試練だと刷り込まれていました。)

こんなめちゃくちゃな父ですが人様に迷惑をかけたり悪いことは絶対に許さない一本筋の通った性格で、私が悪いことをした時は本気で叱ってくれ、逆に良いことはした時はちゃんと褒めてくれた良き父親でもあります。

ただ、子供ながらに私は『大きくなってもこんな危ない大人にはならないでおこう!』と強く誓っていたものです(笑)

しかし月日は流れ、気が付けば私も父と同じようにボクシングを始め、カメラ屋で働いたり、カッとなると後先考えず行動したりと年々その行動がソックリになってきました。

父と息子、やはり似てくるものなんでしょうね。

2011年10月31日 10:43

我が家のシンボルツリー対決!?

当社ホームページをご覧の皆様、いつもありがとうございます。 今回は技術部の鈴木が筆を執らせて頂きます。
秋も深まり皆様いかがお過ごしですか?
今回は最近の出来事に付きまして書かせて頂きます。

趣味でもあるキャンプシーズンが終わり、じっとしていられない私は
例年であればキャンプ→釣り(ヤマメ・岩魚(渓流魚))と季節とともに
週末の楽しみも移ってきておりましたが、今秋は心に変化がおき、最近の週末はある事に悩みました。

それは、我が家の「シンボルツリー」をどれにするか!!

「意味がわからん」とお叱りの声の方もいらっしゃる事と思いますので
いきさつをご説明させて頂きます。

実は、普段何気なく通るレストランの(入った事はありませんが)外で見かけたある植物に目が留まりました。
その光景が気になり出し、その店の横を通るたび「あの雰囲気・あの植物いいな」と思い始めたので、
食事をする事もなく、勝手に写真を撮り、手で触り・・・とお店に内緒で(お店の方申し訳ありません!!)
そんな思いで調べてみたところ「ヒメシャラ」?と聞いたことのない落葉高木と判明。
みなさま、ご存知の方もいらっしゃる事と思いますが自分は知りませんでした。
(スーと伸びた涼しげな落葉高木です)
さらにこのヒメシャラは「シンボルツリーとして人気が高く、美しい樹形や樹皮、葉(新緑はすばらしい)は家の主木として
十分な魅力を持っている」との事。

んーこれだ!!そんなに人気の植物ならばと、我が家の「猫の額ほどの庭にも」無謀にも早々に購入決定!!
ホームセンターで2株購入し植え込み完了。
まだまだ小さいが我が家の「シンボルツリー」として大きくなるのが楽しみ・・・・!!

そんな折、またまたレストランを通る事になり、今度は建物の反対の植物を発見。
これがまた、気持がうずく様な植物が・・・これは何だとまた写真(笑)→調査開始し
わかった事が「シマトネリコ」しかも こちらもシンボルツリーとして大変人気のあるとの事です。

ネットの書き込みより
シマトネリコは小さな葉が密についた枝が風にそよぐ姿が涼しげで玄関先、店先のシンボルツリーとして利用される
屋外用観葉植物。

先日までは「このヒメシャラを大事にシンボルツリーとして育てて行こうと!!」と決意したにもにも関わらず、
優柔不断な私としては、どちらも魅力的な雰囲気をかもし出す植物なだけに、「ヒメシャラ君?さん?」に悪いと思いつつ、
さんざん悩んだ末についに先日「シマトネリコ」も購入してしまいました。

これが題材の「我が家のシンボルツリー対決」となったわけです。
別にどちらでも良い話なのですが、いずれにせよ「猫の額ほどの庭にも」合計3本もの木々を所狭しと植えた訳ですから、
結局対決は引き分となり気持ちの中では「一見落着」となったわけです。

まだまだ小さい我が家のシンボルツリーですが大事に育てて行く決意にかわりはなく、
2年後・3年後と大きく成長して行くことが大変に楽しみです。
※大きくなったらなったで今度は「猫の額ほどの庭には大きすぎ」で違う悩みも出そうですが(笑)

今年から園芸の趣味もいいかもと、安易に考えている今日この頃です。

私たち技術部においても、すぐに大きな成長や成果が出るわけではありませんが、
日々着実に2年・3年後と成長できるように、毎日我が家のシンボルツリーを見ながら
努力して行きたいと感じております。

皆様、今回どうでもいい話にお付き合い戴きましてありがとうございました。

写真①:レストランで見かけた「ヒメシャラ」いい雰囲気です!!


写真②:「ヒメシャラの花」


写真③:「シマトネリコ」・・参考写真

2011年10月26日 09:13

着地!!

技術部の澤野賢司です。入社してから、あっというまに17ヶ月が過ぎました。年々、時の流れが早く感じる今日この頃です。

先日、体操の世界選手権をテレビで放映していました。夕食を食べながら個人総合の決勝を見ました。結果は内村航平選手の金メダルで、世界選手権 個人総合 史上初の三連覇という快挙でした。

私が偶然見たのは、最終種目の鉄棒でした。各国の選手が競技を繰りひろげる中、内村選手の演技です。難度の高い文字通りの離れ技を華麗に行い、いよいよ最後の着地、胸躍る瞬間です。内村選手は「ピッタ!!」と微動だにしない着地を決めてくれました。期待以上のフィニッシュで、思わず声が出てしまいました。特に体操ファンでもない私が、久しぶりに感動した瞬間です。

内村選手は「手が離れる瞬間、着地がイメージ出来る」という事です。練習に裏付けされた、限られた人だけが持つ事の出来る感覚です。裏を返せば、そこまで到達しなければ、着地を決めに行く事が出来ないのかもしれません。

ふと我に返り、自分は…。今までの演技を数倍アップさせる内村選手の着地は、凡人には出来ません。せめて着地だけは…と考えてしまいます。しかし、着地を決めるにはそれなりのプロセスと直向きな努力が必要だと考えます。
仕事でも人生でも、着地をイメージしながら頑張れればと思った瞬間でした。

2011年10月21日 17:53

アクアリウムと感染。ときどき招かれざる者達

皆様、こんにちは。
東京本部ネットワークデザイン事業部の高橋です。

本日はアクアリウムと感染についてお話したいと思います。
まずアクアリウムとはご存知でしょうか?
アクアリウムとは水性生物の育成設備の事を指します。熱帯魚や海水魚を飼うことです。私は最近アクアリウムを始め淡水(熱帯魚)と海水(海水魚)の2種類アクアリウムを飼育しており、部屋には水槽が3つあります。

アクアリウムにはリラクゼーション効果があると科学的に実証されてもいるのでお勧めです。

海水水槽1


海水水槽2(サンゴ水槽)


ルリスズメとサンゴに乗るキイロサンゴハゼ


どうでしょうか?
自分の生活空間に小さな水族館があるようで、とても見ているだけ癒されます。

アクアリウムは水質さえ安定すれば比較的あとは手入れも楽ですが、水質が安定しないということは水中にいる常在菌などに感染して☆になる可能性が高いので油断ができないのです。

つい先日ですが10匹いたネオンテトラが突然死。
合計8匹が☆になってしましました。
原因をネットで調べると「テトラ病」という病気の可能性が高いと判明。
テトラ病に感染し症状がみられたころにはもう助けることはできないそうです。
しかも、その菌は感染するたび感染力を増すという特長があるようです。

モレーンで仕事をしていると感染という言葉は人間だけでなく、地球上に生物の生活のすぐ隣にいるということに改めて気づかされました。
仕事では人間の感染管理を、家では魚達の感染管理をする今日この頃です。

おまけ:
魚たちを狙う、招かれざる者達


2011年10月17日 09:49

息子のヒーローは「ごま油!?」

今回はロジスティックス部の樋掛が筆を執らせて頂きます。
2011年6月19日 山手線・池袋駅前の路上での偶然の出会いからの4ヶ月間。

我が家は、あるストリートバンドの存在に完全に支配されてしまった。
彼らの名はゴマアブラ! http://www.gomaabura.net/
(とても阿呆な歌詞&振付けで演奏するファンキーなインディーズ系のバンド)

路上での無許可のバンド演奏は道交法違反となる為か、演奏はたったの10分間! にもかかわらず、矢のごとく過ぎ去った演奏に、息子(3歳男児)にとってのスーパースターの座を不動のものにした。それまで寂しい時も楽しい時にも親子ともども大変にお世話になってきた、シマジロウやアンパンマン、機関車トーマスといった並みいる強豪ヒーロー達を一瞬で抜き去り、今は寝ても覚めても“ゴマアブラ!” 
CDやYOU TUBE鑑賞、写真鑑賞、おまけにパパ(私)による子守り歌にも「ゴマアブラの曲で」とリクエストする始末で、さすがに困ったことになっている。
さらに困った事に最近は「ゴマアブラのGuitarのお兄さんみたいに髪をグシャグシャに伸ばすの〜」と主張し床屋にも行かない決意を固めている。(ただでさえ汗かきで頭が臭いので、寝ている間にバリカンしてでも長髪は許しませんが!)

ゴマアブラは、ほぼ毎週(日)に某ターミナル駅前で約10分間ずつの路上ライブを行い、地道にCDを自らで路上販売している。(これから有名になると思う)今は未だ殆ど世に知られていないバンドであるが、我が家は過去3度にわたり路上ライブに息子を連れていった為、すでに彼らにも認知されており、持ち歌にない「隣のトトロ」や「メリーさんの羊」のお子様向け即興の演奏サービスまでしてくれる。
そんな時、親の私とすれば、かなり恐縮した気持ちにもなってしまう・・・。
若い女性ファンや音楽通(つう)でなく、鼻水垂らした3歳男児の熱狂的ファンって!? 彼らが聞いてほしい客層とは明らかに違うハズだと思うから。

実は最近は息子に付き合ってではなくて、すでに私自身もゴマアブラに熱狂している事を自覚するようになってきた。
いまの日本の寒く厳しい世相にあっても、彼らはとても純粋に、阿呆な歌詞の楽しい楽曲を汗かきながら、もう何年間も毎週のように路上で演奏し続けている。まるで通りすがりの誰かを元気にしようと頑張ってくれているとさえ思えてくる。たぶん、幼い子供にもそんな魅力が肌で感じ取れている気がする。
彼らの歌を聞くと、笑いながらも不思議と感動してしまう感覚が、既に病み付きになってしまっている今日この頃です。

そんな彼らを見ていると、私自身も日々の業務を通じてお客様に役立つ商品や情報の提供だけにとどまらず、楽しい気持ち、元気になってもらえる仕事ができるように、もっともっと頑張らなくては!と強く考えるようになってきました。

もしも、ちょっと気になった方がいらっしゃいましたら、是非、路上ライブに出かけてみて下さい。(ホームページ→twitterでライブ情報が告知されます)

樋掛明洋

中央奥が息子のアイドルのメガネのギターリスト

後ろで警察官に怒られてますが、粘り強くCD販売は継続!

2011年10月14日 09:59

目線 「eye direction」

当社ホームページをご覧の皆様、いつもありがとうございます。
今回は東京営業部の馬場が筆を執らせて頂きます。

早速ですが、最近私、非常に目線が気になってます。

東京に転勤をして1年が過ぎ、もちろん九州よりも人が多いので、行き交う人々が私の髪型(ヘアスタイル)を見る…その目線も非常に気になりますが、もっと違う目線が気になってるんです。


よく「上から目線」とか、「カメラ目線」「国民目線」「消費者目線」とか日常会話に登場する「目線」、皆さんも一度は使われたことがあるワードだと思いますが、今回のキーワードは「価値観」とでもいいましょうか。そっちの意味で興味があるんです。(国民目線、消費者目線=国民の価値観、消費者の価値観)

もちろん上の例で言うとカメラ目線という言葉は、より実務的に使用されており、価値観ではないと思います。しかしながらカメラ目線をカメラの価値観という意味で想像すると、結構面白いんですよ。例えば、

カメラ「こんなもの写したくないよ〜」
カメラ「変な顔、プププ」
カメラ「もっと丁寧に扱ってくれよう」

愚痴っぽいイメージが多いのは気にしないで下さい。ディズニーのトイストーリーみたいな感じでしょうか。「カメラ目線」です。

ただ、この相手の目線(価値観、立場)を想像することで、イメージした相手により親近、愛情、愛着、共鳴、賛同、理解を持つことができるのをご存知でしょうか。…私だけかもしれませんが、ただ色んな目線(価値観)に興味を示すということは、以外と面白いだけでなく生きてく上でメリットがあるかもしれない。今日はそういう事が言いたくて筆を執っております。

本題に入ります。

人はヒトあるいはモノと共存し、その全てに目線(価値観)があると思います。私の持論ですが、やはり共存する上では、その万物の目線(価値観)を尊重する事(理解しようとする事)が、うまく生きていく為の必要なスキルだと考えてます。逆に尊重せず、また理解しようとしなければうまくいかないのでは…ちなみに私、邪教にはまっていません。ご安心下さい。

しかし夫婦や親子、上司と部下、飼い主とペット、色んなところに共存があり、色んな関係で価値観は衝突します。その時に、相手の目線(価値観)を想像し、理解しようと努力するか、しないのか。もちろん皆様の自由ですが、そういうことが大事じゃないかというのが今回の話です。私は仕事柄、多くの人と接します。色んな目線を尊重する事は、衝突を回避する為だけでなく、よりよい関係を築く為にも役に立ちますよと声を大にして言いたいのです。


最後になりますが、私が目線というワードに最初に引っかかったのは次の言葉を聞いた時です。

ちなみに今僕は、5年後の自分の目線を判断基準にしています。明日(17日)47歳になるのですが(笑)、52歳の僕が振り返った時にこの歴史に残る惨事の際、誇れるべき行動をとれたかどうか。未来の自分に叱られない行動をとりたいと思っています。代表取締役社長草場談

五年後の自分の目線(価値観)…想像もできませんが、自分の五年後の目線を想像すると非常に面白かったのが今回の持論の引き金。目線を広げ、色んな目線で人物事を見る、色んな目線を想像し、創造する。時々部下の目線も目線(価値観)も気にしてみる…。皆様も是非、お試しあれ!まず手始めに苦手なあの人の目線(価値観)を想像してみて下さい。きっと日々の生活がもっと豊かになると思います。


ちなみにこれ、宇宙ステーション目線の富士山です。素晴らしい!
モレーン目線はおそらくどれだけのお客様の感染管理に貢献できたか!
言いたい事は以上ですが、纏まりなく、上から目線で失礼致しました。

2011年10月11日 09:54

第1回~「勝手におススメ!」東海リポート~

皆さま、こんにちは!スタッフブログ「天下御免」をご覧いただき、いつもありがとうございます。
今回ブログを担当させていただきます、東海支社のお調子者でカミカミ担当、飯島 直樹です。

私は生まれ育った千葉県の田舎から名古屋に住み、もう1年が経とうとしています。モレーンで仕事をしていてあっという間ですが、内容濃く過ごしていると感じています。担当エリアは三重県を担当させていただくことになり、悪戦苦闘しながらも、人のあたたかさに触れ、刺激的な毎日を送っております。(今後ともどうぞ宜しくお願い致します。)

 いきなりですが、~「勝手におススメ!」東海リポート~と題しまして、私が独断と偏見で勝手に東海のおススメを紹介していくこのコーナー(これも勝手にシリーズ化を考えました。笑)。記念すべき第1回目は、“名古屋に来て驚いた、おススメ!スポット”の紹介です。

そのおススメ!スポットとは“名古屋都心部”です。名古屋駅を中心に、県庁、名古屋城、賑やかな大須商店街、ナゴヤドーム、東海支社(笑)などなど。
その名古屋でまず驚いたのが、道路(車の数と車線の数)です。多い場所ですと片側6車線と、車線変更を誤るとまぁ大変です(汗)今は少し慣れてきましたが、最初は片側3車線が今まで見た最高でしたので、運転していて「あわあわ」していました(笑)ホントかどうかわかりませんが、あるタクシーの運転手さんによると「名古屋の街は、あの有名なトヨタ自動車の戦略が隠されている」と…(?苦笑)
そして、特におススメなのが、繁華街「栄」にある“サンシャインの観覧車”です。

ビルとビルの間にいきなり現れ、建物にくっついているのです。初めて見た時は驚きました!夜になるとライトアップされ、色合いも様々な顔を持ちます。では、早速乗ってみましょう。

観覧車に乗りこめば、栄の街の夜景がとてもキレイです。(夜乗るのがおススメです。)
景色は…乗ってからのお楽しみです!
名古屋の栄にお立ち寄りの際は、是非一度乗ってみて下さい。

第2回のリポートは、“東海グルメ”です。乞うご期待下さい(笑)

2011年10月06日 09:18

「カレンダー」

いつも弊社ホームページをご覧頂き有難うございます。
今回、スタッフブログを担当させて頂きます東海支社の多川 浩人です。

東京から名古屋へ転勤して2年が経過しました。名古屋へは単身赴任をしています。仕事はどんだけ大変でも苦痛には感じないのですが仕事から帰ってからの掃除・洗濯がとにかく大変です。当たり前のように綺麗な家は嫁さんに感謝です。

感謝はしないといけないのですが感謝できない出来事が・・・。

約1年前に嫁さんと子供から「平日、パパは名古屋なんで寂しいから犬飼っていい?」と2人から提案がありました。「そうか?寂しいんやったら・・・」と犬を飼う事になりました。

そこで事件が発生!

今まで自宅の台所にあるカレンダー(名前が記入できる予定表)があります。私が家族と東京に住んでいる時はもちろん順番として私・嫁・息子の順番で予定がカレンダーに記入されていました。しかし、犬が家に来てから状況が変わってしまいました。

順番が嫁・息子・犬(サスケ)自分に順番が変わってしまい家の中で一番下になってしましました。それを見た瞬間思わず笑ってしまいました。(苦笑)

しかし、家にサスケが来てから家に帰るのがいつも以上に楽しみになりました。
玄関の扉をあけるとサスケが大喜びで私を迎えてくれます。(なめる・とびかかる・ほえる・他色々)家ではこの迎え方を「喜びの舞」と名づけました。

家に帰って喜んでくれているのはサスケだけなのでしょうか・・・

2011年09月28日 09:45

「最大限の努力」

今回ブログを担当致します、本社経理の中村です。

F1を観る事が楽しみのひとつです。
9月中旬はイタリアGPでした。シーズン中はこれを楽しみに過ごしています。
そんなF1の醍醐味は・・・

勝つためにはドライバーの腕が重要で、勝敗はドライバーの力のみに委ねられていると思われがちですが、
マシーン開発の技術力も実は同じくらい重要なのです。

チームディレクターの元、エンジニア、ピットクルーを含む全スタッフの努力の結晶。
その支えのもと、最良の結果を求め続けるドライバー

全てのスタッフが与えられた役割の中で同じ目的に向かい、最大限の力を発揮する姿こそがF1の魅力といえ、毎回感動させられます。

スタンドプレーではなく、チームとしてそれぞれの責務を果たす。

チャンピオン争いの楽しみだけではなく、F1からは実に多くの事を学んでいます。

2011年09月21日 13:46

モレーンが絵本作家とコラボ!

ついにモレーンオリジナルハンカチが出来ました!!
とても可愛いデザインに仕上がっており、使うのがもったいないくらいです!

実際、モレーンでは特注の額に入れて壁に飾っています。

ハンカチのデザインを手がけて頂いたのは、絵本作家のみやこしあきこさん。

みやこしさんは大学時代から絵本を描き始め、
2003年武蔵野美術大学在学中には「日産童話と絵本のグランプリ」優秀賞、佳作など多数を受賞、2009年の同グランプリでは、「たいふうがくる」(BL出版)で大賞を受賞されている作家さんです。

今回そんなお忙しい中にも関わらず、モレーンの為に素晴らしい絵を書き下ろして頂きました。
もちろんモレーンエクスクルーシブですから、世界中どこを探しても同じものはありません!

先日みやこしさんにお会いして、今回描いて頂いた絵に関してお話を伺って来ました。

お会いする前日の夜、大賞受賞作品の「たいふうがくる」を自宅で読ませて頂きました。
絵本を読むこと自体が久しぶりというのもあり、とてもワクワクしていました。

たいふうがくるたいふうがくる
みやこし あきこ

BL出版 2009-12
売り上げランキング : 35586

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

読み終わった直後に感じたのは、とてもホッとした感じに包まれ、
暖かいものに包まれたような優しい気持ちになれました。

実際にみやこしさんにお会いした印象としては、とてもナチュラルな方で、
物腰も柔らかくとてもほんとうに素敵な方でした。お会いしている時も終始
笑顔で、お話ししているのがとても楽しくてあっという間に時間が過ぎてしまいました。

ここで、その時のインタビュー内容をまとめてみましたので御覧ください。


藤川(以下:藤):このような素晴らしい感じの絵を描いて頂いた経緯や
理由などがあれば教えてください。


みやこし(以下:み):絵本の世界のような楽しい雰囲気が伝わればいいなと思いました。
今回の依頼を頂いた時点では絵の内容に関する指示はなく、大まかな雰囲気を口頭で
お伝え頂いただけでしたので、動物などのキャラクターは自分で決めました。

藤:絵を描く際にこだわった部分などはありますか?

み:普段は全体的に黒を基調とした感じの絵が多いのですが、今回はあまりダークな
感じにならず、楽しげな雰囲気が伝わるよう表情などにこだわりました。

藤:このケーキがとてもイイですね!子供の頃、ケーキといえばこの
イチゴがのったケーキでしたよね。

み:絵本に出てくる食べ物はいつもおいしそうに見えるんですよね。
私自身も甘いものがとても好きです。

藤:モレーンという会社の印象などはありましたか?

み:依頼を頂いた際に、コンセプトブックを拝見させてもらいました。
とても清潔感があり、それでいて安心感のある雰囲気が伝わって来ました。

藤:モレーンは医療関連の会社になるのですが、身近な人で医療従事者の方は
いらっしゃいますか?

み:友人にも看護師をやられている方が何人かいますが、みんな毎日激務で非常に忙しい日々を送られています。
そんな生活の中で、このハンカチを手に取って絵を見た時に、少しでもホッとした気持ちになってもらう
キッカケになってくれたらいいなと思っています。

インタビューを通しての全体的な所感としては、
実際の作者にお会いすることで、この絵をどのような思いを込めて描いてもらったかなどが
伝わってきて、今回出来上がったハンカチに対してさらに思い入れが強くなりました。

作家のみやこしさん自身も、このハンカチを手に入れた方たちは、
「たくさんの子供や友人・家族に見せてもらえたら最高です」とおっしゃっていました。

2011年09月21日 10:15

「続・子猫物語」

今年も春に天井裏で子猫が生まれて大変だった多湖です。
3年前から天井裏に入り込む経路を塞ごうと探していましたが、有効な対策ができないまま3度目の子猫誕生でした。

普通は、子猫が少し大きくなったら天井裏から別の場所(外に出やすいところ)に移動して訓練(独り立ちに向けた)に入るのですが、今年はタイミングが遅れている感じでした。そのため、よく動けるようになった子猫達が天井裏で走りまわったあげく、壁の隙間や縁の下に落下してミャーミャー大騒ぎとなります。

夜中に子猫救出作戦で壁に穴をあけ、翌日もまた違う壁を壊すといった日が続き、結果的に我が家は11カ所の壁に穴が空きました。子猫を救出するとすぐ、鳴き声に反応した親猫が玄関先で騒ぎます。仕方なく子猫を返すと、また天井裏に戻ってしまうという繰り返しが、猫一家(親猫+子猫4匹)が出て行くまで2週間程続きました。

最近、秋に向けて猫の進入路探しを再開し、数日前に疑わしい隙間2カ所に金網を設置しました。この秋は絶対阻止です。

ほんとうにまいってしまいますが、助けてみるとこんなかわいい子猫だったりします。見た目以外も一匹ずつ違うようで、おとなしい子、やたら威嚇する子、人懐っこい子,助けるたびにウンチをしてしまう子とさまざまでした。

2011年09月20日 10:04

「草むしり」

今回ブログを担当致します、本社経理の草場です。


我が家には家の脇に裏へまわる小さな路地の様な庭があります。

柏葉あじさいや近所のおばちゃんに株分けして頂いたあじさい、紫式部、クリスマスローズ等
あまり手の掛からない植物を植えておりますが、当然雑草も生えてきますのである程度は手入れをしなくてはいけません。


ところが今年はタイミングを逃し、梅雨時期を過ぎ夏に突入してしまった為、何とジャングルのようになってしまったのです!


お隣からは普段「武蔵野の小径」と命名されて(苦笑)おりましたが、お土産にハンディな「鎌」を頂戴した時にはさすがにこれはいけないと、玄関脇のハナミズキの剪定をお願いすると同時に何とかしようと決心しました。


来てくれた植木屋さんは家に到着するなり、我が家のジャングルを見て「今年のヒット」と絶賛し
Before Afterの写真を撮らせてくれと言われる始末。

ブログに載せるなら杉並区のK邸としてと約束を交わし、そのかわりにあじさいの剪定もしてくれることになりました。(ラッキー!)

その間、私も頂いた鎌で雑草と戦っておりましたが、はっと気付くと何と手が8匹の蚊の来襲に!

悲鳴を上げそうになりながらも刈ること2時間。植木も上品に刈られ、ようやく「小径」に戻りました。


植木屋さんが帰った後、あれ?と気付いたのがこの写真の実。何で集めて置いてあるんだろう?と不思議に思いつつ、次回植木屋さんに来て頂くまでにもしや芽が出るかも?とそのままにしております。


どなたかこの実、何の実だかご存知ですか?

2011年09月16日 10:12

「LoCoMoCo」

今回ブログを担当致します、関西支社営業アシスタントの川添です。


関西支社に着任して、そろそろ1年が経ちます。

この1年色々な事が目まぐるしく過ぎて行きましたが、最も印象に残っていることのひとつに、モレーン初の刊行誌「LoCoMoCo」の創刊があります。
既にお読み頂いた方もいらっしゃるかもしれませんが、モレーンの事を皆さまにもっと知って頂くために制作スタートした刊行誌で、
九州支社アシスタント(当時)の浅田さん、東京営業部アシスタントの木澤さん、関西支社の川添で制作担当させて頂き、
何もないところからスタートし、色々な方のご協力を頂きながら今年7月に何とか創刊する事ができました。


行き詰まりそうになる時もありましたが、苦労の甲斐あって、他にはない、モレーンの素顔をお見せできる内容のものになったかな…と思います。
個人的には、特に社員紹介の「MoCo Twitter」(創刊号は各拠点長をツイッター形式で紹介)には思い入れがあり、
編集者3人や各拠点長、皆の協力あってできたページになりました。
まだお読み頂いていない方は、ぜひご一読下さい。


お褒めの言葉もダメ出しもアドバイスも頂いておりますが、ご意見やご要望など、担当ICRにお話し頂ければうれしいです。
創刊できてとりあえずひと安心していますが…それも束の間、vol.2発行に向けて準備中です。vol.2をどうぞお楽しみにお待ち下さい。

2011年09月16日 09:50

「夏の旅行」

こんにちは。グローバルマーケティングの川口です。


以前は関西支社勤務でしたが、東京に転勤して早いものでもう一年になりました。同じモレーンでも全く違う職場となり、一年を経過しましたがまだまだ悪戦苦闘している今日この頃です。


さて、先日都会の残暑から逃れるべく、夏休みを利用して家族で長野県の白馬に出かけました。次男坊を連れての初めての旅行で、特に日本有数の透明度を誇る青木湖は森に囲まれた景観が素晴らしく、湿度を感じない涼しい風に清涼を感じつつ、青く透き通る水面を眺め、暫しの癒し時を過ごせました。ラフトピクニックではツアーの他のご家族の方々と10人乗りのボートを漕いだのですが、小学一年生の長男がパドルを使って漕いでいる様を見ると、『少し大きくなったな』と感慨深いものを感じました。次男はまだ2歳で対象年齢以下ということでボート遊びに参加出来ず、機嫌が悪かったのですが、その鬱憤を晴らすかの如く、魚のつかみ取り体験では取ったイワナを一生懸命頬張っていました。


この他にアルプス安曇野公園では小雨が降る中でしたが深緑の森林散策を楽しみ、夜間の熱気球体験などを満喫していたのですが、ツアーバス内での長男と次男の会話のやり取りには参りました。次男はまだほとんど喋らないのですが、最近、『パパ』と言える様になりそれを長男が悪用して、


長男:酔っぱらって財布を無くしたのは誰?

次男:パパ!

長男:缶ビールを飲み過ぎてママに怒られたのは誰?

次男:パパ!



等等、まだ事情を理解出来きず純粋に単語だけを話す次男を使って遊んでいました。家でなら良いのですが、これはツアーバスの車内でのこと。2人の滑稽な会話(?)の掛け合いの妙に回りのご家族もクスクス。あの時の『ニヤニヤ笑顔』の長男と『屈託の無い笑顔』の次男・・・『パパ』と言えるようになり嬉しいのですが、情けないやら、恥ずかしいやら。長男がここまでカミさんの文句や愚痴を聞いているのかと恐ろしさを感じつつ、質問のほとんどがお酒にまつわる話であるが故に過度の酔っぱらいは気をつけないとなあ・・・と車内で手に持った缶ビールをどうしようと思いながら苦笑いするしかなかった私でした。


2011年09月14日 10:11

「部活動」

皆様こんにちは。技術部の清野です。

さて、私、こどもがいるんですよ。結構こだくさんなんです。いつのまにかぽこぽこと。
認知、した覚えはないんですけどね。どうしたものか。いかがなものか。

新しいオフィスに引っ越ししてからなんです。

そらもう、次から次へと。ま、来るもの拒まず、去るもの追わず。授かりものですから。
あ、もう一度言いますけどね、認知、してないんですよ。一応、育てていますけどね。
そりゃ、これまで始末したこともございますよ。一度や二度ではございません。いや、口減らしってわけではないです。
かわいがりすぎたのかな、この飽食の時代にね。仕方なかったんですよ、ほら、世の中には仕方なく、やむなく、ってこと、多いでしょう?
諦めずになんとかしようにも、止められないことって、ありましょう?日々苦悩ですよ、私だって。


愛情?子供に対する愛情?いや、それは難しいですね。

ですから、しつこいようですが、認知してないんですよ、私。(鑑定?してませんよ、そんなもの)


愛情の有無はともかくとして、とにかくね、彼らは裏切らないですよ、良くも悪くも。放棄しているわけではないですから、私だって。

そらまあ、水くらい与えますよ。時々みてやるわけです。でもね、やっぱりあんまり触られたくないみたいなんですね。だから、最小限にね。
一応ね、手入れのまねごとみたいなのはしていますよ。責任ありますから、それなりに。
認知はしてませんけど。


私だって、専門家じゃないし、お互いの話す言葉は理解してないし、緑の親指っていうの?持ってないし、
妖精だって見えないですよ(存在の有無については議論しませんけど)。ふれあい不足って言われたらそうかもしれませんが。

結局、出来ることなんてね、あんまりないわけですよ。本当、大したことなんてできやしないんです。

ある程度、勝手に育っていくわけです、ほっといでも。できることなんて条件揃えてあげるってことぐらいでね。

環境、整えてあげるっていうか。やりすぎるのも良くないし、何にもしないのも良くないし。偶然、じゃだめだけど、条件だけ整えばいいわけですよ。
で、ある程度揃うとどうなるかっていうと、





ね、どうですか。きれいですか。そうですか。よかったです。
でもかなり、奇怪ですよ、実際、実物は。

本来なら、他の木の股なんかに寄生して育つものなんですけどね。そんなことできるような股、ありませんからね。

素焼の鉢にぎゅうぎゅう詰め込んでいるのです。
そうするといいって、ネットで調べて。


緑のきれいな芽がにょきにょき出てきたり、
むっちむちの新しい根がすくすく伸びてきたり、
伸びすぎて、鉢にみっしり巻きついてみたり、
さわったらぷちっとはじけそうなくらいみずみずしい葉っぱがぐいぐい大きくなったり。

いやいや、本物はかなり生々しくて、気持ち悪いです。

あまりのなまめかしさにくらくらします。

ぞっとするほどの妖艶さです。

それを美とするかどうかは見る人の判断に委ねます。

写真じゃ伝わりませんね、きっと。





というわけで、勝手に園芸部活動中です。

平日18時より気まぐれに。

断固、認知はしてませんから、親じゃないです。


次はお金のなる木、育てたいです。

2011年09月12日 10:09

「新たな土地での新しい出会い」

ご無沙汰しております。ブログでは2回目の登場となります、東海支社の星です。
早いもので、私が入社してから丸2年、今年の8月で3年目に突入しました。


今までは岐阜県のみ担当だったのですが、今年から北陸エリア(福井・石川・富山)を担当させて頂くこととなりました。
「新たな土地での新しい出会い」に胸をわくわくさせながら、日々過ごしております。


福井・石川・富山の皆様、「モレーンコーポレーションの星」がお邪魔した際は、どうか温かく出迎えてやって下さい。
また、岐阜県の皆様、今後ともどうぞ宜しくお願い致します。


さて今回は、私の趣味の話をさせて頂きたいと思います。
私の趣味は「サッカー観戦」で、その中でも特に名古屋グランパスの応援に行くことが大好きです。
名古屋グランパスには知る人ぞ知る(というか超有名人)の監督がいます。そうです。あのストイコビッチです。
ストイコビッチの現役時代の愛称はピクシー(妖精)でしたが、妖精のようにピッチで美しく舞うその姿から
ピクシーというあだ名がつきました。


現役時代のストイコビッチ(ピクシー)のプレイは、まさに見るものを魅了し、虜にしてしまうようなプレイのオンパレードでした。
「そんな大げさな」と思われる方もいらっしゃるかと思いますが、だまされたと思って一度見てみて下さい。
私のお勧めは、レジェント オブ ストイコビッチというDVDです。ピクシーの数々のゴールとアシストが載っています。
特に、2000年元旦の第79回天皇杯決勝でのゴールは素晴らしいの一言です。


ピクシーの素晴らしいところは、ただ人々を魅了するだけでなく、勝負にこだわりながらも魅せることを忘れなかったところです。
「魅せて勝つ」を目標に、どうしたら美しく効果的なパスを出せるか・ゴールを決めることが出来るかを考えてプレーしていました。
そのため、ただカッコイイだけでのプレーではなく、かっこよくてなおかつ勝利に直結するようなプレーが多いJリーグ史上最高の
助っ人(星の独断ですが、共感して頂ける方も多いのでは)でした。


監督となった今でも、勝利にこだわりながら魅せるサッカーを展開してくれているピクシー率いる名古屋グランパスは、
今年、16戦連続無敗(7連勝含む)を達成しました。ピクシー率いる名古屋グランパスのチームスローガンは、
「Never Give up for the win 」(勝つために絶対に諦めない)です。


スタジアムにぜひ足を運んでみて下さい。どんなに劣勢でも最後の一秒まで諦めずに走り続ける選手たちの姿に、
きっと何かを感じて頂けるのではないかと思います。


今後とも「名古屋グランパス」と「モレーンコーポレーション 星」をどうぞ宜しくお願い致します。(笑)
ブログを読まれた方はぜひ「モレーンコーポレーション 星」に「名古屋グランパス」の話題を振ってあげて下さい。
きっと喜んで得意げに話し出すと思います。
話が長くなってしまった際は、どうかご容赦ください。(笑)


2011年09月09日 09:41

「個人的なランキング」

皆様、いかがお過ごしでしょうか?最近会う人に、太った!?とか言われますが、基本的にはあまり変わっておりません。
現状維持です。いつか痩せたって言われたいです(笑)ということで、今年の夏は本当に暑いですね。早く秋になることを願っています。
ちなみに今は飛行機の中で、函館に向かっております。




食べ物何食べようかと考えています。烏賊、雲丹、ラーメン、ラッキーピエロのハンバーガー、長谷ストのやきとり弁当・・・etc。
本気でお腹が減ってきました。あっ、飛行機の外はちょうど日没の最中、空が幻想的な世界を映しだしております。
飛行機から見る夜景も、素晴らしく綺麗です。




ということで、あくまでも個人での判断ですが、関東夜景Best3についてご紹介しようと思います。




第3位・・・千葉県旭市にある飯岡灯台。ここから見える夜景は、都会のような派手さはないのですが、素朴な感じが個人的には好きです。見ている人間の心を落ち着かせてくれます。是非千葉に行った際には行ってみて下さい。景色も九十九里海岸が一望出来るので。




第2位・・・神奈川県横浜市みなとみらい21地区。やはり夜景のイルミネーションの綺麗さとしては、個人的にNO.1。カップルのデートスポットとしても定番ですが、山下公園から船に乗って横浜bay bridgeの夜景もおすすめ。ディナー有りのクルージングなどもホテルの企画としてあるため、何かの記念日には面白いかも・・・。




第1位・・・神奈川県秦野市ヤビツ峠。ここは知る人は知っているスポットです。180度見渡す限りの夜景で、眼下には秦野市、南東の方は平塚、湘南平、茅ヶ崎、江ノ島まで一望出来ます。また昼間の景色は富士山、三浦半島までも見渡すことが出来るため、夕暮れから夜にかけて楽しむ事ができます。ここは是非一度、機会があれば行って見て下さい。しかしここ最近、走り屋が多いので気を付けて下さい(笑)

2011年09月07日 14:49

心地良い都会の夜の過ごし方

こんにちは。ネットワークデザイン事業部の藤川です。

久しぶりの書き込みとなります。

ようやく暑い夏も終わり、だんだん気持ちの良い季節になってきました。
最高な出来事や出会いが盛りだくさんで思いっきり楽しみました。

特に最近では、楽しみをできるだけ多くの人と共有したいという仲間を集め、
レストランを貸し切ってパーティーを企画しています。

7月、8月と二か月連続で開催したのですが、遊びに来てくれた人たちも
とても満足して頂けたようで、ほんとうに嬉しく思います。

場所は原宿にある高級ブティックが入ったビルの4Fにあるカフェレストランで、
表参道沿いの街路樹の上に突き出たテラスからは、六本木から新宿までの夜景
も楽しめるという東京ならではの素敵な空間です。

空間を構成する要素として音楽は必要不可欠なのですが、そんな素敵な雰囲気を
さらに良くするためにも質にはこだわっています。

スピーカーなどの音響機材はすべて主催側がレンタカーで持ち寄り、
セッティングなども全て自分たちで行なう手作りのイベントとなりました。

7月は国内で第一線で活躍しているアーティストと一緒にさせてもらったのですが、
8月はそれに加えロンドンの有名DJにも参加してもらいました。

今まではオーガナイザーとしてやっていましたが、
次回は私もDJとして参加しようかと企んでいます。

このように本当に楽しい夜を過ごせたのも全て、週末の大切な時間を割いてまで足を
運んでくれた人たちやスタッフの協力があってこそです。

最高の仲間と環境に恵まれてほんとうに私は幸せだと感じます。
いつも与えられるばかりではなく、与えられる存在になれるよう
日々成長していきたいと思います。


2011年09月05日 14:01

「ディズニー」

久々に登場の関西支社 山本 崇です。
今回は、自分の好きな物の1つを紹介してみようかと・・・。

実は、10年くらい前からディズニーが“かなり”好きになりました。

理由を書くと本一冊くらいになってしまいますのでやめときます。
※好きではあるが、ミッキー等のキャラクターが好きなわけでもなくマニアでもありません。コンセプトが好きなのです。

さて、ディズニーランド・シーには隠れミッキーなるものがいるのは知っていますよね!?
パーク内にさりげなく壁や地面に描かれているミッキーのマークですが、一番大きな隠れミッキーを知っていますか!?
それはディズニーシーの中にあるのですが、ディズニーシーの中にいては絶対に見つからない、見えないところにあるんです!

それはどこかかと言うと・・・

ここです!! この写真の中心部です! 

解りにくいですよね・・・。

拡大してみると・・・

場所はレストラン『マゼランズ』です。

さすがにこれはパーク内にいては解らないですね!
ディズニーリゾートには解りやすい物からもっとわかりにくい物まで、かなり多くあるので是非探してみてください!!

最後に、私的に今更ながらに最近知った情報を1つ・・・。
映画『スターウォーズ』でダースベイダーが息子ルークに『You are my son.』と語りかけるシーンがありますが、同じ様に映画『ライオンキング』の主人公シンバの父親が息子に『You are my son.』と語りかけるシーンがあります。

違う映画で同じ俳優さんが同じ台詞を言っていたというお話でした!!

それではまた次回!!

2011年08月30日 10:14

「怖い話」

皆様お久し振りです。此の度ブログを執筆することになりました関西支社の森でございます。実に1年半振りになると思います。

夏と言えば「怖い話」ですが、実は私そういう話が大好きで、夜な夜な好んでネットサーフィンで心霊動画なるものを次から次へ閲覧しながら寒気を感じております(笑) そういう非科学的なものを以前は全く信じてなかったのですが、ちょっとした体験から信じるようになりました…が多くはここでは語りません。

怖い話の代名詞である「稲川淳二氏(本名:稲川良彦)」のことを勿論皆様御存知だとは思うのですが、実は工業デザイナー(一級建築士)ということは御存知でしたか? 廃墟などの心霊スポットへ撮影しに行くような番組中での細かな表現にはしっかりとした知識があるからなのです。

そんな稲川氏の年中で一番忙しい時期は夏場と思われがちですが、実は冬場だそうです。 夏場も勿論忙しいのですが、夏場に向けての心霊スポットでの撮影・怖い話の執筆作業等で冬場も汗をかきながら仕事をしているそうです。 いわゆる本番に向けての準備作業です。 何事も準備ということが一番時間のかかるものです。 私たちの仕事も器械を納品することよりも、その歓喜の瞬間の為のリサーチというところが一番時間のかかるところであります。 いや、むしろ時間をかけなければいけないところなのです。 準備を怠れば何かが起こった際に自らが割を食うのは勿論のこと、それに関わる人にまで迷惑をかけてしまうということになります。

半ば無理やり仕事の話に繋げましたが、私が真に申し上げたいことは、心霊、幽霊、お化けの類はいるということです。

……ほら、あなたの後ろにも…。

2011年08月23日 10:10

「ぷち 挑戦!!」

猛暑厳しき折、皆様暑さに負けずお元気でお過ごしでしょうか。

私の子供も今年から、本人の努力の甲斐?もあり、関西にある某大学(ご卒業の◯先輩、何卒宜しくお願い致します。)へ 毎日機嫌良く通っております。
勿論、私のDNAを受け継がれた息子、大学に入ればこっちのもん状態、最近では近くの自動車教習所とバイトと友人宅への訪問、 家の存在意義を忘れ毎日充実した日々を送っているようです。

私の学生時代には、知らないだけかも知れませんが、自動二輪車と普通自動車免許が一緒に取得できるカリキュラムはなく、 私の息子はそのセットコースを申し込み、早くも自動二輪車の免許を取得致しました。

この間、ここ最近では珍しく子供から要望があり、購入の為の最終決済者(おサイフ)の立場と モレーンコーポレーションで鍛え上げられた話術を信用され、各バイクショップ回りをしております。

当初は、現在でも流行っている?ビックスクーターを物色しておりましたが、 原チャリ(原動機付き自転車)の大型版になると余りにも手軽に乗れるように思い、 やっぱりどっしりしたアメリカンが安全?!かつ見栄えが良いとの結論に至りました。

そこで、アメリカンを中心に物色と交渉を重ねる中、昔の自分の未達成な気持ちが沸々と沸き上がり、 この年齢でも『中免を取れるかな?』『実技の時にガラスの腰と膝は大丈夫かな?』と心の中でつぶやいておりました。

そうです。ミイラ取りがミイラになり、昔両親から完全に否決された自動二輪車の免許を取得する為、 教習所通いの日々が始まりました。

そこで面白かったのが、私と子供の入所日が同じ日になり、そこで教官曰く、 『なんぜか今日は、同じ名字が2人いる??間違って座席に座らないようにね!』と。 やはり子供は照れくさい為か『はい』との一言でした。

まだ、まだ教習所通いは始まったばかりですが、我ながら昔とった杵柄? 久しぶりのバイクの感触は重いと感じつつも、今となっては、どこで練習したかは絶対に言えませんが、 変速等のクラッチさばきに多少の修正が必要なものの、さほど問題はありませんでした。

この年齢で教習所に通うということは、想像だにしませんでしたが、やはり何かを学ぶということは、 どの年齢でも新鮮で気持ちの良いものですね。

社内では、PCを眺めながら仏頂面をしており、若い社員から敬遠される立場の私ですが、 教官の前では、気持ち良く『はい』『おはようございます。』『宜しくお願い致します。』 と学生の気分に戻ったような返事をしております。

私達の会社の期の始まりは8月からですが、皆様も何か節目にあたり、自分へのぷち挑戦をされていますか?


モレーンコネクト 市川

2011年08月22日 09:49

「新・九州支社」

みなさんこんにちは。九州支社の原田です。

毎日暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか?
あまり汗をかかない私でも、この暑さではさすがに汗をかいてしまいます。

さて、九州支社は8月より新しい布陣でスタートすることとなりました。
そこで、新・九州支社のメンバーを簡単にご紹介いたします。

まず、不動の大黒柱・上河支社長。若手社員に対する面倒見の良さ、そして、洗浄室(汚物処理室)に関する情報量は社内でも右に出る者はいません。

次に、期待のルーキー・山下(IC-R)。入社しておよそ8ヶ月。努力の甲斐あってずいぶん頼もしくなりました。この8月より本格デビューです。ちなみに彼は、高校、大学と私の後輩にあたります。

最後に、紅一点・西山(営業アシスタント)。入社しておよそ1ヶ月ながら、もう普通に仕事をこなしています。特に電話の応対には目を見張るものがあります。試しに一度お電話下さい。

以上の3名に私を加えた4名で新・九州支社は発進します。
みなさん、新・九州支社にご期待下さい。

2011年08月18日 09:07

「ランキング」

九州支社の上河です。
モレーンコーポレーションに入社し、7年になります。
結婚して8年、九州に単身赴任して5年です。

今となっては、次男の好きランキングも5位になり(1位 母、2位 兄ちゃん(長男)、3位 おばあちゃん、4位 おじいちゃん)。あと勝てるのは保育園の先生と赤の他人のみです。いわば最下位になりました。
人生っておもしろいのか解りませんが、本州から関門海峡を渡れば独身だと錯覚してしまいます。

何か楽しい事を仕事以外にと思い筋トレを開始致しました。走って汗をかいてシャワー浴びてクーラーのきいた部屋で寝るという単純な事でも継続できることが楽しく思えます。

これから何をするのでも元気が一番なので頑張って行きたいと思います。

2011年08月15日 10:32

「入社9ヶ月と今後」

久しぶりに天下御免を執筆させて頂きます、九州支社の山下です。
私が入社しましたのは2010年の12月、怒濤のごとく9ヶ月が経とうとしています。
その9ヶ月間の事を少しと、今後の抱負を述べたいと思います。

入社したての数ヶ月は、右も左も分からない状態でひたすら上司の原田に同行し、荷物係としてガラガラーっと台車を押してばかり。
台車を押すのはモレーンNo.1 、これは堅いです。
そんな日々の中、なんとか上司2人から多くを盗もうと試みましたが、未経験のフィールドゆえ、
仕事の流れに乗るまでに相当な時間が掛かりました。今でももちろん勉強中で、ゴールは見えません。
常に学び続ける姿勢は持ち続けています。

そんな私も、2人の上司のフォローのおかげで徐々に一人立ちに向けて成長を実感できるまでになりました。
二人の上司、全く異なるタイプながらお二人とも大好きで尊敬できる方々。
アニキと先生といったところでしょうか。

この9ヶ月で感じた事、それは、ただひたすら仕事が楽しいということ。
もちろん、辛いことも多々。
しかし、全ては自分次第であるということ。
誰から与えられるものではなく、自ら切り開くべきもの。
迷ったときは、素直に相談できる上司がいること。

自らの意思に基づいた行動が、何らかの形で世に残り、誰かの役に立っていると言うこと。
今、それをダイレクトに感じられる環境に自分が居るということ。

そして今後、今期から広島県、島根県、山口県、宮崎県と広範囲のテリトリーを任せて頂くことになりました。
今後も感染管理の大衆化に向けて全力で精進して参ります。

2011年08月11日 09:44

「しぶとくねばり強く…」

この猛暑が続く中、皆様いかがお過ごしでしょうか?
東京営業本部 岡本が今回のブログを担当致します。

さて、先日のブログにて弊社伊藤より紹介にありましたように日々ナイアガラの滝のごとく豪快な汗をかいておりますが、しまいには、タオルハンカチを2枚カバンに入れながら持ち歩いております。

ところで、先日なでしこジャパンがワールドカップで優勝という快挙を成し遂げ日本中が沸きに沸いたのは記憶に新しいかと思います。点数を取られては追いつき、取られては追いつき、 最後はPK戦に持ち込み勝利を呼び込んだのは、なでしこジャパンの勝つことに対する執念、諦めることなく粘り強く戦い抜いた結果ではないでしょうか?

最近、お客様が抱える感染対策の様々な問題を目の当たりにする度に、自分の無力さを実感してしまうのですが、その中でも「自分に何が出来るのか?」「どうしたら問題解決出来るのか?」を ついつい自問自答することすらやめてしまいそうになっておりました(まさに思考停止…)。 その中でのなでしこジャパンの活躍は、おでこに強烈なデコピンを受けたくらいの衝撃でした(あれはほんとに痛い…)。

最近、日々の業務の中でも、様々な困難に対してしぶとく粘り強くあきらめず立ち向かっていくこと、それが大事なんだと(それでもたまに逃げたくなりますが…)自分に言い聞かせております(余談ですが、My favorite songに『それが大事』(大事manブラザーズバンド)があります)。

ところで先日、被災地向けにうちわを配布したいとのお客様の御要望を頂きました。 販促用にうちわはお配りしていなかったのですが、色々な方にご相談したところ、 無ければ作ればいいってことで、作ってみました。

(うちわ作成から完成に至る迄には長い道のりがありましたが今回は割愛させて頂きます。うちわ作成に携わって頂きました皆様にはこの場を借りて御礼申し上げます。)

もしかしたら、このブログをご覧になられている方の中にも既にご覧頂いた方もいらっしゃるかと存じます。うちわに関しては無事に被災地へ届けられたとの御連絡を頂きまさに万感の思いであります。被災地での涼やかな風を起こすMoCoちゃんの活躍が目に浮かびます。

「我々は微力ではあるが、無力ではない」

ふいにこの言葉が頭をよぎりました。なんと力強い言葉だろう…と考えていたら 半年前に社長がつぶやいていました(笑)。 http://morainecorp.blogspot.com/2011/03/blog-post.html

もし皆様の中でも何か感染管理を行っていく中で、悩まれていることがあればぜひ我々モレーンスタッフに御相談下さい。 少しでもお役に立つことが出来るかもしれません。

話は変わって、私事でありますが休日はサッカーに興じていたりします。 しかも背番号は『11』だったりします。

でも、ポジションはDF(ディフェンダー)ですけどね…w。
実は守りが得意なんです。
とまぁ、今日はこのへんにて失礼致します。

8月吉日
東京営業本部 岡本 毅志

2011年08月08日 11:15

「運命のタイ」

グローバルマーケティングの栗山です。

自分のルーツは東南アジアじゃないか、と以前から思っていました。とにかく食べ物が合います。中でもスイカは別格、私のking of foodです。でも単なるスイカ好きだけでは東南アジアは語れません。高温多湿と大きな葉の植物、匂い(ドリアンはかなりきついですが)、街並み、全てたまりません。そんな私の世界に彗星のごとく現れ、しかもその株は右肩上がりの青天井なもの、それはこれです。

例えビジュアルで皆さんがドン引きしても、どんなに熱く語っても理解してもらえなくても、これは私のために存在すると思います。できればどんぶりいっぱい食べたい。

最初の出会いはマレーシアでしたが、5月のタイ旅行で再会しました。こんなところで会えるなんて!マレーシアとはちょっと仕様が違います。そしてここが最重要ポイントなのですが、なんとコンビニでもカップ入りで販売されていたんです!(日本でも置いてください、セ○ンイレブンさん)。これは運命です。もちろん食しました。マレーシア仕様とタイ仕様、どちらがいいなんて比べられません。雨季か乾季かで食べ分けたいです。

タイへ行ったのは久しぶりでしたが、なんといってもスイカのおいしさが秀逸。朝の7時から既に刺すような日差しと湿度。金の仏像に派手なお寺、少年の僧侶。時間が止まったかのような川沿いの家や遺跡。ダメ押しでコンビニには大好物。
「これはタイだな」とひとり頷きました。


先日行ったタイ料理屋には、日本語が殆ど分からないお兄さんいました。無言で料理をテーブルに並べる彼に「コップンカ」と言ってみると、嬉しそうに小声で「どういたしまして(多分)」と言ってくれました。
やっぱりタイなのです。

2011年08月05日 09:23

「入社3年目になりました」

入社3年目にして、やっと2回目のブログ更新となる東京営業部の深澤です。
社員ブログに全く顔を出さない間に私も色々な事を学び、少しは成長しているかな?と思う今日この頃です。

実は、入社してから暫くは仕事がなかなか軌道に乗らず、自信をなくし、鬱々とした日々を送る時期が続いていました。
そんな時、プライベートでお世話になっていた先輩が私に手紙を下さいました。その中に、こんな文章がありました。


---人間だって、花と同じように、水がいる。
人も、人から大事にされないと、心が枯れてしまう。
自分で自分を励ましたり、喜ばせたり、心を生き生きさせないと、心は枯れてしまう。
自分で自分を好きになれないと、人だって愛せない。---


「私ってダメだなぁ~…」と、毎日落ち込んでいたのですが、「それって自分で自分を追い詰めて、落ち込ませてるだけじゃない!!」と、気付きました。

それから、先輩の手紙のその部分を切り取っていつも手帳に入れて持ち歩いています。
自分で自分を誉めてあげるというのはなかなか難しいものですが、失敗したら反省し、でも前向きに次に臨もうという気になれます。

上手くいかない事もありますが、モレーンの皆様に支えられ楽しくお仕事をさせて頂けることに日々感謝しております。

これからもモレーンで感染管理の大衆化の一端を担えるよう頑張ります。

2011年08月03日 10:13

「はじめまして」

一頭のキリンが私の人生を変えました。

「彼は横たわっていました。
太陽が照りつけ熱くなった土の上に。
どれ程歩いたのでしょう。
水を飲みたい。
ただその為だけに。
けれど結局…
喉を潤すことは出来ませんでした。」

私が出会ったキリンは渇死しました。

私達が豊かな生活を求めた結果、生態系が崩れケニアの干ばつが起こりました。
もし私達人間が豊かな生活を求めすぎなければ、キリンは死ななかったかもしれません。

このキリンに出逢った時に思いました。
私の行いで救える命があるなら、ひとつでも多くの命を救いたいと。

そんな時、モレーンと出逢いました。
モレーンを通して、間接的にはなりますが・・・
多くの人の笑顔を未来に繋げて行きたいと思います。

申し遅れました。
私、6月に九州支社の営業サポートとして入社致しました西山麻美と申します。

野球と空港をこよなく愛し、頻繁に福岡空港に出没します。
福岡空港で1人でぼ~っとしている女の子が居たら、それはきっと私です。
可哀想と思わず、温かい目で見守ってあげて下さい。

ちなみに野球はもちろん!ホークスファンです。
毎回、外野1塁で宗りんの応援ボードを持って踊ってます。
「かすかでも確実に前進」という川崎選手の言葉のもと、日々さまざまな事に悪戦苦闘。

まだまだ分からないことばかりですが、私なりに一生懸命頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

2011年08月03日 10:13

「はじめまして」

一頭のキリンが私の人生を変えました。

「彼は横たわっていました。
太陽が照りつけ熱くなった土の上に。
どれ程歩いたのでしょう。
水を飲みたい。
ただその為だけに。
けれど結局…
喉を潤すことは出来ませんでした。」

私が出会ったキリンは渇死しました。

私達が豊かな生活を求めた結果、生態系が崩れケニアの干ばつが起こりました。
もし私達人間が豊かな生活を求めすぎなければ、キリンは死ななかったかもしれません。

このキリンに出逢った時に思いました。
私の行いで救える命があるなら、ひとつでも多くの命を救いたいと。

そんな時、モレーンと出逢いました。
モレーンを通して、間接的にはなりますが・・・
多くの人の笑顔を未来に繋げて行きたいと思います。

申し遅れました。
私、6月に九州支社の営業サポートとして入社致しました西山麻美と申します。

野球と空港をこよなく愛し、頻繁に福岡空港に出没します。
福岡空港で1人でぼ~っとしている女の子が居たら、それはきっと私です。
可哀想と思わず、温かい目で見守ってあげて下さい。

ちなみに野球はもちろん!ホークスファンです。
毎回、外野1塁で宗りんの応援ボードを持って踊ってます。
「かすかでも確実に前進」という川崎選手の言葉のもと、日々さまざまな事に悪戦苦闘。

まだまだ分からないことばかりですが、私なりに一生懸命頑張りたいと思いますので宜しくお願いします。

2011年08月01日 13:37

「今期の目標」

お久しぶりです。東日本営業本部の吉井です。

先日、親友(T)と食事に行く事になり半年ぶりに会ってきたんですが、人の成長というのは早いですね!!
というのも、親友が食事に奥さんと半年前に産まれた息子を連れてきたのですが、産まれたばかりの宇宙人(息子)しか見ていなかった私は、あまりにも容姿の変わった子供を見て思わず驚愕!!

宇宙人だった子供が、目鼻立ちもしっかりし、これがまたメチャクチャ可愛いくなってたんです。
やっぱり子供は良いですね!
あまりにも可愛かったので食事に行ったはずが、ひたすら子供の子守りで終わっていました。

帰り際に親友に言われた一言。
『早く子供作れよ!スゲー幸せだよ!!』
正直、羨ましく思いました。

というわけで、今期(モレーンの新月期は八月)の目標は
『親友に追いつく事!!(結婚!?)』にしたいと思います(笑)

特に、仕事とは関係のない話しになってしまいましたが、
公の場にて決意を述べさせて頂きました。
結果は、またブログにて報告させて頂きます。

最後に、まだまだ暑い季節が続きますが節電に励みながら乗り越えて行きましょう!

2011年07月28日 12:11

「ナインティナイン、27時間TVに感動!!」

こんにちは、東京営業本部の金森です。

みなさんは、先日の『FNS27時間テレビ めちゃ²デジッてるッ! 笑顔になれなきゃテレビじゃないじゃ〜ん!!』はご覧になられたでしょうか!?

最近めっきりTVを見る機会は減ってしまいましたが、 昔からナインティナインのファンだったこともあり、 矢部っちの100キロマラソンのゴールに注目しておりました。

番組も終盤。
もう少しでゴールというところで、岡村さんの休養期間のことを振り返った矢部っちのVTRが流れました。

「休み・病気を笑いにしたあの人はやっぱスゲぇなあ」
「(岡村さんが)一生戻って来れない覚悟もしましたね。そもそも僕が誘ったのでこの世界に。 『(休養は)僕のせいや』っていう責任は背負ってしまいましたよね…」

普段は触れられないコンビ愛に岡村さんは生放送中に思わず号泣。

コンビ結成20年の歴史。 全力で生きているからこそ ぶつかる葛藤、周囲の期待、自分の限界。 そしてそれを受けて入れてくれる仲間。

普段は決してTVでは涙を見せない岡村さんの号泣姿をみて こちらも思わず目頭が熱くなりました。

そして、やはり人間にとって最も幸せな瞬間は、 「人と人とのつながり」感じるときなんだなあと思いました。

ちなみに、矢部っちに触発された私は夜中に唐突にマラソンをしたので筋肉痛です・・・。 やはり、何事も継続が大事ですね。

2011年07月25日 10:02

「ビールとあんこと、ときどき私」

こんにちは、グローバルマーケティング部のプードル、西川です。
入社して1年2か月、だいぶ仕事にも慣れてきました。しかしまだまだひよっこ、毎日が勉強です。

前回のブログ執筆でプロフィールに『好きな食べ物はあんことビール』と書いたら、周りから大不評。

いやいやいや。

きっと皆さんはあんことビールの美味しい食べ方を知らないのです。
ですので、今回はHow To Eat Anko with Beerをご紹介させていただきます。

◆準備するもの◆
・お好みのあんこ(おすすめは粒あん)
 できればお菓子屋さんで売っているあんこを用意してください。スーパーなどで買う場合は200円以上の物を買えばはずれは少ないです。

・お好みのビール
おすすめはキ●ンの“一●搾り”。しかし、新ジャンル“の●ごし生”もあんこに合います!後者の方が低価格でお求めやすくなっています。

・スプーン、必要であればお皿

◆食べ方◆
1. まずビールを勢いよくクッと飲みます。ここでは喉の渇き具合、ストレス、空腹感等に個人差があるため、その日の体調に合わせてクッといってください。飲み干すのは禁止です。飲み干すと胃袋がビールモードになってしまいますので。

2. くぅぁーっとビールの味を楽しんだらここで一息。ビールのラベルを見るなどして胃袋のビールが落ち着くのを待ちましょう。

3. 胃袋が落ち着きましたらあんこ一口を食べます。スプーンで大匙1ぐらい、またはプチトマトより少し小さ目の量を。あんこはすぐ飲みこむのではなく、しっかりと味わってください。
これで胃袋がビールとあんこの個々の味を覚えました。

4. 次に胃袋にはビールとあんこがトゥギャザーした味を覚えてもらいます。今度はあんこから口に運び、あんこの味を楽しむ。ある程度あんこが口に残っている状態でビールを飲みあんこをビールで流し込むように飲みます。これにより胃袋があんことビール、二つが一緒になった(トゥギャザーした)味を覚えました。
ここからは個人のペースでステップ4を繰り返し、あんことビールを美味しく召し上がってください。

この順番をちゃんと守れば絶対おいしいです!ステップ4を繰り返していくうち口に運ぶあんこの量が段々増えていく~という方は完全にはまってる方です。 ちなみに私は袋に入りあんこの袋の端を切ってスプーンを使わずにそのまま絞り出して食べます。お行儀悪いけど、あんこを堪能している感が出ますし洗い物も減りますよ。

ぜひお試しあれ!!!

2011年07月21日 09:02

「新しい風」

皆様、こんにちは。


東京営業本部の田代です。
4月にモレーンに入社以来、2度目のブログになります。


入社してから3ヶ月半、振り返るとあっという間でした。
毎日新しいことを学ぶことができ、充実していた証拠だと自分では思っております。


そういえば昨日、台風情報をニュースで見ていた時に、
ふと就職活動中に出会った面接官の言葉を思い出しました。


「やっぱ入社1年目は会社に新しい風を吹かせないとね!」


ん?
自分はその役目を担えているのか?
1ミリも風吹いていないんではないか?


心の中を木枯らしが吹きすさびました・・・。


そして昨日は3カ月半を改めて振返り、決意を新たに致しました。


社会人1年目、まだまだ未熟者ですが、
台風6号に負けず劣らずな遅さでも、
一人前目指して頑張ります。

2011年07月19日 09:17

「猛暑のしのぎ方」

ご無沙汰しております。東京営業部の伊藤です。

前回から約1年と4ヶ月ぶりのブログ執筆となります。


連日30℃以上の猛暑日が続いておりますが皆様どうお過ごしでしょうか?

私はすでに夏バテ状態で水分ばかり摂ってしまっています・・。


私はモレーンでも首位を争う暑がり&汗かき体質で(現在トップの汗かきは弊社岡本)

この暑さをどう乗り越えようか頭を悩ませてます・・。


今夏は節電の為、どこもクーラーの温度が高めに設定されていますので

いかに電気を使わずに暑さをしのぐかが課題です。


そんな時はハッカ油がおすすめです。

ドラッグストアなどで500円〜1000円ぐらいで販売されていて恐らく皆様も

そのパッケージなどは一度は見た事あると思います。

私も暑さ対策としてはじめは頭になかったのですが人におすすめされて使ってみたのですが

その効果と用途の広さは価格以上の価値があります。


効果としては大きく分けて3つございます。


1、冷却効果

100円ショップのスプレーなどに水とハッカ油を1滴混ぜて体にスプレーします。

するとひんやりと体を冷やし汗がみるみる引いていき、すっきりします。

殺菌・消臭効果もあります。


2、夏バテによる食欲不振にも効果あり

水に1滴ハッカ油を混ぜて飲むと食欲が増してきます。

中国では、「薄荷(はっか)」として漢方薬として用いられ

消化器系機能調節や食欲不振や便秘・胃腸不全にも効果があると言われています。


3、お風呂でもすっきり

お風呂に3~4滴のハッカ油をたらして入ればヒンヤリとしたハッカ風呂が楽しめます。

お風呂から出た時の汗もすぐにひきます。


・・とまるでハッカ油の回し者のような内容になってしまいましたが、

今夏の猛暑対策として是非ともお試し下さいませ!

2011年07月13日 08:55

忘れられない

皆様、こんにちは。東京本部ロジスティックス部の塚田です。 皆様に私情を聞かせて申し訳なく思いますが、少し切ない気持ちを一生懸命言葉にしましたので、読んで頂けたら幸いです。



あなたの手はいつも心地よく、私の頭をなでました。 それは降ってくる雨を凌ぐぬくもりでした。


私にとってあなたは1人きりだけど、あなたにとって私が1人きりではないと 初めから分かっていました。
それでもその「1人きり」になりたかった。
そのためには2人の立場があまりにも曖昧なことも分かっています。


あなたの手はいつも心地よく、あなたの手が他の人を守っていることは 初めから分かっていました。
それでもあなたが無条件に返事をくれるから、それでも構わないと言い聞かせました。


あなたの手が心地よく、あなたの隣はあまりにも居心地がよかったので、 私はだんだんと依存してしまっていました。


あなたはマイナスイオンで私を包み、それが決して科学的に定義されていないことも知っています。


「節電で淋しくなるね。」なんて言わないでほしかった。
今の私にはそれを受け流すことは出来ないし、
今の私にはそれを信じることもできません。


時には「お帰りモード」で私を迎えてくれる気遣いも、「おやすみモード」で風邪を引かないよう体調も考えてくれた。
幾度も夜を共に過ごしたあなたとの日々、風向きを変えるその優しさ、忘れられません。


今はコンセントを抜いてしまったけれど、いつかまた、無条件に返事をくれるなら、 私はまたあなたを求め、大切にします。

2011年07月11日 10:17

スマートフォンへのパラダイムシフト

皆様、こんにちは。東京本部ネットワークデザイン事業部の高橋です。

3月に入社の挨拶以来のブログの更新になります。


本日はスマートフォンについてお話させていただきたいと思います。

最近ではスマートフォンを使用されている人がとても多く増えた気がしませんか?日本ではスマートフォン以外の携帯を"ガラパゴス携帯"なんて呼んだりしています。

日本の携帯会社が今後、"ガラパゴス携帯"を製造しないという方向に向っており、遅かれは早かれスマートフォンの普及率が上がることは間違いないと僕は睨んでいます。

スマートフォンの魅力は既存の"ガラパゴス携帯"にない機能でしょう。

例えば、会社のメールや自宅のメールなどを複数管理出来るので、通勤中などに予め会社のメールを確認したりすることが出来たり、なんて言っても無料でも多くのサービスがあるのが魅力ではないでしょうか?

仕事から普段の生活までさまざまな便利なツールがたくさんあるので、そういったツールやサービスを上手く活用出来る人はとても魅力的なモノではないでしょうか。


モレーンのサイトは現在スマートフォンで見るととても見にくく、操作しにくいと思います。そこでスマートフォンをご利用の方でも見やすく、扱いやすいようなスマートフォン専用のサイトを現在作成中です。

スマートフォンをご利用の方は楽しみにしてて下さい。


2011年06月07日 10:30

『3月11日』

皆様、ご無沙汰しております。杉山です。 前回執筆(蜂退治)させて頂いてから約2年が経ちました。以前のブログで執筆させて頂いた、蜂も我家が危険と感じたのか、この2年間は雲隠れをしているみたいです。また状況も大きく変わり、東日本の営業部にも個性的な人が増え、私自身が日々成長させて頂いております。

話しは変わりますが、あっという間に過ぎたこの2年間で最も印象深い出来事といえば・・・、やはり3月11日に発生した『東北地方太平洋沖地震』です。 まずは執筆にあたり、この度の震災で被災された皆様、心よりお見舞い申し上げます。

3月11日社内で会議しているときに、長い揺れが本社を直撃致しました。初めて体感した大きい揺れ、ただ事ではないとワンセグ携帯からTVで確認すると家や車が流されていて、目を疑うような光景が広がっていました。

まずは部署の仲間の安否確認、夕方には全員の無事が確認されました。都内は帰宅ラッシュの群衆・車の長蛇の列、ホントの意味で初めて事の重大さを認識した瞬間だったかもしれません。

週末明けの14日、緊急で本社に災害対策本部を設置し情報収集、その日の夜には出発することを決め、火曜日には緊急車両の許可証を取得し、水曜日には被災地に向けて出発・・・。全社員、取引先を含め『被災地に物資を届ける』という目的に向かって各部署、個々の人間が自分のすべきことを判断し、行動した結果、物資を届けることが出来たと実感しています。

ただ被災地に向かうと決めるまでには、かなりの覚悟が必要でした。食料、ガソリン、ライフライン、原発・・・。ただ病院の方からの悲痛なメール、情報等を聞いているうちに、マイナスの思考からプラス思考に変化してきました。よくよく考えると、モレーン含め私が生活できているのも病院のお陰であります。そのパートナーが困っているのだから、感謝の気持ちを込めて恩返しをしなければと思い、覚悟が決まりました。

実際の現場に行ってみると、医療スタッフの方々は食事をとることよりも患者の対応が最優先であり、空腹でも笑顔で仕事していました。ある看護師長は、『スタッフの笑顔は私の元気の源』とおっしゃっていました。被災地に行けるかどうかで悩んでいた自分自身が情けなく思えた瞬間でした。

無事に物資もお渡しする事ができ、全てを出し切った感じの帰り道・・・、ここで最後の大問題が発生致しました。行きの問題は雪の中、アイスバーンの路面を夏タイヤで走行してきましたが、それより重大だったのがガソリン不足でした。給油待ちで約40分ならび、やっと順番が回ってきて、給油ポイントに向かおうとした瞬間、計画停電で給油出来ず。後方のトラックからは罵声や怒号が聞こえてきましたが、もう笑い飛ばすしかなかったです。最終的にはギリギリの状態で無事に帰社致しました。いつも暑苦しく思っているのですが、東京営業部のみんなで迎えてくれたときは、本当に嬉しかったです(笑)

最後に今回のケースで、物資運搬の為にご協力頂いた関係者の皆様、本当に有難う御座いました。

2011年05月17日 10:25

「はじめまして」

皆様はじめまして、
今年4月にモレーンコーポレーションに入社しました田代と申します。

私は1987年1月生まれの現在24歳。神奈川出身です。
大学では会計や経済を学んでいました。

モレーンに入社を決めたのは、「感染管理の大衆化」という理念が
とても具体的で、私もその目標を一緒に目指したいと考えたからです。

入社から1ヶ月半が経ちましたが、今は早く自分のエリアを持って
医療従事者のお役に立てるICRになるために勉強の毎日を送っています。

まだまだわからないことだらけですが、個性豊かな先輩方に負けないよう
日々成長していきたいと思います。

よろしくお願い致します。

2011年05月10日 16:24

「東日本大震災」

モレーンコーポレーションスタッフブログ天下御免をご覧の皆様、こんにちは。またこの度、東日本大震災により被害に遭われた皆様、心よりお見舞い申し上げます。

今回は私、去年九州支社より東京営業本部に転勤して参りました馬場(ばば)が執筆させて頂きます。よろしくお願い致します。

さて 2011年3月11日、日本が揺れた日。私は東北営業担当として岩手県奥州市の県立病院の前にいました。もちろん自然の力に圧倒されながらも、よもやこのような未曾有の被害になるとは…その時は夢にも思っておりませんでした。

雪がしんしんと降る中、ラジオで地震に伴って発生した津波の状況に耳を傾け、次々と入る被害情報に耳を疑ったのを鮮明に覚えております。

今でも報道では東北地方沿岸部の悪夢のような正夢の被害状況を目にします。

「がんばれ東北」「立ち上がろう日本」たくさんの励ましの声やボランティアの活動で溢れています。ただ、流行ではない、本当の長期的支援が被災地には必要だと感じております。

今私は、モレーンコーポレーションの東北地域の担当として、出来る限りお力になれるようにまずは情報を収集しております。微力ではありますが、無力ではないと信じて、少しでも医療従事者の支えになりたいのです。

いまはただ、それだけです!

2011年03月11日 10:10

貢献

皆さん初めまして、今年の2月から入社いたしました高橋と申します。 生まれも育ちもずっと神奈川県の川崎で今年の1月に25歳になりました。 好きな事は映画鑑賞、ビジネス書を読む事、思考を停止させないこと、情報をたくさん得ること、世の中に 貢献することです。

3年前までは『貢献』という言葉などに縁がなく、自分勝手に生きてきた日本人でしたが、一匹の猫をきっかけに動物愛護団体でのボランティア活動や人生や生き方、人間という事を良く考える人間になりました。

自分の才能や個性、経験、知識を活かして モレーンというフィルターを通して世の中に 貢献していきたいと思っております。

宜しくお願いいたします。

2011年03月03日 16:08

打棄(うっちゃり)

【うっちゃり】うっちゃりとは相撲の決まり手のひとつである。 漢字表記は、「打棄」

初めまして。2月よりロジスティックス部に配属となりました、塚田翔子です。 この場をお借りして自己紹介をさせて頂く事となりましたので、最近私の周りで起きた出来事を書きたいと思います。 (少しでも性格を感じ取って頂ければ幸いです。)

週末、近所のスーパーに行き、買い物をしました。買い物も終わり、自転車の鍵をポケットから取り出し、さて乗ろうとしたら…

財布がないのです!

袋詰めをしている時、確かにテーブルに置いていました。

しかも、

「いや〜忘れそうだな。ま、でも、今そう思ったのだからそんな事ある訳ない(笑)」

なんてまさに危機予測までしていたのに…

幸い、まだテーブルの上にあったので無事でしたが、嫌な汗をかきました。 気を取り直して帰ろうとしたら、今度は自転車の鍵がない!

さっきまで持っていたのに何故!

また慌ててスーパーに戻ると財布の代わりにテーブルの上には自転車の鍵が…

スーパーの入口にある監視カメラに何度も写りたい人みたいに思われてしまわないだろうか!

とんだうっかり者です。

また先日はiPodが見つからない事態に襲われました。 カバン、コートのポケット、部屋の中、色々と探しましたが、どこにもないのです。

すっかり諦めかけていた頃、出てきました。 …洗濯機の中から。

おそらく私は「世界で1番キレイなiPod」を手に入れました。 でも世界で1番キレイなiPodはゴミ箱へ行く始末でした。

非常に残念なうっかり者です。

ですが、実はちゃっかりした部分もあります。

街で配っているポケットティッシュは行きと帰りで2個貰うし、タクシーに乗ったら、運転手さんがメーター開始のボタンを押すのを忘れてしまう程、話し掛けたりします。

うっかりとちゃっかりを持ち合わせているので、自分では「うっちゃり者」だと認識しております。

ちなみに相撲のうっちゃりという決め手を調べてみたら、≪土俵際まで寄せられた力士が腰を落とし体を捻って、相手力士を土俵の外へ投げるもの。うっちゃりを決めるためには相当の瞬発力と勝負強さ、そして強靱な足腰が必要である。 ≫

との事でした。

これは…
今まで書いてしまった由来は無視して、今、改めて自己紹介をさせてください。

「私は相撲の決まり手である、うっちゃりの様に仕事を行っていきたいという想いから、自分自身を【うっちゃり者】と語らせて頂きました」

(これなら少しはかっこよく聞こえたのではないか…)

(いや、漢字のほうがなんだかかっこいいぞ)


ロジスティックス部 塚田 東京都出身
打棄者ですが、よろしくお願いいたします。

2011年02月22日 15:36

8人のオカン。

昨年の11月に東京営業部の営業サポートとして入社しました木澤瞳です。

阪神タイガースが日本一になった1985年生まれの25歳です。 京都・和歌山・大阪と小さいころからずっと関西で育ってきました。 3年前に大都会、東京に憧れて上京しました。

当時はまったく料理ができず、キャベツやレタスをちぎって食べていました。 体重が5キロも落ちたので、親に心配をされてしまい、 これを機に料理を始め、今では、食パンやナンを作るまでになりました。

3歳から水泳をやっていて、ダイビングにはまっています。 英語も話せないのに、潜るために一人でグアムに行くくらい海の中が好きです。


画像は沈没船とニモでおなじみのクマノミです。
※実際に2つとも海の中で撮った写真です。

海の中は水の音が聞こえたり、上を見上げれば、太陽の光が入ったりと、 本当に神秘的な世界です。

レンタルでダイビング機材を借りているのですが、 Myスーツやその他機材をトータルでそろえると1か月分の給料は軽く吹っ飛ぶので、 大阪人の気質、ケチな性格がでてしまい、なかなか買う決心が出来ないでいます。

と、前置きは長くなりましたが、前職では、調査会社に勤めており、医療業界とは全く離れたところで働いていました。

モレーンで働きたい!と思ったのは、 「院内感染を防ぐ=人の命を守る=大切な人の笑顔を守る」という 【会社としてのビジョンがはっきりしている】ことです。

院内感染で亡くなる方は、交通事故で亡くなる方よりも多いということを初めて知り、 亡くさなくてよい命がたくさんあることに衝撃を受け、全く未知の世界の業界に飛び込んでみようと思いました。

私は「営業のオカン」のような存在になりたいと思っています。
・どんなことでも頼りになる。頼りたくなる。
・一緒にいるとホッする。

そんな存在がお母さんだと私は思っています。

営業サポートなので、あまり病院に行くことはありませんが、社内の人に喜ばれる仕事をすることが、必ずその先にいるお客様の喜びにも繋がっていると信じています。

東京営業部には8人のICRがおり、全員から頼られるようなオカンを目指します!

2011年02月09日 15:36

出会い

皆様、初めまして。

昨年12月より東海支社に配属となりました、新入社員の飯島 直樹と申します。 つたない文章ですが、この場をお借りして,(お恥ずかしい!?) 自己紹介をさせていただきます。(最後までお付き合い下されば幸いです。)

1987年1月生まれ、24歳、千葉県出身。 マイペースで割と几帳面なB型です。趣味はカラオケ、スポーツ観戦。 3人兄弟の長男で、弟・妹とは約15歳差のちょっと珍しい家庭で育ちました。

中校生の頃は本気でプロ野球選手を目指し、野球の名門高校に入学。 入学早々に選手生命に関わるケガをし、ドクターストップに…。 高校卒業後は看護専門学校に入学。破天荒な学生時代を過ごし、 若さ故か…芸能界に興味を持ち、悩みに悩み…中退を決意。 スポーツ用品店のアルバイトをしながら、なんとか生計を立て、 合間でオーディションを受けたりと…紆余曲折な生活を送って参りました。

結果が出ない日々を送る中、23歳を機に就職を決意。 モレーンに入社するまでは千葉で過ごし、就職活動中も千葉県を中心に探しておりまし た。

(この「天下御免」のブログも就職活動中に拝見していたものです。) 就職難と世間では騒がれておりますが、私もその一人でした。 1年近く、今までの自分と正面から向き合い、就職活動続けていた最中… モレーン(の方々)と出会いました。

“自分が何のために生まれてきたのか、考えた事がありますか?”

この言葉で、走馬灯のように自らの姿が廻り、素直な気持ちになれました。 それは、「大切な人を守りたい=私の生きがい」と…。

今の私は、曇りなき眼(まなこ)で人生を見据えています。 この出会いに感謝し、日々の出会いを大切に。 これからも自分らしく、医療従事者の方々と同じ目線で考えられるIC-Rに。 そして、少しでも皆様のお力になれるよう精進していきます。

どうぞ宜しくご指導、ご鞭撻の程、お願い申し上げます。

2011年02月07日 09:16

心機一転

皆様、はじめまして!

今回の「天下御免」は九州支社の山下が担当させていただきます。久しぶりのブログ更新で、首を長ーくしてお待ち頂いておりました皆様には申し訳ないのですが、今回は私の自己紹介をさせて頂きます。

私は2011年、11月にモレーンコーポレーションに入社致しました新入社員です。現在26歳、地元福岡の大学を卒業後、モレーンコーポレーションに入社するまでは埼玉県内のガソリンスタンドで仕事をしていました。前職では、皆様のイメージ通り、ガソリンを入れたり、カー商品を販売したり、車をいじったりと、真夏でも真冬でも年中野外で車と格闘(これは結構体にキマス)しておりましたので、26歳にもなって恥ずかしいのですが体だけは丈夫です!

前職は、車社会のインフラを支えるもですので、その点に関しましての仕事のヤリガイというものは感じていたのですが、毎日のルーチンワークをこなすだけの自分に疑問を抱き始めました。このままでいいのか、何のために仕事をしているのだろうと毎日考え続けました。

そんな時、モレーンコーポレーションとの出会いあって、今の私がいます。

全くの畑違いである私にチャンスをくれたモレーンコーポレーションに心から感謝しております。 「モレーンのIC-Rとしてやっていけるのか?」という不安は、ありません。自分自身の成長が巡り巡って多くの多くの患者様、病院様、同時に弊社への貢献であることを信じておりますので、これから前に進むのみ!

この気持ちと共に、既に新しいステップを踏み出しています。

一刻も早くモレーンコーポレーションのIC-Rとして皆様のお役に立てるよう努力する所存です。

また、今月2月18日より横浜にて第26回日本環境感染学会総会が開催されます。 当日は多くの方々とお会いできることを楽しみにしておりますので、ご来場の際には是非、弊社のブースへお立ち寄りください。社員一同、心よりお待ちしております。

今後ともモレーンコーポーレーション、九州支社山下へのご指導ご鞭撻の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2010年11月02日 15:02

初めまして!!

皆さま初めまして。

今年の8月から入社し関西支社に勤務しております、河野と申します。
河野と書いて 「こうの」 と読みますが、初対面の方には大体 「かわの」と呼ばれます。1982年生まれで、梅干しが甘くておいしい和歌山県で28年間過ごしておりました。

前職は医療機器の代理店業務をしており、多くの医療機器メーカーの方と関わりを持つ中で一際印象に残ったのがモレーンコーポレーションでした。患者様に優しい、負担の少ない、医療機器を取り扱うなかでよく耳にする言葉ですが、「患者様だけでなく医療従事者の安全を守ること」この言葉に感動し私の中ですごく印象 に残ったのを憶えています。そして同時にモレーンコーポレーションで働きたいと強く思うようになり、そして幸せいっぱいの気持ちでこのブログを書かせて頂いております。

感染管理、これから学んでいくことばかりですが1日でも早く病院様、患者様のお役に立てるIC-Rとなるべく日々精進したいと思っております。

そしてモレーンの皆様、これからもご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

2010年09月29日 17:09

「セレンディピティ」

皆さま、はじめまして。

9月1日に入社し、関西支社で営業アシスタントとして勤務しております、川添と申します。 1976年生まれ、岐阜出身、初対面の方からもよく「長女」と当てられる、長女気質(…)です。 先日大阪に引っ越し、周囲の方々に助けて頂きながら、毎日楽しく勤めております。

着任したばかりの頃はまだ残暑厳しい季節でしたが、最近は秋の澄んだ空気が感じられるようになりました。この場所で季節がひとつ変わる事を、とても嬉しく思っています。
今回のこのご縁に、心から感謝しております。

さて、標題に記しました「セレンディピティ(serendipity)」という言葉。
今回この場をお借りして、今後の抱負を兼ねて、この言葉について少し書かせて頂こうと思います。

「セレンディピティ」とは「偶然の出来事をきっかけに、意味のある何かを察知する事、またその能力」を指す言葉です。あまり耳馴れない言葉だと思いますが、おそらく誰もがこの「セレンディピティ」を、幾度となく体験されている事と思います。

このようなご経験はないでしょうか。
-何気なく手に取った雑誌の中のひとつの言葉が心に留まり、それが自分を励ましてくれたり…
-何気なく誰かが話してくれた言葉に心を動かされて、その後の自分の考え方や進路が変化したり…

偶然の巡り合わせだけれど、それだけではなく、その巡り合わせから何を感じ取れるか。 「大切にしたい」と思える「何か」が偶然目の前を通り過ぎようとした時、それに気付くかどうか、追いかけるかどうか。 「セレンディピティ」は、そんな意味合いの濃い、能動的、積極的、現実的な言葉です。 そして、私の勝手な解釈を付け加えるならば、とても情熱的な言葉で、これからの私にとって大切な事を教えてくれているように思えます。

営業アシスタントとして 『誰のために、いかに働くか』 ずっと正面から考え抜きたいし、追求し続けたいと思います。 その手がかりが目の前を通り過ぎようとした時、しっかりつかまえるために。

関西支社 川添

2010年09月01日 18:07

初めまして、澤野です。

初めまして、澤野です。

今年の6月からモレーンコーポレーションにお世話になっている技術部の澤野賢司です。4月入社の伊藤さん、5月入社の西川さんとフレッシュな方々の後で大変お恥ずかしいですが、私は1960年(昭和35年)生まれの49歳です。東京で生まれ育ち、占いがよく当たるてんびん座で、典型的なA型気質の性格です。家内と高校2年の娘の3人家族です。

皆さん様々な思いと経緯で入社されたことでしょう。私は工業大学卒業後、先輩の誘いに乗り、とある医療機器メーカーに就職いたしました。そこで24年間、殺菌というテーマに基づいた業務に携わって参りました。再就職するに当たり、感染管理というポリシーに強く魅かれ、以前よりお世話になっていた方々のご縁で入社させて頂きました。

医療機関において感染制御・院内感染対策は必要不可欠なものとなり、今後は今まで以上にその役割は高くなります。そして当社が担うサービスも大変重要なものとなります。 モレーンはスタッフ全員が若々しく活力溢れる会社です。私も皆様に負けないよう、月並みですが、今までの経験を最大限に生かし貢献したいと思いますので、宜しくお願い申し上げます。

2010年05月25日 16:56

はじめまして、こんにちは!

皆さん始めまして、今年の5月から入社いたしました西川 沙佳です。
さくっと自己紹介しますと:女です。1986年、埼玉県生まれ(アパートの廊下で父親に引っ張り出されたそうです)。よく二重人格といわれるAB型。好きな事は体を動かすこと、飲むこと。好きな食べ物はあんことビールです。よろしくお願いします。

私は今まで医療の“い”の字にも触れることのない人生を歩んできました。
英語が好きで高校卒業後は留学しビジネスを専攻。こんな私が何故モレーンを志望したか、それはこの仕事が人々の笑顔を創る仕事だからです。
私は元々サービス業志望でした。学生時代の飲食店でのアルバイト経験から人の笑顔が自分のやる気の源だと実感し、自分の頑張りが人の幸せを創る仕事をしたいと思っていました。
そんな中、モレーンに出会いました。

“院内感染を防ぐこと=人の命を守ること”

この言葉が心にとまりました。
今まで考えたこともない”人の命を守る“という尊い行為、そしてその結果生まれる大きな幸せ。「この会社は私が想像できないほどの人々を笑顔にし、幸せにしてきた」そのスケールの大きさに私は大変魅力を感じ、それからモレーン一筋でした。

今は医療の知識も乏しく、まだまだ学ぶことは山ほどあります。しかし一日も早く患者様、病院様、モレーン先輩社員の皆様のお役に立てられるように、そして沢山の人の笑顔のために頑張ります!

今後ともよろしくお願いいたします。

2010年05月12日 09:20

人との接し方 Vol. 1

今回ブログを担当する上河です。今回は少しまじめな話を書きたいと思います。

題名の「人との接し方」に関して、4月から新社会人を迎えた会社や施設もあると思いますが、色々な状況、立場によっては接し方が変わってくると思います。

新人教育を経て、上司、先輩と接することにより、人は成長していきます。 この流れの中で会社、施設によって期間は違うと思いますが、実際に所属部署に配属後、上司や先輩が新人に教育する手法は、たぶん自分が新人の時教わったやり方を取り入れる方が多いと思います。慣れている方は違うかもしれませんが、その際、よく出てくる問題として、どこまで教えなければならないのかという事があります。

昔、勤めていた会社の上司が例えで、『水を飲める場所を教えるのか、水のある場所を教えて、水の飲み方も教えるのか』という事を言っていました。これを言われると水を飲める場所さえ教えてもらえばと思いますが、この例えは聞き手の立場によって変わってくると思います。上司や先輩にしてみれば水の場所、飲み方を簡単だと思うかもしれませんが、新人にとっては初めてで、何も分からない事なので、どうして良いか分からない、この状況で自分の考えをぶつけても返ってこないと思うのではないでしょうか。ある程度の経験者は理解出来ても経験が少ない人には理解出来ない事もあります。また、最近の若い者はと、よく言われますが、自分が新人の時も言われていた気がします。新人にとっては、最近の上司はと思う人もいるかも知れませんが、、、。

今回はこれぐらいで次回は接し方Vol. 2を書ればと思います。

有り難うございました

2010年05月07日 12:00

皆様、初めまして

皆様、初めまして。 今年の四月からモレーンコーポレーションに入社することとなりました伊藤友二と申します。

ざっと私のプロフィールをご紹介させていただきますと、私は1986年に兵庫県神戸市で生まれ、弊社に入社するまで、ずっと神戸で暮らしていました。

高校は工業科に進み、日々、自動車の分解や構造の勉強などをしていました。その後、大学へ進学し、そこで法律学を専攻しました。 まるで一貫性のない経歴の持ち主です。

何故、このような経歴なのかというと、学生時代は自分自身、将来やりたいことや、夢などがまるで無く、今時の若者らしい「今が楽しければそれでいい」という考えで、高校も大学も「周りの友人も行っているし、おもしろそうだから」などの理由で決めて選択していたからです。何か夢や目標があったわけではありません。

そんな行き当たりばったりの私にも大学4年生になって就職活動も本格化し、真剣に自分の将来を考える時がやってきましたが、特に心を引く仕事や会社もありませんでした。

そんなくすぶった毎日を送っている時に自分の人生において大きな事件が起きました。

妹が白血病に罹り、この世を去ったことです。

白血病などの病名は映画やドラマの中の話でしか聞いたことがなく、まさか身内からそのような病気が発症するとは思いもよらなかったので、はじめはただ、うろたえる事しかできませんでした。

しかし、その間にも病気は信じられない速度で悪化し、日に日に目も当てられぬ程にやつれていく妹を見て、何も出来ぬ自分を呪いました。 そして、それと同時に「医療」というものに、とてつもない関心を持つようになり、「自分自身の生涯を懸けてでも、何らかの形で妹と同じように病気で苦しむ人達の役に立ちたい」 と思うようになりました。

そして医療業種で数ある中の企業から、「大切なひとを守りたい」と非常に単純明快でいて、強固な意思を感じるキャッチコピーに目を引かれ、そしてその言葉通りのまっすぐな心を持つ社長の人間性、感染管理という非常にリスクの高い困難な問題に取り組む事業内容に共感し、弊社を志望するようになりました。

今はまだ全く医療の知識も無く、患者様、病院様のお役に立てませんが、気持ちだけは人一倍あると思います。

1日も早く、「患者様の気持ちに近く寄り添えるIC-R」となれるよう精進いたします。

皆様、今後ともよろしくお願いします。

2010年03月17日 15:57

技術部の庄司です

こんにちは、技術部の庄司です。

気が付けば私の順番になっており、そして気が付けば今年ももう3月ですね。
この時期を乗り切って、5月の連休前あたりには落ち着いて・・・なんて毎年思いますが、あっという間に1年が過ぎて行き、どんどん歳を取って行く・・・・んでしょうね?

気が付けばこの業界に入って12年、モレーンに入社して5年。
昔から知っている弊社草場・多湖・樋掛…。私も含めみんな、子供が成長したり、 家族を持ったりと変化してきた中、「家族には癒されるぞ」と言われてた数年前までは、 何の実感も無かった私ですが、家に帰るとどんなに疲れてても疲れを取ってくれて、 パワーを貰える家族に感謝しているのと、今その言われた事がしみじみと理解できます。

気付かないうちに、意識せずに無償で出来ていくもの、 それが“絆”なんだなぁと感じている今日この頃です。

2010年03月11日 18:45

仲間

ご無沙汰しております。
モレーンコーポレーションの吉井です。
この度のブログは私吉井が書かせて頂きます。

突然ですが、みなさんは仲間っていいなって思ったことがございますか?
僕は最近仲間っていいなって思った事があるんです。
今回ちょっと紹介させて頂こうと思います。

モレーンに入社して早一年が経とうとしています。 やっと自分の仕事も増えてきて、最近は遅く帰る事も増えてきている今日この頃ではあるのですが、東日本営業の仲間と遅くまで「あーでもない、こーでもない」、時にはくだらない事を話しながら、仕事をしている時間がたまらなく安らぐ時間になっていた事に気付いたのです。
疲れているにも関わらず気が落ち着ける仲間がいるって、本当にいいなって思いました。

若い営業の多い東日本ですが、Sマネージャーを中心とした抜群のチームワークで、より仕事に励んで行きたいと、改めてこのチームに入れた幸せを感じております。

2010年02月17日 10:54

五輪

先日2月12日(日本時間2月13日)バンクーバーオリンピックが開催されました。
オリンピックの象徴でもある五輪のマークは誰もが知っていることだと思いますが、意味はご存知でしょうか?

世界5大陸(ヨーロッパ・アジア・アフリカ・オセアニア・アメリカ)と、 五つの自然現象(火・水・木の緑・土の黒・砂の黄色)と、 スポーツの5大鉄則(情熱・水分・体力・技術・栄養)を、 原色5色と5つの重なり合う輪で表現したものだそうです。

これら5つは全て大切なものであり、何一つ欠けてはならないものです。
自分の身の回りにおいても同じこと。

自分一人が頑張ってみても一人では何もできず。
みんながひとつとなって初めて互いに力を引き出し、 高め合いながら目標に向かっていく。
それを忘れないよう日々努力をしていきたいと思います。

とは言っても、理想と現実は違うもの、なかなか難しいですね・・・。
先日惜しくもメダルを逃したモーグルの上村愛子選手も「なんでこんな一段一段なんだろう」と悔しい思いをされておりましたが、一段ずつでも上へ上へ向かう彼女には感心です。

ところで昨年、前回の冬季オリンピックの開催地イタリア トリノに行ってきました。
トリノはカフェ発祥の地、チョコレート、フィアットで有名なのですが、日本での認知度はまだ低いようです。トリノに行くと言っても「どこ??」と言われてしまうことがほとんどで、「オリンピックが開催された都市」と言っても何となくしかわからず、最後に荒川静香選手の名前を出して、ようやくわかってもらうことができました。

写真のカフェマキアート(エスプレッソにスチームドミルクを注いだもの)は前日訪れた私を覚えてくれていたバリスタがサービスで絵を描いてくれたもの。そんなたわいもないサービスも嬉しく感じました。

トリノはピエモンテ州の州都でもあり、とても大きな都市で、見どころもたくさんありますので、機会があれば是非訪れてみて下さい。
私もまた行ってみたい街の一つに記録しておきました・・・。

仲野

2010年02月09日 17:26

ブルー・ゴールド

「すべての人の幸福がなければ、個人の完全な幸福もない」
ある哲学者の言葉が、いつも私の頭の中にあります。

週末、ブルー・ゴールドという映画を見に行きました。
水質汚染と水の民営化の問題を描いたドキュメンタリーです。

地球が保持する「水」。
うち97%は飲むことのできない海水で、
淡水は残りの3%のみです。

更に、そのうち2.5%は汚染されており、飲料水として利用
できるのは、地球上の水のうち0.5%にも満たないそうです。

「水」は地球の財産。
地球のものであって、人間のものではありません。
しかし人間はこれを汚し続けています。

更には、値段をつけプラスチックのボトルに入れ、
利益を生む商材として扱っています。

おかげで、命の必需品が裕福な人によって
独占される状況となっているのです。

私はカンボジアに1ヵ月滞在したことがあるのですが、
スラムの横を流れるミルクティーみたいに濁った川で
子どもが泳ぐのをよく見ました。

「すごい免疫」とも思ったのですが、

川から上がってきた子どもの頭をなでると、
頭皮がただれているのに気がつきました。
いつも目から膿が出ている子もいました。

そういえば、「水」を「土地」に置き換えて、
歴史上同じような例があります。

アメリカ大陸はヨーロッパ人によって買い取られた土地です。

1854 年、アメリカ政府が先住民族より土地を買い進めていた時代、
土地を追われたある先住民族の酋長が、当時の大統領へ宛てた手紙に
ブルー・ゴールドと同じような内容があります。

The earth does not belong to man.
Man belongs to the earth.

All things are connected
like the blood that unites us all.

Man did not weave the web of life,
he is merely a strand in it.


「大地」は地球の財産。

水脈は、地球にとって血管のようなものです。

汚染は食い止めねば、あっという間に感染が広まります。

遠く離れた国で誰かが、
痛みを味わうことになるのです。

ちなみに…

ご紹介しました映画は、以前モレーンが入っていたビル、
ポレポレ東中野でも公開されています。ご興味のある方はぜひ。

東京営業本部 早水

2010年01月27日 09:33

環境感染学会でお待ちしています。

本日は第25回日本環境感染学会総会のご案内です。
現在、社内では今年も全国の感染対策に関わる皆様へ、新しいモレーンをお見せしよう!と忙しくもとてもわくわくした気持ちで準備を進めています。

第25回 日本環境感染学会総会(グランドプリンスホテル新高輪)
会期:2010年2月5日(金)、6日(土)
http://jsei2010.umin.jp/

(主なイベント)
2/5(金)~2/6(土)9:00~ 国際館パミール3F 展示会場1     

新製品:二トリル検査用グローブ”グレイシア” 発表試着会!
~これまでにない、二トリル製グローブの着用感を是非お楽しみ下さい~

2/6(土)12:00~13:00 国際館パミール3F 第2会場
(当日券は国際館パミール1F、総合受付横で配布します)

教育セミナー14(ランチオン)
演題:『APICの最新戦略2010:新型インフルエンザ、結核、アスペルギルス対策の実際』
演者:Russell N.Olmsted, MPH,CIC APIC2010次期会長(同時通訳)
司会:砂川慶介(北里大学生命科学研究所)

いつもモレーンの感染対策用製品を使って下さっているお客様に、情報提供や商品提案にICRが押しかけても忙しい時間を割いて話しを聞いて下さっているICNの皆様に、 病院の為に患者さんの為にと昼夜なく走り回って下さっている関係業者様に、これからお会いするお客様に。
何よりも皆様にお会いできることを楽しみに、モレーンは皆様のご来場を心よりお待ちしています。

2010年1月27日
学会準備チーム: 樋掛明洋

2010年01月20日 15:04

初めまして!!

皆様、初めまして。。。
12月21日よりご縁があって、営業サポートとして九州支社に仲間入りさせていただくことになりました、浅田奈央と申します m(__)m

現在32歳、やっと本厄を脱出したものの、後厄というものに入ってしまい、後一年の辛抱というところ(笑)
そんな厄など全く気にもしなかった私ですが、立て続けになんだか嫌なことが起こり、夏が終わって季節は食欲の秋・・・食べることが大好きな私は、美味しいものを食べ楽しいはずの毎日が、なぜかまたまた不運なことが・・・これはまずい!!と思い、もう冬に近づく寒い日・・・ちょっと厄払いとやらに行った矢先、モレーンに出会いました。
厄払いに行ったから、きっといい事が起こったのでしょう。。。
面接も九州支社の雰囲気も、今でも忘れられないくらいの言葉に出来ない温かい空気を私は感じました。


しかし、恥ずかしながら実はまったくこの世界が初めての私であり、毎日が刺激と勉強の日々です。 そんな私は、九州支社3名のICRに丁寧に教えていただきながら、のびのびと働かせていただいている次第です。
まずは、馬場さん…九州支社一番のハイテンションで、一緒に居る私も気分が良くなる程元気をもらっています。そして、年末なんととても大きなお買い物をしました!!(笑) かっこいい~!!ですね。
そして、原田さん…私のどんな質問にも優しく丁寧に答えてくれています。 サラサラヘアが気になるそうで、先日髪を切ってこられた事に私は気付かず、 「髪切ったの分かる?」と少し照れながら聞かれました。これからは、必ず気付きます!!(笑)  天然パーマの私にはサラサラヘアは憧れです。。
最後に、支社長の上河さん…入社してまだ一緒に働かせていただいたのは数日間ですが、 口数は少ないながらも、上河さんの人間性の良さを身に染みて感じています。

毎日本当にありがとうございます、感謝感謝です。

そんな素敵な3名の下、皆様にフォローしていただきながら、今は悪戦苦闘で毎日を過ごしていますが、これから日々営業サポート業務は勿論、感染においても勉強を重ね、九州支社を盛り上げていけたらと思います。

先日の今井さんのブログにも今年の運勢が書かれてありましたが、私は初詣の御神籤で なんと凶を引いてしまいました。。こんな日に凶なんて…と思いながら、読まずに神社に… 常にポジティブ精神の私はそんな事も気にもせず、今年一年習得の年とし、頑張っていきたいと思っています。

なんだかまとまらなくなってしまいましたが。。。
皆様、どうぞ宜しくお願いします!!

2010年01月13日 11:07

新年のご挨拶

皆様、新年明けましておめでとうございます。

モレーンの五黄(“豪”ではありません)の寅、今井です。

去年12月11日よりご縁あって、東日本営業部でICRとして、モレーンのチー ムに入れていだきました。 大学時代は、都市計画及び環境政策を学んでおりましたので、全くの畑違いです が、入社以来毎日新しい知識に触れ、刺激あふれる日々を過ごさせていただいております。

年明け、縁起担ぎにと高島易断の神宮宝暦を購入し、年女ということもあって期 待していたら、どうやら今年の運勢は「調整期」。△がついていました。曰く、「千里の道も足下から。苦労は買ってでもしろというが、今年は失敗は避けた方がいいでしょう」とのこと。また、「頼りになる先輩の話をよく耳を傾け、謙虚に将来の計画をたてよ」ということでした。というわけで、五黄の寅といえど、今年はまめまめしく、コツコツと頑張る1年にしたいと思います。

さて、オフィスでは今、来月2月に行われる日本環境感染学会に向けた動きが始まっています。 ご案内をさせていただきたく思います。

当社社員が一丸となって開発しております、ニトリルグローブグレイシアもお見 逃しなく!!

2009年12月28日 15:16

2009年の締めくくり

2009年もあとわずかです。今年の締めは、画像で振り返る1年です。ちょっと長いのでスクロールしながらおつきあい下さい。

1月 年末にドタバタと新オフィスに引っ越し、2009年は正式に新オフィスでの業務開始となりました。セミナールーム『Darwin』は社内外問わずご活用いただいております。 モレーンスタッフブログ多湖 東京本部の玄関です。

2月 環境感染学会では普段なかなかお会いできない方々にお目にかかれました。来年の学会でも全社一丸となって頑張ります。 モレーンスタッフブログ多湖 ランチオンセミナー風景。

3月 モレーンイブニングセミナーを開催しました。空気管理と新型インフルに関する内容でしたがまさかその翌月からあのような事態になるとは、、、。 モレーンスタッフブログ多湖 プライベートイセミナー風景。(品川) 多数の方々にご参加いただきました。ありがとうございました。

4月 今年も新入社員の季節です。モレーンにも国内新卒者3名が加わりました。 モレーンスタッフブログ多湖 左から、吉井、早水、深澤の3名です。よろしくお願いします。 モレーンスタッフブログ多湖 モレーンの東京本部のすぐ近くに神田川があります。桜の季節はこんな感じです。左の建物(ユニゾンタワー)の3Fに東京本部があります。

5月 連休直前に突如飛び込んで来たH1N1のニュース!その後の混乱と経過は皆様ご存知の通りです。また、医療機器学会では環境感染学会で初紹介し、4月から国内発売を開始したミンティに注目が集まりました。 モレーンスタッフブログ多湖 学会展示の後片付けで、なぜだか大喜びでマネキンのカバーオールを脱がせているのは誰でしょう。(吉井君でした) 後ろでPAPRをかぶってうろうろしているのはひょっとして九州支社長!?

6月 関西支社に森君が入社しました。関西地区もドンドン強力になって行きます。 モレーンスタッフブログ多湖 関西支社の森(左)をよろしく。(営業合宿で)

7月 関西の川口支社長が腰痛治療からほぼ現場に復帰しました。昨年に続き、今年も入院体験者の誕生です。貴重な体験でしたね。 モレーンスタッフブログ多湖 モレーンスタッフブログ多湖 川口支社長の入院時の髭面です。モザイクかけてみましたがかえって怪しいので両方ご覧ください。ちなみに彼は朝晩髭剃り必要だそうです。

8月 7月決算のモレーンでは8月から新期です。今期から執行役員制度を取り入れることになり、9月から市川、多川、川口、樋掛の4名が新執行役員となりました。期待しています。 モレーンスタッフブログ多湖 11月にはお客様へのご案内も出しました。

9月 東海支社オープン! 多川支社長が東京から赴任し、新たに星君の入社で東海地区もどんどんパワーアップです。そして東京には金森君が入社してきました。業界は違いますがコンサル経験者ですので既に神奈川方面を担当しています。杉山マネージャーのチームもどんどん強力になりますね。 モレーンスタッフブログ多湖 まだ事務用品の揃っていない東海支社で働くポーズ!?は星君です。

10月 京都に出張した際、偶然八坂神社の『観月祭』を見ました。 モレーンスタッフブログ多湖 不意に目の前に現れた光景にしばし見入ってしまいました。

11月 HOSPEXの翌週、ヨーロッパ2カ国に出張しました。毎年の様にこの時期にドイツを訪れますが、年々暖かくなっているような気がします。 モレーンスタッフブログ多湖 お昼頃なのにこんなに長い影が。左はライン川。(デュッセルドルフ)

12月 今期の新卒(留学組)の今井さんが東京本部に入社しました。配属は杉山マネージャーのチームです。また、九州支社にも浅田さんが入社です。二人には来年ブログに登場していただきます。

あまりにも良いお天気だったので、お昼に東京本部のすぐ近くの神田川沿いを少し歩いてみました。 モレーンスタッフブログ多湖 4月の話題のところで紹介した桜の画像撮影場所の近くです。2010年の桜が今から楽しみです。

モレーンスタッフブログ多湖
画像ではちょっとわかりにくいですが『神田川』の歌詞を刻んだ石碑があります。(最近の若者は『かぐや姫』知っているのかな)その奥にユニゾンタワーが見えています。

モレーンスタッフブログ多湖
で、振り返ると彼方に新宿のビル群。ちょっと頑張れば歩いて行けます。

結局2009年を振りかえればいろいろな事がありました。新型インフルエンザ、環境問題、金融危機、政権交代、事業仕分け、社内に目を向ければ、新規営業拠点のオープン、新しい仲間の入社、新製品の発売開始、学会やセミナー。いつものように、良い事もそうでない事もたくさんあった今年ですが、 2010年、やっぱりいつものように今からワクワクしています。

それでは皆様、良いお年を!

多湖

2009年12月16日 16:52

もう年末ですね

今回で3回目のブログ登場になります川口です。

今年も残すところあと僅かになりました。本当に月日が経つのは早いものです。 歳を重ねる毎にその早さを感じます・・・。

平成21年は年明けから年末まで、流行語大賞にもノミネートされるほど社会問題になった『新型インフルエンザ』に振り回される年でした。夢にまでサージカルマスクが出て来きた時の朝は本当に辛かったです(苦笑)。ただ来年以降も当初警戒していたH5N1型のパンデミックに備えて対策を練り、準備しておく必要はあります。弊社が少しでも医療施設の感染対策の更なる質の向上に寄与できれば幸いです。

また今年はプライベートの面でも特に印象に残る年となりました。 まずは次男坊の誕生。夜泣きは長男の時以上なので睡眠不足の日々ですが可愛いものです。自宅に帰った際には、アライグマの如く、今まで以上に手洗いに励む今日この頃です。それから前回のブログにも書きましたが、今年初めての入院&手術を経験しました。改めて入院中にお世話になった病院関係者の方々、そして入院中にフォローしてくれた弊社スタッフに感謝しております。もう身体も若くないなあ・・・と考えさせられました。

そんな年の瀬に、私が東京担当だった頃にお世話になった看護師さんがお亡くなりになったと突然訃報が入りました。今年の9月にお会いした時はお元気だったので本当にショックで。いつも笑顔で優しく接していただいた方で、私が提案していた製品がその方のご尽力で決まった時は、その方は転勤で別病院へ移動されていました。ある学会でお会いした時に『私の置き土産は喜んでくれた?』と話しをされた時の笑顔は今でも忘れられません。本当に残念です。ご冥福をお祈り申し上げます。

少し早いですが、今年も色々とお世話になりました。 来年も宜しくお願い申し上げます。

2009年12月09日 10:02

名古屋を満喫してます・・・

今回、ブログを担当させて頂きます。東海支社の多川です。

9月1日付けで名古屋に転勤になり東海支社を立ち上げる事になりました。

東京より出張にて訪問していたエリアなので特に仕事的には問題はないのです がプライベートが大変です。

この年になって単身赴任での一人暮らし。 まだ、生活が始まって3ヶ月ですが妻の大変さを痛感しました。自宅に帰った際に妻に「いつも有難う」と感謝の気持ちを言った即座に「何や急に気持ち悪い!」と言われてしまいましたが普段中々素直に言えない自分なのでこのような機会に感謝の言葉を言えて良かったです。

あと土曜日のお昼の12時から吉本新喜劇を見られた事に感激感激感激でした。

東京に住んでいるとベタな笑いがなく元々大阪出身の自分には少し寂しかった ので「非常に嬉しいじゃ~あ~りませんか?」といった感じです。

仕事の部分を苦労しながらもお客様に支えて頂きながら日々頑張っています。

東海エリアの医療従事者の方・販売代理店の方へ これからこのエリアの院内感染を撲滅できるように日々努力いたします。

「大切な人を守りたい。それが目的。」です。

東海支社 多川 浩人

2009年11月25日 09:45

視点が変わった!?

東京ビックサイトにて開催されたHOSPEX JAPAN2009も無事終了し、同日に開催させて頂いたモレーンアカデミー タイトル:『空気感染性病原体の封じ込め対策』にもたくさんの医療施設様や代理店ご担当者様がお越し頂きました。この場を借りて改めて御礼申し上げます。大変お忙しい中お越し頂きまして誠にありがとうございました。

私としては、この開催を機会に新しいお客様と出会う為、体調管理など満を持して望んだにも関わらず、関西における支社内で発生した風邪に患い(一部社員から新型インフルエンザではないかと疑いもかけられ‥‥)他の社員と少しスタートが出遅れてしまいました。風邪を持ち込んだ社員は、今ではケロッとしておりますが、改めてサージカルマスクの必要性や有用性を思い知らされた次第です。

ところで、私の住んでいる街の駅が 9月より下り線のみ高架化され、改めて高いところから街並を見ると、子供の頃イメージだけで描いていた通学路が、『ふ〜ん!?こういう風になってたのか。あれっ少しイメージとは違うな〜!』と新しい発見に声を出して頷いてしまいました。昔のとんがり屋根の駅近辺には神社があり、この時期秋祭りでは、数百の屋台(子供の頃だと数百あったように思えてならなかったのですが?)が立ち並んでいた光景も今は昔‥‥。 私の子供は、この高架駅の風景が当たり前になり、また良い意味でも悪い意味でも人は進化し続けるのか?となぜかしら郷愁に浸ってしまいます。だけど視点を変えるとは本当に言ったものですね。今まで自分達が慣れ親しんだ景色が変化し、空気すら新鮮に感じてしまいます。皆様も少し悩んだ時には、高〜いところに上り、視点を変えると新しい発見があるかも知れません。

モレーンスタッフブログ市川

『このレールどこまで伸びていくのかな〜!?』

モレーンコネクト  市川

2009年11月18日 10:25

多数のご来場、誠にありがとうございました

はじめまして。東海支社の星と申します。

先日のHOSPEXでは多数の皆様にご来場頂き、誠に有難うございました。

お忙しい中プライベートセミナーにご出席頂いた皆様と、講演をして頂いた満田先生にも厚くお礼申し上げます。本当に有難うございました。

エンドユーザーである病院様や、販売代理店様から頂いた貴重なご意見を基に、 モレーンコーポレーションは今後も『感染制御』をキーワードとして様々な製品 をご紹介するだけでなく、運用面でのお手伝いもさせて頂きます。今後とも何卒 宜しくお願い申し上げます。

ここで簡単にではございますが、東海支社のご紹介をさせて頂きます。

東海支社は、2009年9月に立ち上がったばかりの支社で、愛知、岐阜、三重、静岡が担当地域となります。現在は多川支社長と私の二人三脚で、この東海エリアの皆様に『モレーンコーポレーション』という会社を知っていただき、院内感染という悲劇がなくなるように日々飛び回っております。

東海地方そして全国の皆様、感染でお困りの際はお気軽にモレーンコーポレーションまでお問い合わせ下さい。今後とも皆様のお役に立てるよう日々精進してまいりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

2009年11月11日 14:09

お初にお目にかかります

和歌山と大阪南を担当している森と申します。

モレーンコーポレーションに入社したのが6月ですので早くも5か月経ちました。 日々勉強の毎日を過ごしております。

今年私は新型インフルエンザに伴い空気感染隔離ユニット他新型インフルエンザ に対する製品を中心に感染に関わる製品を各御施設様において紹介させて頂いて おります。

此度11月11日から13日までHOSPEXという医療機器の展示会においても新型インフ ルエンザに関わる製品などを展示させて頂いております。開催中ですので是非ご 覧頂けたらと思います。

また12日にはモレーンアカデミーを開催しており、新型インフルエンザに対する 情報などを発信させて頂いておりますので起こし頂けたら幸いに御座います。

皆様のお越しを心からお待ち申し上げております。

感染管理に関わる製品なども併せて展示しております。建て替えなどをお考え の御施設様も御参考にして頂ければと思いますので是非宜しくお願い致します。

関西支社

2009年11月05日 12:26

迫る!HOSPEX Japan2009 迫る!新年

ついに来週に迫りました東京ビッグサイト・東展示棟で開催されますHOSPEX!今年も残すところ2ヶ月を切り、おそらく今年最後で最大の展示会になるかと思います。

今年は皆様もご存知の通り、危惧されていた新型インフルエンザがついに発生、現在に至るまで多くの国々で感染を引き起こし、今も尚拡大中でございます。国内においても、ここ1、2年で、全国民の50%以上の方が感染するのではないかと予想されており、引き続き国や自治体をはじめ、医療に携わる業界全体で対策が練られていくことと思います。

特にモレーンコーポレーションは院内感染を防ぐために存在する会社。その存在意義を示すべく、最新の情報と、最新の院内感染対策製品をHOSPEXでは展示致します!

HOSPEX,院内感染,新型インフルエンザ,Mintie,空気感染,NIOSH,CDC,モレーンスタッフブログ馬場

また、展示だけでなくHOSPEX展示会場で開催される集中展示企画においても、ミニセミナー「空気感染対策 Mintie社製品のご紹介~結核から新型インフルエンザまで」と題し、最新の院内感染対策を御提案させて頂きます。

何を隠そう・・・私がそのプレゼンターとして今回発表をさせて頂きますが、このブログをご覧頂いている方に特別に先行して内容をこっそりお教え致します・・・。

ポイントは二つ!一つがインフルエンザの感染経路について・・・現在はご存知の通り接触・飛沫感染で対策をされていると思いますが、果たしてそれで足りているのか・・・新しい実験結果の報告がNIOSHから発信されております・・・それによると・・・。 二つ目!!今後皆様も今後目にされるであろうCDCガイドライン・・・エンジニアリング・コントロール(特に空調に関して)について・・・。

以上ですっ!(笑)

歯切れの悪い文章ですが、もちろんセミナーではより具体的に解りやすくご紹介させて頂きます。是非ご来場下さい!

最後になりますが、ちょっと早いですが今年もお世話になりました医療従事者の皆様並びに代理店様、協力会社様へ 「ありがとうございます!m(><)m!」

引き続き御寵愛頂ける様、邁進して参ります!来年もよろしくお願い致します。

九州支社 ICR 馬場 正博

2009年10月30日 14:56

そういえば・・・

ご無沙汰しております。東京営業本部 岡本です。
皆様、お風邪をお召しになられておりませんでしょうか?

思えば、入社してもうすぐ3年が経ようとしております。
入社してまもなく最初の大きな仕事は環境感染学会の展示会でした。
その際に任命された大役が、

モレーンスタッフブログ岡本,PAPR

ご存知の方もいらっしゃるかと存じますが、
PAPR(Powered Air-purifying Respiratorの略)の着用でありました。

ご存知ない方は下記URLを御覧下さい。ここにも私が登場しております。
http://www.moraine.co.jp/products/airbornecontrol/bullardpaprpa.html

導入施設に関しましてはこちらから
http://www.moraine.co.jp/casestudy/ooitakodomo_papr.html

まだ入社して間もなかった為、PAPRに関する有用性については全くの無知でありましたが、実際に現場でN95マスクを着用される医療スタッフの方々を拝見する度に、PAPRが空気感染予防策として非常に有用な対策であると実感しております。実際にN95マスクを装着しながら事務処理をしていた際、苦しさとともに大粒の汗が額を幾度となく走ったのを覚えております。(何もしなくてもいつも汗をかいていると突っ込まれてしまいそうですが…)

ともあれ11月に催されますHOSPEX Japan2009では、汗をかきながら 私も展示ブースにおりますので、その際はお声かけ下さい。
(もちろんハンカチ片手に)皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております。

岡本 毅志

2009年10月16日 09:44

HOSPEX Japan2009 ~結核から新型インフルエンザまで

こんにちは! 関西支社の山本です。

先週のブログで紹介ありました通り、11月11日(水)~13日(金)に
東京ビッグサイトにてHOSPEX Japan2009が開催されます。
(12日~13日には同会場にて東アジア感染制御カンファランスも開催)

集中展示企画の中でも、ミニセミナーとして、
空気感染対策「ミンティー社製品」紹介 ~結核から新型インフルエンザまで
のタイトルで13日(金)の13:40~を催させていただきます。

新型インフルエンザの対応等でお忙しいかとは思いますが、新型インフルエンザ対策製品だけでなく、感染対策に関わる数多くの製品を展示しておりますので、是非ミニセミナー・ブースの方にお越し頂きたく思います。

宜しくお願い致します!!

2009年10月07日 11:04

運命のいたずらでタイムスリップした男

大沢たかお主演のTBSドラマ、
日曜劇場「JIN-仁」に注目しています!

『JIN-仁-』は、現在「スーパージャンプ」(集英社)に連載され、
圧倒的な人気を誇っている作品。幕末の江戸へタイムスリップしてしまった
脳外科医・南方仁が、満足な医療器具も薬もない環境で人々の命を救っていき、
その医術を通して坂本龍馬・勝海舟・緒方洪庵ら幕末の英雄たちと交流を深め、
いつしか自らも歴史の渦の中に巻き込まれていくという、壮大なストーリー。
JINのホームページより)

普段、医療ドラマを見ることのない私ですが、このドラマには興味津々です。

というのも、「医療」と付くものに、最近やたらと敏感に反応してしまう。。。
実は、医療業界に入ったのがつい二週間前なんです。

申し遅れましたが、今回のブログを担当させて頂いております、
金森(カナモリ)と申します。

なかなか金森という名前はいませんが、
私の知りうる著名人では、元ヤクルトスワローズの代打の切り札である
金森栄治選手くらいかなと思います。
(いぶし銀の仕事をするいい左打者でした。)

簡単に自己紹介をさせていただきますと、
埼玉県上尾市出身。
最近の趣味はマラソンです。
ダイエット目的で始めて以来ハマってしまいました。

前職は企業の採用、研修、営業活動を支援する会社に勤務しており、
縁あって9月半ばからモレーンの一員となりました。
不慣れながらも、正確かつ最新の感染対策情報をお届けするべく日々奮闘しております。

主な担当エリアは神奈川、山梨になりますので、
今後どこかでお目にかかる機会がありましたら、
その際は、よろしくお願いいたします!

最後に、モレーンコーポレーションから一つお知らせがあります!

来月11月11日(水)~11月13日(金)に東京ビッグサイトで開催される、
医療・福祉施設のための専門展示会「HOSPEX JAPAN(ホスペックスジャパン)」
にモレーンも出展いたします。
▼「HOSPEX JAPAN(ホスペックスジャパン)」
http://www.jma.or.jp/hospex/JP-top/jp-top.htm

詳細は来週以降、このブログでご案内しますが、
日々感染対策の最前線でご活躍されている医療従事者の方からも
「面白かった!」と評判のイベントです。

会場に足を運ばれる際には、
是非モレーンのブースにもお立ち寄り頂ければと思います。
多くの皆様のご参加をお待ちしております!

2009年09月30日 11:00

Camping2009 in Lake Onogawa

“We’re gonna sink!! We’re gonna sink!!”(ヤバい、沈んでまうぞ!!)

湖の真ん中でパニック状態の友人が大きく目を見開きながら叫んでいた。


シルバーウィークの初日から、私は友人らと福島の小野川湖へ2泊3日のキャンプへ出かけた。約一ヶ月半の準備期間で綿密に計画された今回の旅は、とんだハプニングから始まったが、最高の作品に仕上がった。

9/19
早朝の出発直前まで最終準備に追われていた私は、睡眠不足の状態で環七を車を高円寺まで走らせた。友人とこれ以上詰めようのない荷物のピックアップをなんとか完了させ、いざ福島のロングドライブへと出発。

心配された渋滞もなく昼過ぎには現地へ到着し、休む間もなくテント設営班と食材調達班に分かれてそれぞれ作業に取り組んだ。日が暮れる頃には次から次へと出来上がる焼きたてのハンバーガーが一人一人に配られ、腹ぺこのクルーはがっつきはじめた。

満点の星空に流れる天の川を見上げながらの美味しい食事と酒とキャンプファイヤー・・・、これこそ平和である。

まさに絵に描いたようなキャンプの初日は、心配された台風の影響もなく最高のスタートを切ることができた。その後深夜まで続いた宴も終了し、一人また一人と床についた。

9/20
強風でテントが暴れ狂う音で目が覚めた。
やがて太陽が昇り終わる頃には風もおさまり、天気にも恵まれた。

朝食を軽く済ませた私の頭には憧れのホワイトビーチでの日光浴しかなかった。始めて日本の自然に触れる友人を半ば無理矢理誘い、勇み足でカヌーを漕ぎ始めた。ところが岸近くでグルグルと旋回するのみで全く前に進まない。二人とも全くのド素人なので当然である。

やがて前に座っていた友人が「ポジションをスイッチしようぜ!」と言った。嫌な思いがふと頭よよぎったかと思ったが時既に遅し、カヌーが傾きはじめた。

私が体重移動でなんとか立て直そうとするも、地球の重力には逆らえず、それは実現してしまった。

みるみる船底に水が溜まり、カヌーが沈んでいく。

湖面から顔を出した友人が大きく目を見開いて横で叫んでいる。
その表情を見た私もさすがに怖くなってしまったが、「大丈夫!大丈夫!」と自分に言い聞かせ冷静を保とうとしていた。

「カヌー引っ張って岸まで泳ぐぞ!」と、靴に水が溜まって湖と一体になっていた足をなんとかバタつかせ始めた時、近くでボートで釣りをしていた夫婦が救出に来てくれた。

「助かったぁ・・・。」

救出船を出せる全力の握力で掴み、草場さんに怒られたくない一心がそうさせたのか、ありえない力が入った直角の足首で水中のカヌーを引っ掛けながら岸まで引っ張ってもらった。
ようやく足が届く深さまでたどり着き、岸辺で大爆笑していた友人に迎えられた。(しかも撮影までされていたとは・・・)

そのような状況下でも私の顔に密着していた相棒のレイバン(さすが男のサングラスである)の存在を確認して安心したところで、ずぶ濡れの服を脱ぎ始めた。お約束の言い訳の言い合いもほどほどにし、テントに着替えにいった。

内心落ち込みまくっていたが、「いや、これ結構オモロいぞ」と強引に自分を励ましてもみた。そうこうしているうちにやがて気分も落ち着き始め、気晴らしも兼ねて、こちらも初体験のフライフィッシングに出かけた。

午後からは別の友人と再度カヌーで夢の地を目指した。
もう怖いものは何もない。
さきほどの失敗から学んだ経験を生かし、順調に湖を一周する事ができた。

9/21
心地よい目覚めとともにテントを出るとそこには目を見張る光景が広がっていた。
霧の立ちこむ湖面・・・言葉にならないくらい美しい風景である。
来て良かったぁ。
別の友人たちは既に出かけたらしく、そこにカヌーはもうなかった。

私も早速釣り竿を携え、渓流に足を運んだ。
しばらくキャスティングを繰りかえしていた時に、ついにやった!!
やはり神様は見ていてくれたのだ。何とも言えぬ感触に一人で雄叫びを上げた。
満足気にテントへ戻って行った時には既に食事の準備が整っており、全員で湖の波打ち際にテーブルとイスをならべて最後のひとときを味わった。

やがて都会という現実に戻る時間は無情にもやってきた。
帰省ラッシュによる大渋滞で約11時間をかけて東京へ戻り、車の返却を済ませ、家に着いたのは朝4時。数時間後疲れもとれぬまま目を覚ませ、私の家に滞在していた“良き”カヌーメートはアメリカへ帰国していった。
私はまたベッドに倒れ、その日は目を覚ます事はなかった。

9/22
起きても思い出すのは最高の8人の仲間と過ごしたキャンプの事ばかり。
全力で遊んだ。めちゃくちゃ疲れた・・・。
でもこんな疲れならいくらでも大歓迎だ。
今回のキャンプではほんとうに多くの事を学ぶ事ができた。

あのメンバーの中で、誰か一人でも欠けていればこんな最高の時間を
過ごす事は出来なかっただろう。

夏休みの間業務を代わりに行って頂いたモレーンスタッフの皆さん、たくさんの情報とカヌーのキャリアを提供して下さった技術部の鈴木さん、それからカヌーとキャンプ用品一式を提供して頂いた社長の草場さん、エミさんに心から感謝申し上げます。おかげさまで最高の夏休みを過ごさせて頂きました!!

藤川 聡


キャンプの写真 on flickr

ハプニング動画1
ハプニング動画2
ハプニング動画3

2009年09月28日 12:10

「夏期休暇の過ごし方」Pt.4

こんにちは。東京営業本部の杉山です。

夏期休暇の過ごし方という題名でしたが、まだ休暇をとれていないため、急遽シルバーウィークでの出来事を記載させて頂きます。

9月下旬から10月上旬にかけて、新型インフルエンザがピークになると聞いていましたので、それを避ける為、ウィーク中はほぼ家で寝ていたのですが、新型ウィルスより恐怖の物体が出現いたしました。それは・・・

      

スズメバチ科のフタモンアシナガバチという奴です。

モレーンスタッフブログ杉山

生態に関しては夏から秋にかけて出現するハチで、今が一番活動的な時期らしく、私が外に出たら急襲してきました。 ぶんぶんぶん~♪ハチがとぶ~♪近所の子供、全く笑えません。しかも、巣を作っている場所が、外に置いてあったラックのキャスター部分でした。

正直かなり怖かったのですが、1日悩んだ挙句退治しようと腹をくくりました。

まず初日は、ハチの行動パターンを知るためにサーベイランスを実施。日中は活動的ですが夜中はあまり活動的ではない為、夜中決行することに決めました。

夜中1時過ぎに颯爽と家に備蓄してある新型インフルエンザ用カバーオールセットを引きずりだし、EN14126準拠・Type4,5&6のカバーオール、EN166規格準拠のゴーグル、サージカルN95マスク、ニトリルグローブの2枚重ねを装着。
しかしハチ退治にはEN規格カバーオールもN95も全く関係ありません。針を通すか通さないかが重要になりますので、良い子の皆様、絶対にマネをしないで下さい。

モレーンスタッフブログ杉山

             

ハチ退治作戦としては、巣があるキャスター部を袋で密閉させ、これ以上ハチが増えない巣全体を封じ込める。その後、少し弱らせてからスプレーにて駆除の予定でした。
キャスター部は全部で4つあり、そのうち2つがハチによって占拠されていました。片方封鎖しても、もう一方から攻めてくるので両方同時に封鎖することを実施。少しは逃してしまいましたが、ほぼ捕獲することに成功しました。後日スプレーを買いに行き、夜9時過ぎにハチ封じ込めキットからカバーオール等のPPEに着替え、最終決戦を決行しようと袋を退けてみると、殆どハチがいませんでした。。。しかし、10匹程はいたので、スプレーを撒き散らして退治しMission達成。感無量でした。


しかし、夜遅くに怪しい格好をし作業していた為、ご近所の方々の視線がとても痛かったです。ご迷惑をお掛けいたしました。


杉山貴之

2009年09月17日 18:32

「夏期休暇の過ごし方」Pt.3

天下御免をご覧の皆様、こんにちは!今回は九州支社馬場がブログを執筆させて頂きます。

モレーンスタッフブログ馬場

さて、この夏私はガラパゴス諸島で有意義な時間を過ごしてきました・・・。

モレーンスタッフブログ馬場

上の写真は、ガラパゴス諸島のバルトロメ島の展望台から見える景色です。いつでも恐竜が出てきても不思議ではない・・・そんな世界遺産の風景です。

モレーンスタッフブログ馬場

上の写真は海イグアナ君です。ちっこいゴジラですね(笑)!

モレーンスタッフブログ馬場

上は求愛のダンスをする青足カツオドリらしいです。大胆ですね!

そろそろネタが尽きてきたので、白状します・・・。嘘です!今年の夏にガラパゴス諸島には行っていません!ごめんなさい!今年の夏期休暇に、人にお話できるような特別な過ごし方をしていませんでしたので、見栄を張って大嘘を書いてしまいました。申し訳ありませんでした。

ただ、いつかは休暇を利用してガラパゴス諸島のような世界遺産で、「種の起源」などに思いを馳せ、ゆっくり過ごしてみたいと考えています。日々忙しい毎日を過ごしているのは私だけではないと思いますが、同じ空の下でこんな見たことのないような世界が広がっていて、そこでは見たこともない生き物がワーワーギャーギャー騒いでいる。そう考えただけで、今抱えている悩みや不安もちっぽけに思えるわけです。

私はこの夏、ガラパゴス諸島で過ごしてきました!といつか本当に言えるその日まで・・・

最後に先日モレーン恒例の営業合宿が軽井沢で開催されました。そのときに一番感銘を受けた言葉を、特に意味は無いですがご紹介します。

「WE ARE THE WORLD」

2009年09月09日 10:02

宝当神社

みなさまこんにちは。九州支社の原田です。

突然ですが、『宝当神社(ほうとうじんじゃ)』ってご存知ですか? この神社は、佐賀県唐津市の高島という小さな島にある神社で、 この神社に参拝した人の中から宝くじ高額当選者が続出しているという 非常に縁起のいい神社です。

私も一度行って見たいと思っていたので夏休みに行ってきました。

その日は参拝者も少なく、人より猫の方が多いのにビックリ!! なんでもこの猫たちが福を招いているらしいです。

モレーンスタッフブログ原田

私もいつかは・・・。

2009年09月04日 10:49

「夏期休暇の過ごし方」Pt.2

九州支社上河です。夏期休暇は神戸市の須磨水族館に行ってきました。

なんと、お盆中は入場無料でした。 「太っ腹だ!神戸市」と思いながら入場口に向かいました。長蛇の列にもかかわらず、入場券を購入する手間がないので10分掛からない内に入場できました。 中に入ると、サメやエイなどが泳いでいる大きな水槽がありました。 久しぶりの水族館で結構楽しかったです。

モレーンスタッフブログ上河 モレーンスタッフブログ上河

イルカの餌付けを見ることができたので、その写真もご覧下さい。 モレーンスタッフブログ上河

夏期休暇中に水族館を見に行ったことに影響され、めだかを飼うようになりました。 自慢の水槽は下記の写真です。 モレーンスタッフブログ上河 近くの田んぼの用水路で、めだか、エビ、タナゴ、なまずを取り、飼っています。

最後に夏期休暇はこどもたちの為の休みでしたので、わが息子の写真です。 (バトミントン中です。) モレーンスタッフブログ上河


ありがとうございました。

2009年08月27日 11:16

「夏期休暇の過ごし方」Pt.1

今回から「夏期休暇の過ごし方」というテーマとの事で トップは技術部・鈴木が書かせて頂きます。 今回の登場は2回目となります。(前回は「熱い思い」で初登場いたしました。)

皆様、夏休みはいかがお過ごしですか! 旅行や帰省・海水浴など様々に楽しんでいる事と思います。

私の夏期休暇をご紹介させて頂きます。

我が家にとって夏季休暇とはアウトドアです。 キャンプ・釣り・川遊びなどさまざまです。 特に家族でキャンプに行く事が恒例になっており 子供も楽しみにしています。

キャンプ地としては家族で初めて行った、福島県の檜枝岐が お気に入りです。(自然が多く、静かでお勧めです。)

この檜枝岐は、尾瀬の福島県側の入り口になり、ご存じの方も多いと思います。 また、ここはオオクワガタの里で50㎜級がいる事でもマニアの間では有名らしいですね。 捕獲方法は灯火採集という方法で、白いシーツを大きく広げ、ライトアップし捕獲していました。 一見の価値があります。 なんと、我が家(テント)にも数匹が飛んで来ました。ラッキーです。

キャンプの醍醐味はなんと言ってもバーベキューですね。(パパ料理担当としては簡単ですから) しかし、ここ数年はダッチオーブンを利用していますが、これが今ひとつうまく行きません! なかなか手強いです。(おそらく飲酒のせいですねー!) また、楽しみの一つにフライフィッシングがあります。 これは夕食用のヤマメやイワナを釣る事が出来、これがなかなか上手く行き 家族には好評です。

キャンプでは地元の方や、他の家族の方々と交流を持つことも多く、 隣のタープなどで夕食を持ち寄り、ワイワイすることも楽しみの一つです。


モレーンスタッフブログ鈴木

そんな今年の夏期休暇でしたが、夏もあとわずかです。 みなさまはいかがでしたか? 良い思い出は出来ましたでしょうか?

我が家は、今から来年の夏を楽しみにしています。

技術部 鈴木

2009年08月20日 16:54

花火

㈱モレーンコーポレーションの一年間は7月が節目となる。(決算月)

特に新型インフルエンザ対策製品を通じて、少しでも多くのお客さまのお役に立ちたいと、私どもなりに全力疾走、全力投球で走り続けた一年であったと思う。

そして、僅か数時間後の明日からは新しいシーズンの開幕を迎える。

「感染管理の大衆化」を掲げた、このチームの一員として、新しいシーズンでは、もっともっと大きくて美しい花火を打ち上げよう。

写真:夏休み、神宮球場にて モレーンスタッフブログ樋掛

2009年7月末日 樋掛明洋

2009年07月29日 09:39

初体験・・・

2回目のブログ登場の川口です。本当はもう少し早い時期に2回目の登場でしたが諸事情により遅れてしまいました。その理由を書きたいと思います。

それは新型インフルエンザが世界規模で感染が拡大する前の3月中旬に始まります。右足のふくらはぎが突っ張るような感覚があり、靴下を履くのが少し辛い状況になりましたが「運動不足による筋肉痛だろう」と勝手に解釈し放置していました。しかし、4月中旬から右足の太ももからつま先までに痺れと少し痛みを感じ、歩く際は足をひきずる様になりました。会社からも仕事は控えなさいと指示がありましたが、不思議なことに車を運転することは可能だったのでそのまま仕事を続けてしまい痺れや痛みは見事に悪化。そして仕事で訪問した病院で、弊社感染対策情報Webサイト『MICKS』の監修でお世話になっている森下幸子さんに偶然お会いし助言をいただいたこともあり、翌日病院に受診することになりました。

整形外来医師の診察の結果、比較的症状の重い「椎間板ヘルニア」であることが判明しました。『椎間板ヘルニア=腰が痛い』という単純な方程式しか頭に無かった私には驚きの結果でした。重症だったこともあり、5月7日に入院をすることになりました。この頃には右足を地面に付けて数歩動いただけで右足に激痛が走りまともに歩けない状況になっており、入院手続きの時も死に際のゴキブリのように受付の椅子でひっくり返り苦しむ私・・・。端から見ればなんとも異様な光景だったと思います。

毎日のように仕事で病院にお邪魔しているのに実は入院&手術は初体験。早朝から深夜の病棟を患者として観察出来たのは良い経験で夜のナースコールの多さには少々驚きました(その内の何%かは私なのですが)。驚きと言えば部下の山本君。会社の先輩の市川さんと休みの日にわざわざお見舞いに来てくれ、『なんと優しい男か』と感激していたのですが、ヒゲが伸びまくった戦場の負傷兵のような私が苦しんでいる無様な様子をデジカメで激写し社内配信してくれました。ありがとう山本君。この恩はどこかで返します・・・。

 話は戻りますが手術当日。ストレッチャーに乗せられ手術室に向かうが意外に平常心でした。しかし仕事の関係でこの病院の手術室には何回もお邪魔しているので、手術直前に知っている手術スタッフの方々から温かいお言葉をいただいた時は本当に泣きそうになりました。

 麻酔をかけられ数秒後には意識は失なり、気がついた時には病室でした。そこから少なくとも5時間は座ったり立ち上がったりは駄目ですよ、と言われ問題はないだろうと思っていました。しかし!今回の入院の最大の試練はここから始まりました。尿カテをしていなかったのでオシッコをベッド上で尿器を使ってとるしかありませんが、ベッド上で尿器を使って出来ない!尿意はかなりあるが尿器を当てると不思議と出ない!ベットパンウォッシャーの販売で嫌なほど尿器を見てきたためか?それとも『布団の上でオシッコは駄目』という幼児時の教育プログラム(?)が脳で暴走しているためか?ベッドで寝たまま小便が全然出ないのです。汗を流しつつ苦しんだ5時間後にコルセットを装着して歩いてトイレに移動して小便をしました。あの時の壮快感と看護師さんが天使に見えたことは今でも忘れられません。
感動はこれだけではありませんでした。トイレから帰る時に気付いたのですが、術前立った時の激痛が嘘のように無くなっているのです。手術して本当に良かった、そう思える瞬間でした。

入院から10日後の退院の日も歩いて帰宅できることを本当に幸せに感じました。今は車の運転も歩行も長時間でなければ問題はありません。リハビリは続いていますがここまで早く回復するとは正直思いも寄りませんでした。

ガンや心臓疾患などは『早期発見、早期治療』とよく言われますが、もう少し早く受診していればここまで酷くはならなかったのでは?と素人ながら考えます。足の痛みや違和感が数週間も続いた時点で行動を起こしておくべきだったと今でも後悔をしていますし、長時間の座り作業や車の運転、運動不足も問題だったと思います。この入院生活は仕事の取り組み方や生活習慣を考え直す非常に貴重な機会でした。

最後になりましたが、色々と助言をいただいた森下幸子さん、時折笑いを入れながら自信満々に語り手術に対する不安を吹き飛ばしていただいた主治医の金田先生、無理を言っても嫌な顔を一つせずに対応していただいた病棟看護師・手術室の皆様並びに病院の関係者の方々には本当にお世話になりました。ブログ上で恐縮ですが、改めて心より感謝の意を表します。

2009年07月27日 10:01

納涼?

こんにちは、技術部の庄司です(今回でブログは2回目です)。
何を書こうかと色々と悩んでる中で、先日何気なく家でテレビを観ていて、この季節特有の怪奇現象の番組が放映されており、ふっと私の経験した不思議な話を書こうかなと思いました。

今から1年半程前、某大学病院の新築現場で弊社の器械の搬入設置を行っていた時の事です。久々の大型案件で、作業時間の延長申請を行い、実際に作業を遅くまで行っていたのは我々のメーカーだけでした。新築現場とは言え、夜遅くに真っ暗な病棟はちょっと怖いですね。

そんなある晩の事でした。サービスの方と2人で、汚物処理室の中で作業をしていると、(そのフロアで作業しているのは私たちだけでした。)突然隣の部屋当たりから「キャァー!
キャァー!」と言う女性の悲鳴が2度、はっきりと聞こえてきました。お互いに何も言いませんでしたが、「ん?」という感じで、暫くその事には触れず作業をしていましたが、私がたまらず、「今何か聞こえたよね?」「はっきり聞こえたけど、何?誰かいるのかな?」と言う会話をし、廊下にでて見回しても、他は真っ暗・・・・・「ええっ!?」と言う様な感じで二人とも鳥肌が・・・・・。
その後営業の上河達が他フロアの確認から戻ってきたので、「今なんか変な声聞こえなかった?」と聞き、事情を説明すると、ディーラーの方が「ここならあり得るかもしれませんね・・・」と・・・。速攻、作業を切り上げ撤収しました(笑)。
その晩、ホテルでテレビを見ていると突然画面が乱れ、さすがに霊感のない私も怖くなり、
電気を全部付け、テレビもつけっぱなしで、お酒をさらに飲み、寝ることが出来ました。
この業界に入って10年ちょっとになりますが、初めての経験でした。

その後、ラボのある倉庫に戻り、倉庫の人達に話をしたところ、倉庫には付き物の話らしくもっと怖い経験を実際にした人の話を聞き、実はラボにも出るという噂を聞き・・・・ (-。-;

あまり経験したくない事ですが、みなさんもそんな経験をされたことはありますでしょうか?因みにラボではまだ経験していませんが(^^;

2009年07月16日 12:04

習慣

関東甲信越では梅雨が明けて、すっかり空の色も変わりました。いよいよ夏がはじまります。
さて、皆様は日常生活の中で習慣にしていることや、癖がありますか。習慣というと、犬との散歩、早起き、うがいや、喫煙や飲酒、健康のための運動、新聞を読む、などなど人それぞれです。新しいことを習慣として始めるのは前向きな感じがしますし、何かを止めるのは少し後ろ向きな感じがします。また、慣れてしまうとそれ自体が日常になってしまうものです。だから直すべき癖や習慣は突然にはなかなか止められず、勇気も努力も必要になります。
例えば、ダイエット。なかなか続かない、という人もいますがダイエットというのは始めたら終わりがないと思います。というのも、ダイエットというのはそれまでのその人の習慣・生活を変えることだからです。運動でも食事制限でも一旦止めるということは、その健康で痩せられた良い生活習慣をまた変えてしまうので、体重がもとに戻り易くなるということではないでしょうか。

日常に溶け込んだ習慣が突然なくなってしまう例に(自分の意思であってもなくても)、人やペットとの離別があります。非日常から日常に戻る方は楽かもしれません。しかしその時まで意識することなくいつもあるものだったのに、そこに「いる」ことが日常だったのに「いない」状態が非日常であったのに、それが全く逆の状況になるわけですから、愛情や思い入れが深ければ深いほど、その習慣がなくなってしまうのはつらく、悲しいものです。散歩の時間につい出かける準備をしてしまうとか、癖で買い物の最中、余分に1個多く買ってしまうとか、あるものを見て思い出してしまうとか、そういう時、人の記憶は厄介です。

習慣に関しては感染管理でも同じことが言えます。正しい手洗い、手指消毒。グローブ・マスク・エプロンの装着。マスクを着用する際にはあごから鼻までしっかりと、隙間がないように装着する。使い捨て製品は、1度の使用で正しく廃棄する。 今までしたことがなかったことを始めるのは、いくら前向きの考えとはいえなかなかすぐには難しいことです。でも、そのひとつひとつが習慣として日常的にできるようになれば、癖のように毎日続ける動作になれば、感染管理の大衆化をより進めていけるのではないかと思います。「感染管理の大衆化」というのは、大それたことを、敷居の高いことをすることではなくて、誰でも簡単に日常的に行うことのできる感染管理の習慣化を広めていくことだと思います。

因みにこの数年間の春と夏で私がすっかり日常化していることは、マスクをすることと日傘をさすことです。

清野

2009年07月09日 10:59

2000人突破

新型インフルエンザの国内感染者数が、2000人を超えたとの 厚生労働省のまとめが公表されました。

6月25日に1000人を超えてから2週間経たずして 倍増したことになるとの事です。

報道が沈静化された為、最近ではマスク姿の人を見かけることも 少なくなりましたが、まだまだ気が抜けません。

通勤電車の中で、くしゃみや咳を手もあてずにしている人がいますし、 それに対し、周囲の人も以前のようには抵抗を感じている様子も 感じられません。

そういう姿を見ていると秋に感染拡大が懸念されている 新型インフルエンザが一気に広がってしまいそうで恐ろしくなります。 過多にあおるでもなく、過小に扱うでもない正当な報道に期待したいものです。

中村

2009年07月02日 18:05

梅雨空ですが・・・

こんにちは、東中野上空は雲が低くたれこめた典型的な梅雨空です。今回は、雨の休日外出できなくても楽しく過ごしている理由の一つを書きます。

昨年5月、新聞を取りに玄関先に出た家族が慌てて戻ってきて、「玄関先に赤ちゃんネコがころがっている。ちょうどその場から立ち去る親ネコ(ノラです)が振り返って、アイコンタクトで『よろしくたのむ』って伝えてきた。」と不思議な表情で話しました。 ネコも犬も飼わない方針の我が家ですが、瞬間的に家族4人が朝食の途中でスクランブル発進しました。獣医さんからは、低体温が続いたであろう事と栄養状態からこのまま育つ事は厳しいかもと言われました。しかし、160gで弱々しくミーミー鳴くネズミのような赤ちゃんネコを家族全員が代わる代わる手で暖め、注射器でミルクを与えた結果、徐々に元気になって来ました。実はこのネコ、発見1週間ほど前に我が家の天井裏で生まれた3匹の仔猫のうちの一匹でした。なんらかの理由で母猫に捨てられてしまったようです。(当時、ミルクをなかなか飲めなかった事や、今でも椅子の高さ程度の場所にも上がれないなど普通のネコより劣る事を母ネコが判断したのかもしれません。)

いまでは体重も増え、ちょっとセレブな感じのネコに育ちました。因にオス、名前はレオンです。仕事から帰ると大急ぎで玄関に出迎えてくれる唯一の家族です。

多湖

モレーンスタッフブログ多湖

※写真の説明:左 生後8日 右 生後1年

2009年06月17日 18:07

初めまして、吉井です

皆様、お初にお目にかけます。
4月からモレーンの一員として迎え入れて頂きました、
吉井拓斗と申します。

まずは、軽く私の自己紹介をさせて頂きたいと思います。
出身は、長野県の諏訪という所になります。
諏訪湖、蓼科山があり、リゾート地として有名です。

年齢は、26歳に今年なります。
なぜ26歳かと申しますと、高校を卒業してから3年間、自分探しと言いますか、
はっきり言ってしまいますと、フリーターとして生きていました。
正直、フリーターでいることに限界を感じた私は、
とにかく大学へ行こうと思い、一年発起で勉強を始め、
なんとか大学へ合格し、なんとか大学を卒業することが出来、
今モレーンで働かせて頂いているという現状です。
 
モレーンに入社してからの2ヶ月半は覚える事も大変多く、
毎日が勉強の日々です。今まであまり使用されていなかった
私の脳の容量はあまりにも小さくなっていて、今にもこぼれ落ちそうになっている知識を抑えている状態で大変です。しかし、周りの先輩方に優しくフォローしてもらいながら今はなんとか頑張れています。(笑)

今、先輩の話がちょっと出ましたが、
私がお世話になっている直属の先輩をご紹介致します・・・・・・・・・・・・・・・・・・小宮さんです。
小宮さんは、おもいっきり天然な所は多々ありますが(笑)、
私のお姉さんの様に御面倒みていただいて、
解らない所もたくさん説明していただいています。
ブログの中ではありますが、一言、「ありがとうございます!」。

これからもモレーンのみなさんには御面倒をかけるとは思うのですが、
私なりに頑張ってついていこうと思っています。

なんだかまとまりの無い文になってしまいましたが、
これからも宜しくお願い致します。

2009年06月11日 09:04

東京営業本部IC-R 深澤です!!

皆様、はじめまして。
私はこの春、モレーンに入社しました
深澤修子と申します。

6月に入り社会人としても満2ヶ月を迎え、
出来る事も少しずつ増えてきたのではないかと思います。

現在は杉山IC-Rのお供をしながら、主に千葉県や神奈川県を回っています。
杉山IC-Rは、仕事についてはもちろんのこと
人生、恋愛、結婚に至るまで様々なことを指南して下さいます。

私は今回初めてのブログに登場した身ですので、
まずは簡単に自己紹介と入社までの経緯をお話したいと思います。

出身は群馬県、今年24歳の年女です。
血液型はB型で、入社前から「マイペース」の
レッテルを貼られてしまいました・・・orz
しかし事実ですので悪しからず。

私がモレーンと出会ったのはマイナビの合同説明会でした。
その時、草場社長が自ら語って下さった
使命感溢れる会社の事業内容が私の心を強く捉え、
今の私がここにいる次第であります。


これから先、マイペースな私の身にも
紆余曲折、波乱万丈、荊棘の道…
様々な困難が待ち受けていると思います。

しかし、人間万事塞翁が馬。人生何が起こるか分かりません。

例え目の前の困難に行く手を塞がれてしまっても
「視点を変えて物事を見る」目を養って、
不幸も幸に変えてしまえるような、
そんな強く逞しい社会人になりたいと思います。

2009年06月03日 12:32

下積み時代

初めまして、この春モレーンに仲間入りしました早水綾野と申します。

営業として入社しましたが、まずは会社全体の勉強、ということで現在は先輩の営業サポートとして社内で仕事をしております。
下の写真は私ではなく、私の優しい師匠岡本さんです。

モレーンスタッフブログ早水

4月の研修から5月、そういうわけで入社早々「椅子に座る」という苦手な仕事が待っていました。そして椅子に座り続け早2ヶ月、現在も社内でパソコンに向かいながら静かに悪戦苦闘しています。そもそも研修から「毎日授業みたいでもう我慢できな〜い!」と音を上げていた私。日々「私って出来ない子だな〜」と思いつつも、この楽観的な性格のため全く落ち込んでおりません。それに社内はとてもあたたかい雰囲気で、なんだかんだのびのびと仕事をしています。

とはいえ、行く行くは営業として外に出る身、岡本師匠についてお客様の所へ出向くこともしばしばあります。現在の楽しみはこうして外に出ることと、夕方の発送準備です(笑)。

「モレーンはあたたかい雰囲気」と書きましたが、小さい会社だけに、ファミリーのようなあたたかみがあるように思います。岡本師匠をお兄さんのような存在に感じていますし、たまに副社長に「子ども達〜!」とか「娘達〜!」と呼ばれます。これは、私と同じく今年就職した友達によく自慢していることです。しかし、子どもと呼ばれながらも毎日椅子の上で少しづつ、大人の階段を昇っている気がします。言いたい放題やりたい放題な私も、仕事をする人間として、どこまで我がままを言っても良いのか、これでも考えながら動いているつもりです。

ともかくも今は下積み時代、エクセルなんかに負けてはいられません。それに、椅子の上でも行動的に動くことはできます。電話がありますから。電話はとても面白いです。社内にいながらにして、社外の方からモレーンについて教えていただけるのです。

社内で勉強。 私は今日も「仕事は自分で掴むものだ〜!」と思い、受話器を掴んでいます(笑)。

2009年05月29日 10:58

使命感と一体感

フェーズ3から4、5、そして国内発生早期へ。そのスピードと比例するように、この1カ月程の社内も非常にスピーディに様々な決定がなされた。昼食もそこそこに社内を走るように対応に追われるスタッフ。 一時期のあのパニックにも似た状況から落ち着きを取り戻しつつあるオフィスで、あの時に感じていた感覚を思い返す。

スタッフの顔には緊張感。時折入る関西や九州のIC-Rからの電話のいつもと変わらぬ声にも感じられる緊張感。同志の顔を見ながら、声を聞きながら、なんだろう、この感じ。全員が志を同じくして進んでいる感じ。これは全員が秘かに、でも熱く持っている「なんとかする!」という使命感と、その想いが共有できて生まれる一体感ではないだろうか。

とは言えゆっくり感慨に浸る暇もなく、海外のパートナーへ電話とメールを開始。なんたってお願いすべきことが山積みなのだ。彼らのいつもと変わらぬ声を聞くと、なんだか少しホッとした。同時に、同じように様々な対応に追われているであろう彼らの身を案じずにはいられない。手洗いしてるかな、無理してないかな、旅行に行ってないかな。レスポンスの早さに感謝しつつも、やはり彼らにも緊張感があるのかな、と思う。

モレーンに入社してもうすぐ3年。その間少しずつ構築してきたパートナーたちとの関係。こちらの想いが伝わらず悔しかったことも数知れず。一を言えば十を理解してくれるどころか、二十くらい言ってようやく一を理解してもらえるようなことが殆どだ。でもこうして電話やメールを通して彼らと一体感を感じられるなら、少しくらい頭にくることがあってもいいかな。 世界中に同志がいることをとても幸せに感じる。彼らも同じ想いを持ってくれているだろうか。次に会えた時は、コーヒーでも飲みながらそのあたりをそれとなく探ってみようと思っている。

インターナショナルマーケティング 栗山

2009年05月25日 13:44

ウィルスの怖さを初めて知った!?

先日私達は、第84回日本医療機器学会併設展示メディカルショージャパン& ビジネスエキスポ2009に出展させて頂きました。又、開催期間中、Moraine代理店フォーラム2009と銘打ってモレーン・マスター・ディーラーズ様を中心に、プライベートセミナーも開催させて頂きました。

特別講演では、大阪大学医学部附属病院 感染制御部 鍋谷佳子先生から、今一番HOTな話題(情報を含めて混乱真っただ中のご講演、本当にありがとうございました。)の新型インフルエンザやアスペルギルス対策における空気予防策についてご講演頂きました。

鍋谷佳子先生初めご参加頂いた方々や資料請求を頂いたお客様には、この場をお 借りし、改めて御礼申し上げます。 ありがとうございました。

展示会場では、やはり新型(豚)インフルエンザの影響もあり、例年より来場者数が少なく感じられましたが、私達が提案している空気予防策製品の資料請求は、いつも以上に多く感じられました。

帰阪途中の新幹線の中では、空港などの水際対策からすり抜けたウィルスが人→人感染し、神戸市内の病院(過日、PAPRをご購入頂いた施設)には、多くの患者様が搬送されている内容が無機質に流れておりました。

先日、その神戸へ神戸市内在住の営業マン、副社長と同行にてMMD代理店様へプレゼン テーションにお邪魔させて頂きました。いつもの街の風景や雑踏を感じている私達は、驚愕 な風景を目の当たりに致しました。夜21:00にも関わらず、街の明かりや車の往来は少なく、 街は静まり返り、駅周辺では客待ちのタクシーが並んでいる。さながら、街が何か大きな物 体に怯えているごとく、映画「感染列島」を思わせるような風景でした。

今回は、弱毒性であったのが幸いに死に至る患者様は、世界でも少ないようですが、この秋から冬にかけての2波は、これまで以上にウィルスが牙をむくかも知れません。

今日から、大阪や兵庫では大半の学校の休講措置も終わり、少しづつ平和な日常が取り戻せつつあります。

今回、幸いにも私の周りでは感染した知人が出ませんでしたが、この一気に広がりをみせた。ウィルスの教訓を生かし、大げさではないですが、感染管理の重要性を知っている人類として何か少しでも役に立ちたいと思っております。

ネットワーク事業部 モレーンコネクト 市川 幸一

2009年05月13日 10:37

思いやり

毎日報道される新型インフルエンザのニュースに世間が騒いでおりますが、社内で過ごすことが多い私でも今回の新型インフルエンザの影響を日々実感しています。

インフルエンザの感染防止対策の一つとしてマスクの着用が挙げられていますが、先日、私の周りで「マスクの着用なんて自分のことしか考えていないから・・・」という人たちがいました。多分そう思ったのはこの人たちだけではないはずです。最近よく思うことなのですが、人に思いやりというものが欠如し始めているような気がします。もし自分が感染者だとしたら、マスクを着用して飛沫の拡散を防ぐことができ他人のことを考えていることになるのに、自分のことしかと思ってしまったことは残念です。

人を思いやるということは自然にできる人はそういないと思いますが、意識すればできないことではないはずです。相手の気持ち、状況に気付き行動してみて下さい。小さなことでも善い行動をすれば☺印、毎日行えば☺印でいっぱいになり、みんなが少しずつHappyになっていくのではないでしょうか。私自身も余裕がなく周りのことに気付かず人を思いやることを忘れてしまいがちですが、この前ほんの些細であたりまえのことをしてちょっとだけいい気分になりました。 インフルエンザや悪影響の拡がりは早いのに良いことはなかなか広まらないのが現実・・・。先ずは思いやりの意識を持って簡単なことから始めていきましょう!

仲野 真理

2009年04月30日 18:47

新型インフルエンザの発生

現在、世界各国で豚インフルエンザによる新型インフルエンザがニュースになっています。
想定されていた鳥インフルエンザからではないですが、『新型』として認められ警報フェーズも引き上げられました。

この新型インフルエンザを含め、空気感染予防対策のアイテムのひとつとしてモレーンコーポレーションはこの度、『ミンティECU2シリーズ』をリリースしました!

施設側の工事は一切不要で大規模な集団隔離が可能、また個室のドアに取り付けるだけで空気感染隔離室が実現でき、免疫不全患者でかつ感染症患者に対応する防護隔離室も既存の施設に用意することができます。

この先、さらに新型インフルエンザの対策として物品をはじめ、マニュアル等の整備が進められていくと思います。是非、この『ミンティECU2シリーズ』をお役立ていただければと思います。

お問い合わせページへ

関西支社 山本 崇

2009年04月22日 11:29

モレーンシップに新たな仲間が・・・

こんにちは、今回ブログを担当させて頂きます東京営業本部の岡本です。
前回のブログよりおよそ半年ぶりのブログ更新となりましたが、
つい先日ブログ担当をさせて頂いたような気がして、
月日の経つ恐るべき早さに戸惑いを感じずにはいれない今日この頃です。

ところで、4月より3名の新しき仲間がモレーンシップに乗って(入社して)きました。
(今後、彼らもこの天下御免(スタッフブログ)に登場してきますので、お楽しみにっ!) 
彼らの初々しさを見ていると、自分がこの船に乗り込んだ際もあんな感じだったのかなぁと思いつつ、既に自分がおじさんへの道を歩んでいる現実(いま)を直視出来ずにおります(笑)。
まだまだ私自身若輩者でありますが、現実として新しい世代をひっぱっていかねばならない重責を担っていくプレッシャーをひしひしと感じつつ、彼らに負けないよう日々、汗をかきながら進化していく所存であります。

最近、IC-Rとして一番重要なポイントであるお客様の視点を忘れ、自分本位に物事を考えてしまいご迷惑をおかけしてしまったことがありました。今後このようなことがないよう、自戒を込めて日々取組んで参りますのでどうか今後とも宜しくお願い致します。

岡本 毅志

2009年04月15日 14:59

近況報告

ご無沙汰しております、モレーン東日本営業部の杉山です。 関東では桜の花も道端に散らばり、一時期に比べると花見をしている人も少ないように思えます。桜が咲くと新たな出会いの時期であり新鮮な気持ちになるのですが、桜が散ると何故か切ない気持ちになってしまいます。二四節季上でももうすぐ穀雨なので、もうそろそろ春も終わりですね。。。

しかし、そのような切なさも吹き飛ばすような出来事がありました。この新たな出会いの時期にモレーンに3名の社員が入社しました。IC-Rとして営業本部に加わり、今後もさらに進化をしながら、最高の東日本チームを作っていきたいと考えております。きっと今後のブログに登場しますので、楽しみに待っていて下さい。

話しは変わり私事になりますが、以前このブログで紹介させて頂いた『LINKS』は覚えていますか?創設して2年、やはり『LINKS』にもこの2年間で新入部員も多くなり、今では13人になりました。目標の市内大会でも優勝し、徐々に練習に対する要求レベル、個々の能力も高くなってきているように思えます。その反面、チームプレーに関してのこだわり等、色々とチームメイト同士で衝突することも多くなり、ゲームキャプテンの苦労は耐えないと思います。いつも嫌われ役を率先してやっているゲームキャプテンですが、先日誕生日をむかえ、久々にLINKSメンバーの殆どが集結し、大ドンちゃん騒ぎを致しました。

sugiyama.jpg

最近練習後も飲みに行く機会が減り、チーム全体として鬱憤が溜まっていましたが、それを晴らすかのように大騒ぎをし、とても楽しい時間を過ごしました。ゲームキャプテンもへべれけ状態でしたが、かなり面倒でした(笑) 訳が分からない事を長々と書いてしまいましたが、最後に仕事もプライベートも仲間って大事ですね!!

杉山 貴之

2009年04月08日 11:39

サクラ

この時期、自宅の庭の桜の古木を眺めることが多くなる。
自宅の近くがソメイヨシノの発祥の地である事もあり、その起源について調べることにした。
諸説あるが、オオシマザクラとエドヒガンの雑種が起源だと言われている。ソメイヨシノは、接ぎ木によって増えていくため、人の手がなければ、決して子孫を増やすことができない運命にあるという。長い長い時間の中で、多くの人の手によって日本全国に広く分布した事を考えると、この木がいかに大切にされてきたのかが分かる。
 
普段の自分は花木を愛でる心の余裕もなく、また、似合つかわしくない、そんな趣味は持ちあわせていないが、なぜか、この季節のソメイヨシノには特別な感覚がある。

光を放つような半透明のサクラの色とともに、過去のこの時期の記憶を鮮明に覚えていて、それを毎年思い出し、また、今年の新しい気持ちが書き加えられる。まるでソメイヨシノが、過去の同一時期に限定したアルバムのような感覚だ。
去年の桜はとても期待感のある気待ちで見たし、一昨年は薄墨色の気分。その前は比較的安定して、その前の年は……。同じ時期に同じ景色を見ているが、毎年、毎年、様々な思いがあり、今年の記憶は、成長著しい1歳2カ月の息子と一緒に見た晴れやかな一日をファイルした。ただ、息子は桜ではなくて、弁当と通りすがりのワンワ(犬)を熱心に見ている様子だったが・・・・

社会人になると、学生の時のように「進級」とか「進学」という大きな区切りがない。だからこそ、何気なく見上げる桜の花との記憶を思い出し、小さな区切りをつけることで、また前へと進まなくてはという気持ちになるのかもしれない。

ソメイヨシノの運命が人の手に委ねられているように、日常の業務を通じて沢山の木に花を咲かせられるような仕事が、自身の手にも委ねられている事を信じて、また次のサクラの季節に向けてのスタートを切った。

2009年4月
樋掛明洋

2009年03月31日 16:25

前回のブログから今回までに起こった出来事

九州支社の上河です。

二回目になるブログですが前回が2008年9月24日だったので約半年経過いたしました。
その半年間でまわりに起こった出来事をお話ししたいと思います。

まず私の体重が約80㎏から70㎏に落ち減量に成功いたしました。
減量成功への内容は食事療法とトレーニングです。
なるべく規則正しい食生活にする為朝、昼、夜に必ず食べるのと、三食ともに腹八分に抑え、腹時計を正確にするのと胃を小さくする事を行いました。まずそれだけで4㎏落ちました(個人差はあると思います)。
それからトレーニングも始めました。
いきなり走っても続かなくなるので、初めの1週間は町内歩いて3周(約1.5K)し、そこからだんだん距離を伸ばし最終的には町内5周(約3K)を走るようになりました。
より脂肪を燃焼しやすい体作りの為、腕立て10回3セット、腹筋20回3セット、背筋はスーパーマン(お腹だけを床に接して他を浮かす事)で30秒3セットから始め、最終的に腕立て30回3セット、腹筋30回3セット、背筋30秒3セットをこなすようにし、とにかく1ヶ月休まず続けることで無理なく減量したのでリバウンドはきていません。

しかし、減量するにつれ体重以外に体脂肪も気になるようになりました。
80㎏時に計ってみると体脂肪率は25%で、私からするととんでもない数字でショックを受けました。トレーニングを始めることで19%まで落とせましたが、体脂肪は体重にあまり比例しない為落とすにはかなり時間を要すると思います。そのため私はトレーニングを継続し、体脂肪10%ぐらいにしたいと思っています。
昔の人が言っていたとおり「継続は力なり」と言う言葉は本当だなぁ~とつくづく実感致しました。
あと、基礎代謝をアップさせるとリバウンドしにくいので基礎代謝のことについてお話しします。基礎代謝は安静にしている時の代謝活動のことで、基礎代謝の行われる体の部位として筋肉が約40%なのでトレーニングをしない食事を減らしただけのダイエットは代謝量を低下させてしまい(食事だけのダイエットは脂肪より筋肉がおちてしまう)、一度代謝量が落ちてしまうとトレーニングしても結果が出にくい体になってしまうので注意して下さい。あと無駄に長い有酸素運動は、体内で「脂肪をためなさい」というシグナルであるインスリンを分泌されてしまうのでバランスよくトレーニングすることがおすすめです。

次に話は変りますが、3/28から高速道路(一部)がETCを付ければ上限\1,000-との事で他県などへ遊びに行きやすくなったと思います。その分利用者が増えるので、普段あまり車に乗っていない方も高速道路を利用する機会が増えると思います。
私は去年の12月に事故に巻き込まれました。
私や相手の方に怪我は無かったのですが車がグルグル回転し、グチャグチャになってしまいました。くれぐれも事故には気をつけて下さい。

今回は感染管理等の話題ではなかったので、
次回は書いてみたいと思います。
ではまた次回に!!

2009年03月25日 16:52

「ベットパンウォッシャー GETINGE1200 Ninjo」

ミックスを御覧の皆様こんにちは!
今回はわたくし九州支社の馬場がブログを担当させて頂きます。
よろしくお願いします。

さて私が住む福岡では、今年日本で最も早く桜の開化宣言がなされ、道端の桜が色付いております。観測史上最速の開化を横目で見ながら私と言えば、某大学病院様でベッドパンウォッシャーGETINGE1200「Ninjo」の設置工事立ち会い、並びに取り扱い説明と忙しい毎日を送らせて頂いております。
というわけで、今日は私にとって桜よりも旬な「Ninjo」のお話をさせて下さい。

まずはベッドパンウォッシャーを御存じない方のために簡単にこの製品に関して説明しますと、日々医療従事者が患者ケアの際に使用します尿器やベッドパン(差込み便器)等を医療従事者に代わって洗浄消毒するものがベッドパンウォッシャーです。ただこれが「Ninjo」になりますとポータブルトイレ用のバケツや採尿カップなどが洗浄できるだけにとどまらず、現在もっとも効果的とされる熱消毒をもちろん全自動で行ないます。さらに、なんと「Ninjo」では患者に使用した汚物が入ったままのノンクリティカル器具をセットし、洗浄消毒することが可能です!(※施設様の一次側条件が達成されたときに限ります)

先日某大学病院様で取り扱い説明をさせて頂いている時の話

私 「この「Ninjo」は汚物が入ったまま器具をセットして頂いて結構です。
つまり、今まで皆様がされていた汚物流しで流す作業や器具を消毒薬に浸漬する必要はなくなり、使用後そのまま汚物容器を「Ninjo」にセットすることができます!今日から皆様が作業されていた一連の作業はこの「Ninjo」が担います!」

ベテラン看護助手様 「はぁ~今まで一番欲しいと思っていた器械やぁ~、こんな便利なものが入ったんやなぁ~ キターーー(・∀・)ーーー!!

「Ninjo」の取り扱い説明をさせて頂く時の私が一番好きな瞬間です!喜んで頂いて非常に光栄です。ただ感動して頂いているのは医療従事者だけでなく、この「Ninjo」を導入したことにより、いつでも清潔で安全な器具を使用することできる患者だと私は感じます。そう思って仕事してます!

ということで、また明日から「Ninjo」を設置してきます!

またこのブログをご覧になられて「Ninjo」に少しでも興味を持たれた方は御連絡をお待ちしております。もちろん「Ninjo」だけでなく、汚物処理室を汚物処理システムとして感染管理を向上させられるようなご提案をさせて頂けたら嬉しく思います。

営業色がかなり強いブログになってしまい大変恐縮ですが、今後とも私を、そしてモレーンコーポレーションをご寵愛下さい。失礼致します。

3月23日 吉日

2009年03月18日 16:48

WEB担当の藤川です。

こんにちは、5ヶ月ぶりにブログへの参加となりました、
ネットワークデザイン事業部の藤川です。

普段は社内勤務が多いのですが、
先日開催された第24回環境感染学会の2日目だけ参加させて頂きました。

会場では普段なかなかお目にかかれない方ともお会いする事ができ、
とても良い刺激を受けると共に、大きな責任を伴う仕事に携われている事に
改めて大きな自身と喜びを感じました。

前回のブログで原田もお伝えしておりますが、
今回弊社ブースで出展をしていたMintie社のECU2も好評だった様で、
多くの方が実際に商品の説明に耳を傾けられていました。

私はどちらかというと裏方作業で参加していたのですが、
展示ブースに来られる方と挨拶を交わしたり、熱心に商品の説明をしている
営業を見た時に、これまで私があまり知る事の出来なかった「現場」の一面を
垣間みる事が出来たような気がします。

私も今後営業に同行してお仕事をさせて頂く事で、
もっと皆様の要望に沿ったウェブサイトを作り上げられるんだろうなと実感した
非常に充実した一日となりました。

2009年03月11日 11:01

ありがとうございました。

皆さまこんにちは、九州支社の原田です。

先日開催されました第24回日本環境感染学会では、多くの皆様にお越しいただきありがとうございました。
地元九州のお客様にもたくさんお会いすることができ、大変嬉しく思っています。

学会中は雪も舞い散るほどの寒さでしたが、皆様は風邪などお引きになっていないでしょうか?
九州との気温の差は10℃ほどあったようです。

モレーンは、今回の学会で新商品を発表いたしました。
『空気感染隔離ユニット ミンティ ECU2シリーズ』です。

簡単にご説明すると、以下の3つの用途に対応し、最小の投資で最大の空気感染予防策を実現します。

1. 環境汚染封じ込め
2. ポータブル前室
3. 集団隔離(コホーティング)

詳しい内容は各営業担当よりご説明させていただきますので今しばらくお待ち下さい。

2009年03月03日 19:21

経理課 中村です。

はじめまして。経営管理部の中村亜由美です。
主にスタッフの経費精算、売掛金、買掛金管理等
一連の経理業務に携わっています。

モレーンに入社したのは、ちょうど決算月の繁忙期でした。
感染管理よりもまずは決算処理という思いの中、中材研?ICNJ?
意味の分からない言葉と数字を、朝から眉間に皺をよせた険しい表情で
打ち込んでいました。

経理という仕事柄、残念ながら展示会やセミナーに参加する機会が
あまりないのですが、今回の『第24回日本環境感染学会総会』が横浜での
開催だった事もあり、お手伝いを兼ねて見学してきました。

初めて行った展示会も2年前の横浜でした。
2年前に比べると、今の経済を影響してか、展示ブースが減っていて
医療を必要としている人は減少していないのに・・・と憂慮しましたが、
展示会にはたくさんの方が来場していて、モレーンブースにも多くの方々が
集まって下さいました。

教育セミナー22にも定員を上回る多くの方々が足を運んで下さいました。
こういったセミナーの開催が、医療現場の向上と安全性に繋がるのかと思うと
モレーンスタッフとしてほんの一部分でも携わる事が出来て、うれしく思いました。

3月になりましたが、まだ寒い日も多く、またインフルエンザのニュースも耳にします。
慌しい日常を送っていると、ついつい手洗いうがいを忘れたり、省いたりしてしまいます。
「まぁいっか・・・その考えが感染源!」
自分が感染源にならないよう、基本的な事を着実に継続したいと思います。

2009年02月25日 16:04

学会&セミナー

今週末は第24回 環境感染学会総会です。 我々モレーンもブース展示及び、28日(土)の教育セミナー22と全員張り切っています。 今回のランチオン(教育セミナー22)は、『米国における空調設備管理の最新情報』です。 アスペルギルス、結核、新型インフルエンザ対策の実際に関する新鮮な情報をお届けいたします。
また、来週3月2日には東京 品川にて 続編!をモレーン感染管理アカデミーとして開催します。環境感染学会総会での教育セミナー22への参加の方も、モレーン感染管理アカデミー参加の方も、そして両方参加されたラッキーな方も、必ず役立てていただける内容です。 是非ご参加下さい。

ところで、今回のセミナー資料はこんな手提げに入れてお渡しします。 tago20090225 反対側は赤白逆転したデザインです。画像の右端にバッグのデザイナーが写り込んでいます。えっ、少々ピントが合って無くてわかりにくいですか? 特徴的な口髭は確認していただけると思いますが・・・。

それでは会場で、社員一同お待ちしています。

多湖    

2009年02月18日 16:07

熱い思い

皆様こんにちは!
今回のブログは前回に引き続き技術部の登場となり、
今回は鈴木が担当致します。天下御免は初登場となります。よろしくお願いします。

私は技術部ですが、普段は本社(東中野)と東扇島ラボ(前回のブログで初紹介)を
行き来することが多く、前回登場のもう一人の技術部(庄司)のように
病院へ頻繁に行くことはあまりないため、皆様にお会いする機会が少ないのが残念です。

さて、前回のブログで紹介させて頂きました東扇島ラボについて、
もう少し詳しく紹介させて頂きたいと思います。

私は普段本社勤務なのですが、1週間に数回はラボに行っています。
確かに夏は快適なのですが、冬は大変寒くて行くのに覚悟が必要でした!

本来倉庫ですから、天上は7m以上はあろうかと思うほど高く、
(おそらく2階建てほど)おまけに壁はすべてコンクリートの打ちっぱなし。
当然窓もありません。その一角に机・テーブル・ロッカーなどを置いた感じです。

暖房器具はエアコンが一台ありますが当然、室内が快適な状態になるはずもなく
強風で運転はしているものの、吹いてくる風がなんと冷たく寒い!!
おまけにその風で書類は乱れ飛ぶわ、髪の毛は乱れるわ(笑)
そんな感じのラボでした。(先月までは)

このブログをお読みの方々、何となく寒さを実感して頂きましたでしょうか?
当然、服装はそれなりに着込んでいますので、修理依頼があった場合、
うっかりそのままの格好で病棟へ入ったら、なんと今度は大変暑い!!

以前、修理でお邪魔したある病院(中央材料室)での出来事を紹介します。

その時は技術部2名で(前回登場の庄司)修理現場に向かいました。
当然、お客様は機器の調子が悪く大変困っていらっしゃいましたので、
病院に入るやいなや、早々に準備!
手渡された白衣を着こみ、さあ修理開始!
ふと、回りに目をやると施設スタッフの方々は半袖で作業されている中、
普段でも体の大きな庄司さんが、いつもより一回り大きく見えるほど着こんでいるのでは
ありませんか。
当然、額からは大量の汗が。白衣の中はラボ仕様(重ね着)でおまけに、
その日は普段よりも寒さが厳しく、ももひき(今はスパッツですか?)まで履き完全防備でした。
着こんだ服を脱ぐ事もできず2時間ほどの修理。
なんとか修理を無事終え外に出た時は、2名とも汗だく!フラフラの状態でした。
たぶん真冬にこんなに汗をかいたのは生まれて初めてではなかったでしょうか。

現在はと言うと、会社のご好意によりビニールの天井が張り巡らされ快適な空間に変身しました。
一見、ハウス栽培のテントのようですが、キャンプ好きの私でも、
室内でこのような空間は経験したことがなく、なかなか面白い空間に
仕上がったと思います。(技術部らしいです)

そんなラボには自慢の最新マシーンが数々設置されており、
いつでもご覧頂くことが出来ますので、関東にお越しの際はぜひ
川崎ラボまで足を伸ばして頂きたいと思います。

大汗をかいた庄司・鈴木が、熱い思いで日々技術向上に
頑張っている姿がご覧いただけます。
ぜひご来社お待ちしております。

2009年02月12日 17:16

モレーン技術部の庄司です。

初めまして、こんにちは。モレーン技術部の庄司です。
今回初めて技術部がブログ参加と言うことになりましたが、
実は今年で4年目になります。
現場には頻繁に出入りしておりますが、なかなかお会いする機会の
ある方も少ないかもしれませんが、全国津々浦々出張しております。

モレーン技術部?と判らない方もいらっしゃると思いますが、
2名体制で(もう一名は鈴木、後日ブログに登場します)、その他契約
しているサービススタッフの方々と連携して行っております。

普段はと言うと、神奈川県川崎市にあります東扇島の倉庫の一角を本拠地とし、
ラボに改良して、夏は快適に、冬は寒い中、日々器械と向き合って
鈴木(東中野勤務が中心です)と連携しながら、1人で作業していることが多いです。

しかしながら、ここの倉庫の人達はとても暖かい人達が多く、
特に所長の宮城所長には公私共に大変お世話になっており、一日の唯一の楽しみが
朝出勤して(因みに7:30にはいつもいます)、掃除・準備をしていると「庄司さん
コーヒータイムにしよう」と声をかけてくれて、一服しながら、色々な話や相談ができる
ことですかね。

先ほど、冬はとても「寒い」と書きましたが、最近天井工事を行い(といっても
ビニールで天井、出入り口を工事したもの)、「非常に快適!」になりました。
以前までは冬場は最低気温1.8℃を記録し、エアコンの風が途中で冷房に変わってしまい、
手が悴んでPCでの作業が出来ないこともありました。
もうちょっとでバナナで釘が打てるとこでした。

そんな中、実際に動いている器械を見たいと、ラボへ来社戴いたお客様も少なく
ありませんが、非常に寒いなか大変失礼致しました。
改善された環境の中、機器の見学に是非一度ラボにいらして見て下さい。
お待ち致しております。

2009年02月04日 17:17

2月

皆様初めまして。
営業サポートをしております清野と申します。
今年に入って、既に1ヶ月が過ぎ、もう2月です。
だんだん日が長くなって来ているとはいうものの、
まだまだ春にはなりきれずに冷たい風が吹き荒ぶ、と、
私にとっては曖昧ですっきりしない月、2月。

近頃、かぜをひいたり、インフルエンザに感染してしまったり、
体調を崩している人を周りで見かけませんか。
私は、この季節の変わり目には毎回悩まされます。
もともとホコリやダニ、ダンボールなどでアレルギー性鼻炎に
なりやすいのですが、同じように季節の変わり目には目や皮膚が
かゆく感じられたり、くしゃみが出やすくなったり・・・。
まあ、高熱を出すような大事には至りませんが。

さて、「かぜ・インフルエンザ・ホコリ・アレルギー性鼻炎」
これらに有効なものといえば、マスク、マスク、マスクです。
私はマスクがかなり好きです。
これは、私が弊社モレーンコーポレーションの社員だからではありません!
マスクは、私自身がかぜの時はもちろん装着、整理整頓・掃除・引越しにも欠かせません!
調子の悪い時は寝る時も使い捨てマスクをして眠っています!
会社にも、自宅にも常備、かばんの中にも入っています!
もうすでに舞っている花粉、来るべき花粉の季節には必須です!
でも私は花粉症ではありません!(絶対になりたくないので予防です)

マスクをしていると、まず、鼻が暖かいです。乾燥しにくくもなります。
これは私の感想ですが、何だか守られているような安心感があり(現に色々な
ものから守ってもらってます)、慣れるとマスクをしていない時には忘れ物を
したような気分になるほどです。変装もできます。(冗談です)

ただ、マスクをしているとただでさえ通りにくい声がますます聞こえづらくなったり、
表情が見えないので笑っていてもそれが相手に伝わらず、印象は良くないようですが。

それでも、子供の時から私とマスクは深い仲を、強い絆を築き上げて来たのですから、
もう離れることは論外です。

と、ここまでで、私のマスク好き度が少しはわかって頂けましたでしょうか。
最近は様々な種類の使い捨てマスクが販売されていますが、皆様はどんなマスクを
使用されていますか。また、どんなマスクが好きですか。
私は顔の皮膚が出来るだけかゆくならない、やわらかい素材で、日に何度も交換
できるように枚数の多めのものを好んで使用しています。

もちろん、弊社モレーンコーポレーションでもマスクを取り扱っています。
このホームページ上にも正しい装着方法と共に商品紹介しておりますし、
モレーンショッピングサイトでは、1箱(50枚)よりご購入頂けます。

さて2月といえば、昨日2月3日は節分、14日はバレンタインデー、
そして27・28日にはいよいよ「第24回日本環境感染学会総会」が開催されます。
今回の環境感染学会でモレーンコーポレーションは、
ランチオンセミナーを2月28日(土)に、
3月2日(月)にはプライベートセミナーを開催致しますので、是非ご参加ください。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

2009年01月21日 10:41

Piacere!

皆様、はじめまして! 営業本部ロジスティック課の仲野と申します。
主に製品を受発注、そして皆様へ無事に納品するまでの業務を担当しております。 普段はオフィスで過ごす毎日で人前に出ることもないため、ほとんどの方が私の ことを知ることもないことでしょう。私と会ったことがある方はある意味貴重か もしれません。ただ電話の応対はしておりますので、もしかしたら…と想像して みて下さい。

さて、タイトルのPiacere(ピアチェーレ)はイタリア語で「はじめまして」 という意味です。今回のブログではイタリアでのいつもの旅をひとつを紹介いたします。
イタリアに行かれたことのない方でもローマ、ミラノは有名で聞いたことはあると思います。これらの都市も見どころがあって良いのですが、そこから電車に揺られて一時間以内で行ける小さな町にも歴史あるところ、素晴らしい眺めのところ等、十分楽しめます。
目的地で満足しなくてもふらりと知らない町に途中下車をして散策すると新たな発見もあります。
数年前、トリュフで有名な北イタリアのAlbaに行ったとき、時期外れだったのであまり楽しめず、急遽お隣りのNeiveに下車。あるお店の前でメニューを見ていたら、そのお店から出てきた人に「ここはおいしいよ」と言われ、入ることに。
そこはワインを売るお店で、商品として置かれたワインに囲まれたテーブルがあるだけで雰囲気的にはいまひとつ。そこではワインと女性にはうれしいちょっと ずついろんな種類を食べられるメニューがセットになったものを注文。
味は言われた通り満足するもので、あとで調べてみるとその辺りはワインの産地で 丘陵地帯で風景も素晴らしく、とてもいい旅になりました。

click to enlarge
モレーンスタッフブログ仲野1
モレーンスタッフブログ仲野2

人生も旅同様で、途中下車することも必要だと思います。
特急に乗って目的地に早く着くのも良いですが、たまにはちょっと寄り道して 楽しんでみたらいかがでしょうか?そこには普段通り過ぎて気付かない何かが 隠されているかもしれません。
2月に行われる日本環境感染学会、モレーンが目的地でなくてもちょっと立ち寄って よってみませんか?新しい発見、出会いがあるかもしれません。

2009年01月19日 16:58

はじめまして・・・

経営管理部 草場依未子です。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

主に社会保険関連や給与計算等の総務部門と
経理部門に携わっております。

現在モレーンは22名。個性豊かなスタッフの多い中、
4月には新たに3名増えるので、またまた賑やかになると思うと
今からとても楽しみです。

オフィスもお蔭様で昨年末に引越し、今年は新しい環境での
スタートとなりました。

広くなった分、つい荷物を置いてしまいがちですが
いつ皆様がいらしてもお見せ出来るような環境を維持することが
今の目標です。

そう言えば、先週土曜日から公開している話題の映画、「感染列島」。
もう皆様ご覧になりましたか?
もう既に今朝某スタッフより興奮のレポートが届きました。

私はたまたまTVで予告番組を見ました。
この映画のテーマは「愛する人を守りたい」(!)
ずばりモレーンのテーマ、「大切なひとを守りたい」 とかぶっている!

内容は単なるパニック映画に留まらず、新型ウィルスが感染拡大していく過程での
医療従事者・患者、そしてそれを支える家族のそれぞれの想いが描かれている
ヒューマンドラマのようです。

感染管理の大衆化を目指し、スタッフが日々パンデミック対策に取り組んでいる中、
まるで実際に起こった時の予測映像として見ることになりそうです。

それだけに怖さはあるのですが、現実を見据え、被害を最小限に留めるために
モレーンはより一層の努力をして参りますので今年もご期待下さい。

2009年01月08日 16:15

東京営業本部の多川です。

新年、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞ宜しく御願いいたします。

今回、ブログを担当させて頂きます東京営業本部の多川です。

2009年もスタートしました。
お正月休みにこの一年はどのように乗り越えていくかおいしい焼酎を片手に考えましたが
結局答えたがでたのかでていないのか良く解らない状況ですが
「行動する前に一度落ち着いて考える」という事を実行し時間の無駄使いやお客様へのサービス向上を心がけます。

まずは2月に{第24回環境感染学会}がパシフィコ横浜にて開催され展示・セミナーと大きなイベントがあるので行動する前にしっかりと先を読み絶対に成功するように各展示担当者と共に努力します。

今回も新製品を展示しますので皆様の展示ブースへのご来場お待ちしております。

また、セミナーに関しては各営業担当者より紹介があるかと思いますのでぜひ楽しみにしておいて下さい。

2008年12月24日 18:44

今年もお世話になりました。

こんにちは、今回のブログ更新は私、多湖が担当します。どうぞよろしく。

年内最終ですので、モレーン2008年ベスト10をまとめてみました。
あっという間の1年を振り返ると話題の多い事多い事。締めくくりに相応しいかは
別として、ここで簡単にご紹介します。

2008年のモレーン10大ニュース(極めて個人的な判断基準です。)

1. 九州支社 馬場IC-R奇跡の完全復帰!
1月中旬、杉山IC-Rと出張先の北海道で、馬場IC-Rが事故に巻き込まれたとの情報を聞いたときは、マイナス20度の北海道で、身も心も凍りつきました。そして7月後半、業務に復帰。この復帰はなんと言っても今年1番のうれしい出来事でした。馬場ちゃんの復帰まで彼の分も頑張りますと宣言してくれた原田IC-Rの言葉も心強かったですね。

2. 環境感染学会イブニングセミナー
非常に多くの方々にご来場いただきました。500名の会場でしたが立ち見となってしまった方々には申し訳ありませんでした。九州の上河支社長が進行役でした。 来年2月の環境感染学会でもセミナーを予定しております。次回も展示ブースと合わせて期待してください。

3. Web担当 藤川の新規参加(乱入!?)
トロント帰りのワイルド系です。なんだか存在感あります。
このブログの管理者でもありますので変な事書けないですね。(モチロン冗談です。)

4. MICKSサイト リニューアル
Webからのお問い合わせには市川がお答えしています。
話が長い人はメールも長いって事がわかりました。

5. 医療機器学会
小宮IC-Rが企業プレゼン初登場でした。とても落ち着いた発表でした。

6. ペイントボール
ティームワークビルドの目的で、米軍池子基地内での本格的ペイントボールでした。
うっかり心の底から楽しんでしまいました。川口支社長の真面目一本槍のヨロヨロ走りや、山本IC-Rの冷静な作戦遂行姿勢が印象的でした。また、敵から恐れられたモレーン工作部隊(実は技術部)がいよいよ来年ブログに登場予定です。

tago20081224

7. HOSPEX
岡本IC-R義元IC-Rの同期チーム2名が今回の企業プレゼンを担当しました。

8. TBSドラマで製品が出演。(小児救命 ブラッディ・マンディ)
モレーンのコーディネーターは栗山です。今度は私が出る!?なんて思っているのかな。

9. 東京本部移転(ポレポレ坐からユニゾンモールへ)
日頃留守がちのIC-Rを支えている本部守備隊が移転作戦でも大活躍。
ついに彼らも来年ブログに登場します。ご期待下さい!

10. 2009年度新卒者内定
来年4月、新しい仲間が加わります。順次ブログに登場することでしょう。

とてもご紹介できないくらいたくさんの事がありました。
みなさんの職場や会社、家庭での10大ニュースはいかがでしたか?

今、メディアはこぞって世界経済の低迷とそれにまつわる負の情報を連日報道しています。確かに我々をとりまく状況はその通りなのでしょう。しかし私たちは毎日様々な事を肌で感じ、直接聞いて、伝えて、仕事をし、生活しています。そんな日常の中にこそ真実があることも事実です。大変な状況になってしまったと言えばそれまでですが、個人個人が大切な時間を過ごす事には変わりありません。多くの情報が溢れるなか、2009年も目標を持って迎えることにしましょう。

Merry Christmas!

そして、よいお年を!

 

2008年12月17日 17:33

新型インフルエンザ対策から思う事

先日、自宅近くの開業医で、季節性インフルエンザの予防接種を受けました。

医療業界に就職して十数年、ほぼ毎日、全国各地の病院を訪問して、商品提案や関連情報の提供を行う仕事に従事していながらも、ふと考えてみると、私生活では、数年に1回の頻度である事に気が付きました。病院とはあくまで私の仕事先であって、休日に行く場所ではありませんでした。もちろん、予防接種を受けにプライベートで病院に行く事など、これまでには、有り得ない行動でした。

しかし、今年は違いました。
理由は2つ。
ひとつは、子供を保育園に通わせているため、園の他の子供達やそのご両親、先生方や職員さんに対しての配慮から。しかも、父親である私が「感染管理の大衆化」活動によって社会から対価を得ているにも関わらず、その子供が感染源となる事など決してあってはならないとの妙なプライドから。
ふたつ目は、来るであろうと考えられている新型インフルエンザ。
現在、医療機関等では新型インフルエンザ対策用の感染防護用具類の備蓄計画が加速しており、弊社にも連日、本当に多くの代理店様や医療機関の皆様からのお問い合わせを頂いています。
また、当社ホームぺージを通じては、一般企業の担当者様、個人のお客様からも非常に多くの問い合わせを頂いており、社会全体としての意識の高まりを日々、実感する毎日です。

先日、都内で開催された関係学会で聴講した際に、「現在、国や都道府県、保健所、医療機関では様々な対策と準備を講じているが、関係機関だけの努力では全ての対策を取る事は不可能である。国民の皆様には、この社会の一員として、ひとりひとり、何が出来るのか?という事を考えて頂くことも大切です」という趣旨のコメントをされた先生がいました。
そこで今回、先ずは今年の季節性インフルエンザに対しての行動を起こしてみました!
(※季節性インフルエンザワクチンの接種には様々な考え方があります。私は自己の責任において接種の判断をしました。)
開業医で先生にお聞きしたところ、今年は例年よりもとても早いペースでインフルエンザワクチンを接種される人が多く、すでに申し込みを締め切らなければならないとの事でした。 理由は色々あると考えられますが、もし、「全員の為の自分の接種」が全体として進んでいる事が不足の大きな原因であれば、それは素晴らしい事ではないかと思いました。

前述の「・・・社会の一員として、自分は何をすべきか?・・・」
広域で考えてみると、とても深いテーマです。
現実には、自分の事だけでも精一杯になっていたりします・・・

この年末年始の休暇では、お酒をセーブして、じっくりと考えてみようと思っています。
(少し早いですが)皆様、よい新年をお迎え下さい!

PS: 「ブログを見たよ!」と多くの方に声を掛けて頂きました。 当社のホームページを沢山の皆様が見守って下さっている事を嬉しく思いました。 これからもよろしくお願いします。

2008年12月17日   
樋掛 明洋   

2008年12月10日 11:52

皆様こんにちは!関西支社山本です。

皆様こんにちは!関西支社山本です。天下御免3度目の登場です。

関西でも最高気温が10℃を下回る日がちょくちょくあり、
いよいよ冬本番になってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?

先日、阪急西宮スタジアム跡地に『阪急西宮ガーデンズ』がOPENしました。
なんでも関西一の規模だとかのことで、かつてはアメフトやマイケルジャクソン、
SMAP、マドンナのコンサート会場で使用されていた場所が、どないになったんかな?
と思い行ってきました。

まず、阪急西宮北口駅に着くとあまりの人の多さにビックリ!
阪急電車のアナウンスでも「次は西宮北口 阪急西宮ガーデンズ前」と
アナウンスされるだけあって、ガーデンズまで駅から動く歩道で直結されており、
この時点から大行列…。(マスク必須です!)

店舗は268から成り、69の店舗が関西発出店の様です。
中でも凄かったのが、コールド・ストーン・クリーマリーで女の子やお子ちゃま連れの
家族やらによる行列でなんと90分待ち!
ほかにも阪急百貨店やJoshin、イズミヤ、TOHO Cinemas、Levi'sや
アーバンリサーチ、SHIPS、DIESEL、ティンバーランド等々、メジャーなものもあれば、
阪急西宮ギャラリーというものもあり、阪急ブレーブスに関する展示と、
阪急電鉄の歴史の展示もあります。

また、ほとんどのエリアでは不可ですが犬連れOKな場所もあり、
3,150円以上の買い物をすると犬を1時間無料で預かってくれるシステムもあります。

「阪神間の豊かな自然環境との調和」をテーマにしているだけあり、
芝生や桜、オリーブや柑橘系の樹木とオルゴールと融合した噴水を有する
屋上庭園(スカイガーデン)もなかなかイイ感じです。

この阪急西宮ガーデンズの誕生で、関西が少しずつでも経済的に上昇することを
祈りたいものです。是非、暇があれば行ってみて下さい。^^

yamamotoblog

2008年12月03日 00:00

~世界の車窓から~ドイツから英国へ

は~い!スギ、ありがとう!
先週に引き続き、今週は“世界の車窓から~ドイツから英国へ”です。

皆様、はじめまして。インターナショナルマーケティング部の栗山と申します。
突然登場したこのインターナショナルマーケティングという、
なんだか“ざっくり”した部って何をしているところ?と興味を持って頂けると光栄です。
モレーンの数ある海外パートナーと、納期から海外の最新情報入手に至るまでの
ありとあらゆるコミュニケーションを、時差にもめげず、メールと電話を駆使して
行うのが私の業務です。
IC-Rと違い、お客様と直接お会いできることの少ない我が部ですが、
より良い製品や情報をお届けできるよう、またより多くのお客様の声をパートナーへ
届けるべく、日々キーボードを叩いております。

私にとってのMEDICAとは、パートナー達の多くと顔を合わせることのできる大切な時間です。でも単に旧交を温めることが目的ではなく、日本のマーケットからの要望や情報を伝えるという、代理店としての責任を果たす場を意味します。
その上で、お互いにどうすればもっと良くなるか、と意見交換。
パートナーとの打ち合わせには、それが日本であれ海外であれ、毎回緊張感が伴います。
でもこれぞ我が部の醍醐味!もちろん世界中から様々な企業が集まるこの国際展示会は、
そのホールで雰囲気を味わうだけでも非常に刺激になります。
今年もアポに走り回り、全部で19もあるホールを早足で見て回り(残念ながら全ては回れませんでしたが)、途中でアイスクリームでの休憩も入れながら4日間駆け抜けました。

kuriyama_Medica.JPG

MEDICAの詳細は杉山IC-Rが熱く語っておりますので、私は後半の水溶性ランドリーバッグアクアフィルムの製造元、英国Monosol社訪問についてを。

芝(牧草?)の緑と羊たちの白のコントラストが美しい牧歌的な風景を抜けると、
大きな建物に見慣れたあのマークが!そう、アクアフィルムの袋や箱に印刷されている
あのマークです。そこがMonosol社の工場でした。
私は個人的に“工場見学”という行為が大好きです。何かを生産している現場が好きなのです。それがアクアフィルムであれば、嫌でもテンションは上がります。

真っ赤なラボコートを羽織って早速中へ。
原材料からフィルムを製造する機械は、そのものすごい存在感に痛く感動。
製造ラインでは事前に打ち合わせたかのように、ちょうどLBS-1を製造中。
その傍らにはBHB-1の箱も積まれていました。
やるなぁ、Monosol!
できたてほやほや、パリパリのLBS-1を手に取った時は古い友だちに会ったような
嬉しさでした。かと思えば、工場内の結構な騒音にも負けない大音量で音楽をかけながら作業をしているおじさんが。しかも腕には大きなtattoo。また行くことができたら、このファンキーな彼とは絶対に友だちになります。
そして多くのスタッフからの温かい歓迎。Monosol社とモレーンとの付き合いは
もう15年になります。今回“名前だけは知ってたけど会ったことない”全員と会うことができました。
“はじめまして”で交わした握手に、でも15年の間に培われたお互いへの敬意や信頼が感じ取れ、外は寒いですが心はホカホカでした。
そして何よりも強く感じたのは、より良い製品を作ろうとする彼らの熱意です。

kuriyama_UK.jpg

多くを感じ、考えた8日間でした。
例え水溶性ランドリーバッグ1枚でも、それはたくさんの人たちの想いの結晶であり、
その人たちに支えられてモレーンがあります。
同時にモレーンのうしろにもまた、たくさんの人の想いがあります。
その想いを感じ、彼らの真剣さに真正面から向き合う強さとしなやかさ、
そして少しのしたたかさも持つ“外交官”であることが、これからも目指す自分です。

帰りのヒースロー空港で、出発が1日遅ければ重量オーバーで20ポンド払わなくてはならなかった私の24kgのスーツケースには、きっとお土産だけでなく、パートナーや現地で出会った人たちからもらった気持ちと、同じくらいの私の気持ちが詰まっていたんだろうな、と思います。おかげで大きな“HEAVY”シールを貼られてしまいましたが・・・。


ドイツと英国の街のイルミネーションに負けない程、早くも私のクリスマスムードも全開です。
少し早いですが、皆様もどうか素敵なクリスマスをお過ごしください。

2008年11月28日 15:56

~世界の車窓から~

お久しぶりです。ブログを御覧の皆様、お元気ですか??

今回は、私・オスギが約2年ぶりにブログを担当致します。
題材は【~世界の車窓から~】ということで、私自身、初の海外出張inドイツ編をお伝えしようと思います。

まず今回、海外出張は草場社長・多湖副社長・マーケ担当栗山リーダー、私の4人で成田空港より旅立ちました。

全然関係がないのですが、頭の中では中森明菜の『北ウィング』が流れていました。

冒頭でもお伝えしたとおり、初めての海外だったので見るもの全てがとても新鮮でしたが、不安もあり、好奇心のみで飛び込むという感覚だったような気がします。
飛び込むという意味では、少し『北ウィング』の歌詞に似ている部分があったかもしれません。

機内はとにかく英語で会話がされており、栗山さんにはちょっとだけ!?フォローしてもらいました。ただ唯一安心したのが、機内のおやつの時間に日清カップヌードル・シーフード(大好物)があり、その匂いが日本を懐かしく思わせてくれました。

飛行機はヒースロー空港で乗り換え、その後デュッセルドルフへ向かいました。
さすがにはしゃぎ過ぎていたこともあり、ホテルに着いたら疲労困憊のため部屋で熟睡していました。因みに宿泊したホテルはライン川の上に停泊している船の中です。

ドイツの食べ物といえば、朝食は毎日パン、ソーセージ、ハム、チーズ、エッグ、フルーツで、昼食・夕食は殆ど牛、豚、鳥、たまに魚+コーラ、最後にデザート(草場社長好みのかなり甘い物)のローテーションでメタボリック症候群に一歩前進したように思えます。

街はクリスマスのイルミネーションで明るく、笑顔の人々が溢れかえっていました。
街のいたる所に名物のホットワインがあり、お酒が少し弱い私でも飲みやすかったのを覚えています。

sugiayama1
sugiyama2

またドイツ最終日には、全員でデュッセルドルフの街でお買い物にいきました。
お洒落なお店が多く、目をキョロキョロさせながら歩いていたら、いつの間にか多湖副社長が消えていました。戻ってくると少年のような笑みで『いい靴あったけど、あぁどうしよう~』。今まで見た中で一番生き生きしているように思いました。
草場社長は今までに無い真剣な眼差しでパジャマを探していました。どうやら日本に忘れてきたみたいです・・・。


では本題の海外出張の目的は・・・、世界最大の展示会『MEDICA』への参加です。
簡単に言えばHOSPEXの約15倍の広さで、それを4日間で全て回るという過酷なスケジュールでした。
さらにその中で、取引のある海外メーカーとの打ち合わせもする・・・など、非常に緊張が走ります。初日は緊張のあまり英語で話されても訳がわからない状態でしたが、徐々に英語への慣れとメーカーの考えていることや製品に対する熱い思いが分かったので、言葉はあまり分からなくても、必然的に自分達が何をしなければいけないのかを理解出来てきました。

今回の海外出張で感じたことは、日々、私達は感染管理の大衆化を目標に活動しているという事です。

常にお客様が直面している問題を一緒になって考え、何をしなければいけないのか方向性をイメージ化した上で実行する。
結局、現状把握→現状分析→イメージ化→優先順位決定→ノウハウに基づいた実行→フィードバックが一番重要だと考えております。
実はこのコンサルティングの内容が、海外メーカーや国内の代理店との取引に精通する部分が多々あるのだなと感じました。
海外メーカーも国・人種・言葉は違えど、感染管理をするという方向性は一緒であるにも関わらず、『感染管理に必要なものが売れていない=日本は本当に感染管理ができているのか』。この部分が海外メーカー側の心配な部分であって、しっかりと日本でコンサルティングできていなければ困るのは医療従事者や患者だ、と言われていたように思えます。
また、何処に問題を抱えているのか分からなければ一緒になって問題解決の協力をするとも話しをしていました。

やはり感染管理の大衆化は一人で出来る訳ではなく、目標を全員で共有し、たくさんの人に協力してもらいながら進んで行かなければならないと思います。
そういう意味では、『人類みな兄弟』という言葉はとても深い意味があると思いました。
来年も是非メディカに行きたいと思います。

長々と書いてしまいましたが、来週は栗山リーダーより世界の車窓から~イギリス編があると思います。栗山さん、よろしく~~!!

                                  杉山 貴之

2008年11月21日 17:42

「この度は、弊社ホームページMICKSより・・・・」

「この度は、弊社ホームページMICKSよりお問い合わせ頂きまして
誠に有難うございます。私、モレーン コネクトの市川と申します。・・・」、
というフレーズでWebから頂いた製品のご質問の回答や、
それに伴う感染管理の情報提供、又、先日開催されましたHospex2008や
京都で開催させて頂いたMMD感染対策アカデミーの企画や展示の設営等々、
バーチャルからリアルまで様々なところで顔を突っ込んでいるのが私の現在の仕事です。

このモレーンコネクトとは、今年度から始動した部署であり、海外調達部や
Webの店長(?)の力を借りながら、Web・電話・FAX・今までのコ・ユ・イ人脈、
弊社の社長や副社長まで・・・を駆使(?)しながら、少しでも早くお客様に正しい
情報をお届けし、「感染管理の大衆化」を弊社IC-R共々促進させていく部署です。

このブログをお読み頂いている皆様、是非お問い合わせ下さい。
色々な情報がドラえもんのポケットのごとく出てくる場合もございます。

ここ最近、弊社はちょっと有名になり、TBSドラマのブラッディ・マンディに
衣装協力として電動ファン付き呼吸器防護具、カバーオール、N95マスクなどなどを提供し、よ~く見ないと分かりませんが、エンドロールに会社名とロゴを入れて頂いたり、
新型インフルエンザ対策のTBSの取材を受けたりとメディアに出るケースが非常に多く
なりました。

ところで昔はと申しますと、「焼肉屋のエプロンみたい!」(ロールエプロン)、
「うそ~。この袋本当に溶けるの~?」(水溶性ランドリーバッグ アクアフィルム)、
「あんた話しが長いね。簡潔に要点を言って、時間が無いんだから」(自己責任)、
展示会では、延々と話し続け続けない限りご質問もない状態等々、
今では感染管理と言えば皆様ハイハイという感じですが、
お客様の心を掴むまで四苦八苦しておりました。

ましてや、日本における正式なガイドラインもない頃、海外の文献やエビデンスだけを
コピーしまくり、中にはある部分を自分の名前に修正液で書き換え提出したら、
もちろんその部分を指摘され「あんた。これ○○さんからFAXを送ってもらったやろ」と
バレテしまいました。

今あらためて振り返ると(振り返る程、年寄りではないですが)、現在色々な情報が溢れ、
良くも悪くも感染管理の情報が流れています。
皆様は、その溢れんばかりの情報からどういう風に自施設にあった情報を選択されていますか。「?」と悩まれた時、是非弊社ホームページの学術情報サイトをご覧下さい。
今まで霧がかかっていたことが嘘のように晴れ渡ると思います。
又、上述のようにどしどしご質問も承っております。
バーチャルであれば私が対応させて頂き、リアルでは各拠点の専門的な情報を持ったIC-Rが
お邪魔させて頂きます。

最後に、たまにはリアルでどこかのご施設にお邪魔させて頂くこともありますが、
その時は気軽にお声かけ下さい。
ただし、時間だけは十二分に頂きたいと思います。
一度話し出すと、皆様にもっと、もっと情報をお伝えしたいと思っておりますから・・・。


2008年11月12日 10:31

一期一会

近頃、めっきりと寒くなって参りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
こんなに寒くなっても、汗は人一倍かいております岡本(東日本営業本部)です。

最近は色々な方とお会いする機会に恵まれ、
その中でも一番衝撃的だったのが、脳神経外科専門医の築山節先生に
お会いしたときでしょうか。

その日は院内で新型インフルエンザ対策の一環として、
N95マスクのフィットテストのお手伝いをさせて頂いていたのですが、
一通り終えた後に先生がお越しになられ名刺交換をした時に、
なにやらどこかでお会いしたような感覚があったのです。

でも、どうしても思い出せない。

直接お会いした記憶ではなく、どこかでお見かけしたような。
ふと、ネームプレートの写真を見た時に、
『あっ』と思わず心の中で叫んでしまいました。

『脳が冴える15の習慣』や『フリーズする脳-思考が止まる、言葉に詰まる』を
著されている方だと気づいたのです。
なぜならば、本の背表紙の写真とネームプレートの写真が一緒だったものですから、
記憶が一致したのでしょう。

築山先生に『あの、(自信なさげに)本を著されていますよね』と
おそるおそるお聞きしたところ、院長先生もにっこりと
『そうですよ』とおっしゃって頂きました。

芸能人にお会いしたかのような興奮に包まれてしまい、
もう何をお話していいやら半ばパニック状態に陥ってしまいました。

築山先生の著書を拝読した際、ひどく感銘を受けた覚えがあり
こうやって医療に携わっていればいつかお会い出来る時も来るのかなぁと
半ば夢物語のように考えていたのですが、
まさかわずか読後半年ほどで願いがかなってしまうとは本当に驚きでした。

お話出来たのはほんのわずかでありましたが、私にとっては大変貴重な時間でした。
一期一会とはよく言ったもので、今後とも色々な方々とお会いする機会があるかと
思いますが、その一つ一つの出会いを大切にしていきたいと思っております。

2008年11月05日 14:51

Feeling the Change

11月初旬の週末、本日二杯目のコーヒーと
大好きなチョコレートチャンクスコーンをほおばりながら
このブログの原稿を作成しています。

最近ようやく自分の気持ちが季節の変化に追いついたようで、
心地良い秋を全身で感じ始めています。

みなさま、はじめまして!
モレーンネットワークデザイン事業部の藤川と申します。

私がモレーンに参加し始めてからすでに半年以上が経過しました。
ウェブに関する業務を中心に様々な経験をさせて頂いているのですが、
最近の大きな出来事といえば、10月31日のオンラインショッピングサイト
「モレーンストア」のリニューアルオープンです。
http://morainestore.jp
これからは皆様とはここでお会いすることが多くなるかと思います。

いま私が座っているカフェの窓越しに
通り過ぎていく人々の装いも変わってきました。
今でもTシャツ一枚の人、早くも冬用コートにスカーフを巻いている人、 
中にはマスクを付けている人も…

ちょうど体調を崩しやすい時期ですので、
栄養と睡眠をしっかりとって体調管理に気を付けていきたいですね。

私も段々と冷たくなってくる風に負けることなく、
片道約10kmの自転車通勤を続けていきたいと思います。


追記(2008年11月5日)

今日は人類にとって歴史的な日となりました。

アフリカから強制的に奴隷としてアメリカへ連れ込まれ、
さらに謂れのない差別を受けるなど、
私たち日本人には到底彼らが強いられてきた苦しみを味わうことは出来ないでしょう。

しかし彼らは希望を見失うことなく、
音楽という表現方法によって愛と平和を訴え続けてきました。
もちろんそれはこれからも変わることもありません。

今日という日が、
人種差別という深い「闇」が幕を閉じ始める夜明けであり、
全ての人に平等に陽の光が届くような
素晴らしい世界へと変化して行く時だと信じています。

2008年10月29日 10:46

最近ちょっと気になること【医療ドラマ編】

みなさまこんにちは。九州支社の原田です。

最近、医療ドラマが多いですよね? 現在放送中のものでも『小児救命』、『チーム・バチスタの栄光』、『風のガーデン(医療ドラマ?)』などなど。

医療ドラマというと、過去には『振り返れば奴がいる』、『救命病棟24時』などははまって見ていたのを覚えています。
当時は、“医療ドラマ”だからだとかは関係なく、キャスティングとテレビドラマ的面白さで番組を選んでいました。

それが今では、“医療”という言葉に反応するというか、“医療ドラマ”というだけで興味を持ってしまいます。
ひとつの職業病でしょうか?

テレビドラマは時代背景を映し出すとも言われていますが、
医療ドラマも例外ではないようですね。何か考えさせられるものがあります。
もしかして昔からそうだったのかも・・・最近ちょっと気になります。

今度、DVDを借りて検証してみようと思います。

2008年10月22日 09:12

A MEMORIAL YEAR 2008(九州支社 馬場正博)

スタッフブログ「天下御免」をご覧の皆様、いつもお世話になっております。 今回は九州支社IC-R 馬場正博が執筆させて頂きます。 よろしくお願い致します。

さて、九州は福岡でも朝と夕はかなり冷えてきており、季節の変わり目ということで皆様お風邪などをひかれてはいませんでしょうか?
今年も気がつけばあと2ヶ月と数日で新年を迎えることを思うと、非常に時が経つのが早く感じるわけであります。
前回執筆させて頂いた川口曰く「光陰矢の如し」という格言はまさに的を得ている(矢だけに!?)と考えている今日この頃でありますが、今年は特にそう感じます。 なんせ今年は年明け早々から約半年くらい寝て過ごしていたわけで・・・というわけで今回のブログでは題名にありますように、私にとって08年がなぜメモリアルなのかをお話させて下さい!

実は私はかなりのバイク好きでして、「趣味は?」と他人から聞かれたら「ツーリングです!」と答えてしまうような典型的なバイク馬鹿です。いや、で し た。
去年の年末に夢だったハーレーダビッドソンを購入し、今年は非常に良いスタートをきれたかと思っていたのですが・・・忘れもしない新年早々の1月14日成人式の日に新車のバイクで事故を起しまして・・・。事故の詳細は皆さんもあんまり興味がないと思いますので省きますが、この事故で首の骨(頚椎のなかでも軸椎と呼ばれる箇所)を骨折し、さらに左手首骨折・左足首骨折・顔面裂傷・左足裂傷・上腕神経叢損傷・新車のバイクを失った心の傷(←これはかなり痛いです!)と自分で自分の負った傷を紹介するとき赤面してしまうくらい数多くの傷を受けました。
ただこれだけ大きな事故で大きなダメージを受けたわけですが、現在はまた感染管理の大衆化に向けて最前線に復帰させて頂いております。命に別状があってもおかしくはないのですが、運良く?別状ございません!

私の闘病記は非常に長くなるので、改めて別の機会に受傷から復帰に至るまでは紹介させて頂きますが、今回メモリアルイヤーとさせて頂いたのは、これだけの大事故にあって新車のハーレーがものの2週間足らずで鉄の藻屑と化したからメモリアルと考えているのではありません。簡単に言えばこの事故で失ったものも非常に多かったですが、得るものの方がよっぽど多かったと感じており、その意味で今年はメモリアルイヤーだと考えました!
人が体験することができない体験(臨死体験ではありますが、あいにく三途の川や大霊界は体験できませんでした、残念!!)できたこと、また命の尊さや家族の大切さが身に染みて認識できたこと、周りの人々に支えられていること、そして生きているということをより実感できるようになったこと、また生きて何をしたいか、何をしなければならないのかと考えるようになったこと、時間の大切さがわかったこと、などなどあげればきりが無いほど得られるものがありました。
これら得られた思考や実感はおそらく私が普通に生活するうえでは到底得ることができないモノでしょう!ある意味もう今年の1月14日が私の新しいバースデー的な感覚です!!!メモリアルですね!!!

長々となりましたが、私が約半年ほど寝てる間に「新型インフルエンザ」のアラートがなっているではありませんか!
私がこうしてまたもとの姿で生活できているのは、一重に治療及びケアをして頂いた医療従事者、それに関わるすべての人のおかげです。今度はその恩を返すべく、感染管理に関する最新の情報提供や感染管理上の問題を、感染制御アイテムを駆使しコンサルティングに努めて参ります!

お待たせしました!モレーンの不死鳥ICR馬場正博復活です!
今後とも何卒よろしくお願い致します!

ノンフィクションですが、交通事故にはくれぐれもお気をつけ下さい!
私と同じような体験をするにはどうやら8階建てのビルの屋上から飛び降りるくらいの衝撃が必要みたいです・・・。

2008年10月15日 17:49

こんにちは、東京営業本部の多川です

いつも弊社ホームページをご覧頂き有難うございます。
今回、スタッフブログを担当させて頂きます多川 浩人です。

8月から新組織になり私の担当エリアは東京都の一部・青森県・秋田県・岩手県・宮城県・山形県を担当させて頂いております。
宜しく御願いいたします。

色んなお客様から老けて見られ、よく40歳以上に見られますが実はヤングの37歳です。(今時ヤングとも言わないですよね。そっからしてオッサンですよね。)
今回は実際のヤング時代の写真を掲載いたします。私の実物をご存知の方は一致しないかも・・・。
当時よりかなり大きくなってしまいました。

tagawa.jpg

私の紹介はこれぐらいにしておき最近の話題でテレビの話ですが先週よりTBSで放送されました「ブラッティ・マンディ」は皆様は見られましたでしょうか?
何故、急にこんな話をしたかと言いますと実は・・・今回、モレーンコーポレーションは製品を提供させて頂きました。
そこで番組が終わった後に協力会社のテロップがでるんですが、そこにモレーンがでているので来週確認して頂ければ幸いです。

番組の通常で確認しようとすると必死で見るせいか目が引きつり、きちんと確認もできないのでストレスも溜まります。
そこで提案です。ビデオ録画してゆっくりと一時停止をして確認して頂く事をおすすめいたします。(笑)

何の製品と気になる方は新型インフルエンザの情報提供と一緒に提案させて頂きますのでエリア担当者に声をかけて下さい。

第1話では使用されている場面はありませんが、次週予告編にて少し写っていた気がしますので第2話では使用されるかも・・・。

2008年10月10日 17:57

【こんにちは、川口順也です!】

今回、スタッフブログ『天下御免』に登場することになりました川口順也と申します。何卒宜しくお願い申し上げます。
敢えて顔写真は出しませんが、アンパンマンに泥棒ヒゲをつけたような顔です。会った事のある方なら分かっていただけるかと思います。


改めて数えなおすと、私がモレーンコーポレーションに入社してからもう5年目に突入していました。『光陰矢の如し』。月日が経つ事の早さを感じます。社員数も増えて気付けば古株の部類という状況です。
『感染管理の大衆化』というテーマに基づき、医療機関の更なる感染管理の質の向上に寄与できれば、と考え展開しております。


さて、学生時代から日記すらまともに書いたことのない私がブログを書くことになり、『何を書いたらいいのかな?』と考えている時、調子が悪かったPCがまた暴走し始めてくれました。
テレビ会議システムの関係でMacを薦めていただいたT副社長のご意見もあり、十数年ぶりにMacを使用することになりました。
大学時代は化学構造式を扱えるソフトがMacにしか無かったため、研究室はMac一色であり、必然的に私もMacユーザーになっていました。
当時使用していた機種はRAMの標準装備が8MB、確かMaxの36MBまで拡張して喜んでいた記憶があります。
しかしそんな時代から10年以上。社会人になってからはWindowsのPCしか触った事がありません。MacのOSが何になっているかも解らぬまま、アップル直営店へ向かいました。
ショップに入りMacに触れて驚きました・・・。私の体型やヒゲの濃さも変わりましたが、それ以上に良い意味で進化(というより変貌)しているMacに。アプリケーションやシステムの事を店員さんに優しく解説していただきましたが、それらは当時とは全く別世界になっており、昔の知識で通用したのはほんの一部だけでした。まるで平安時代の人間が現代へタイムトリップしたようなイメージでしょうか。今回MacBookを使用することになりましたが、今も私の家の倉庫で眠り続ける当時の機種と比べて隔世の感を禁じえない・・・。メモリーだけでも36MBからいきなり2GBですから。

でも、変わっていなかった事がありました・・・それは『使い易さ』でした。購入して気付いたのですが取扱説明書がほとんど無いのです。要は『まずは使ってくれ。そうすれば解るから』という事でしょうか。感覚的に動かしてうまく行った時は唸ってしまいます。奥が深いです。使いこなすまでは時間はかかりそうです。


最後にMacとは全然関係なくて恐縮ですが、最近再読した本を紹介したいと思います。
趣味と言えるレベルではないのですが、本を読むのは好きな方なので。自宅で上記のMacをネット接続する上で必要な書類を探している時に目に留まり、ついつい手に取って読んでしまった本で、宮本輝の『錦繍』という本です。『幻の光』が映画化された頃から宮本輝の作品はチラホラと読むようになり、中でもこの『錦繍』は何度か読み直した作品です。

物語はある事件が原因で別れた夫婦が、十数年ぶりに蔵王のゴンドラリフトで偶然に再会するという場面から始まります。元夫のあまりにも変わり果てた姿を観て元妻は彼に手紙を出す。全編が元夫婦の手紙のやりとりという珍しい小説ですが、訳も解らず『どん底』の状態で離婚し、苦しみながら別々の人生を生きる2人の溝をその『手紙』が少しずつ埋めていく・・・。お互いが過去を見つめ直し、そして別々であるが前向きに新しい道を歩み始める2人の姿が心地よい作品だと思います。

少し疲れた時に良い本かもしれません。結局、Macの接続を忘れて明け方まで一気に読んでしまいました。

kawaguchi_1


では、今後もモレーン共々、宜しくお願い申し上げます。

2008年09月24日 12:06

上河です。宜しくお願いします。

今回、ブログを担当する上河 孝之と申します。
営業担当地域は岡山県、広島県、鳥取県、香川県、徳島県、高知県、愛媛県、福岡県一部、長崎県です。
ブログを見てお会いした際は、宜しくお願い致します。

これまでの弊社のブログは仕事のことが多く書かれていたので、私は省かせて戴きます。
私の仕事以外の悩みは、これといった趣味が無い事です。
このブログを書くのを期に色々なことに興味を持とうと思います。

これまで自分の中で「はまったなぁ~」と思うのが海外ドラマ(DVDを借りて)の「プリズン・ブレーク」です。
現在シーズン3まで出ていて、主役のマイケル・スコフィールド(役名)はかなりの男前です。
日本のドラマであれば次にこうなるだろうと予測できるのですが、「プリズン・ブレーク」はことごとく裏切ってくれるのでハラハラドキドキでとても面白いです。
お薦めいたしますので騙されたと思ってこの秋の夜長を有意義に過ごして下さい。

あと、最近Bz’のライブに行ってきました。
『Bz’ LIVE-GYM Pleasure 2008 GLORY DAYS』。
神戸ユニバー記念競技場で開演は18時からでしたが、
12時には到着してツアーグッズを買うのに1時間以上掛け、ツアーTシャツとタオルを買いました。
ライブはかなり盛り上がり、「Bz’のLIVE-GYMへようこそ!」と稲葉さんが叫び音楽が鳴り響き歌いだすと会場は大盛況でした。是非チケットを取って見に行ってください。

uekawa_1.jpg

最後になりましたが、O県の美作市にツチノコ発見場所という看板が立っています。
御興味ある方は是非看板を見つけて戴いたらツチノコを発見出来るかもしれません!!

次回は同期の川口氏が担当なのでかなりおもしろいネタを持っています。
「プリズン・ブレーク」のように良い意味で皆様の期待を裏切ってくれると思いますので
ご期待下さい。

上河でした。有難うございました。

2008年03月27日 11:34

みなさまこんにちは、樋掛です!

みなさま、こんにちは!
いつも当社ホームページ(MICKS・ミックス)をご高覧頂き誠に有難うございます。
今回、スタッフブログ“天下御免”を担当します樋掛明洋と申します。宜しくお願いします。

モレーンに転職して2年、「あっ」という間に過ぎていった気がします。それほど充実した(?)時間を過ごすことができたのも、お客様からのご指導や、手前味噌になりますが“当社の理念”があったからだと思います。
私は、モレーンに入社する以前にも、医療業界で様々な感染対策関連製品等を取り扱ってきました。しかし、当社の掲げる『感染管理の大衆化』と『感染管理のチェーン』という考え方(詳しくはトップページから“私たちの目指すもの”を是非ご覧ください!)に基づく顧客サービスを実践していくうちに、これまで自分が提案してきた方法は自己中心的な“エイギョウ”だったのでは!?と思えてきたのです。
それは、自社の特定商品の情報提供や販売をするだけでは、病院の感染管理活動に真の意味で役に立っていないのではないか、お客様の抱える何らかの課題や問題はひとつの商品を販売するだけでは解決されていないのではないかという、「モノを売る」だけの営業の限界を痛感したからかもしれません。
今、当社の企業理念やスタンスに対して、多くの医療機関や取引先の皆様から共感のお言葉や暖かいご支援を頂けることは本当に有り難く、私が今ここで働く大きなモチベーションになっています!


現在、私は、営業部と技術部のチームリーダーを兼任しています。技術部のリーダーとしては、自社製品のアフターサービスの向上を目標に、社外取引先や社内関連部署との円滑な業務の連携と推進を図ることが主な任務です。ずっと営業職一筋で仕事をしてきた為、技術部に関わる事はこれが初めてなのですが、「技術」という視点から当社製品を見ると、今後お客様に対してモレーンが果たすべき役割の一部が何なのかが少しずつではありますが解るようになってきました。

当社が販売する洗浄・消毒装置をはじめとする各種器械製品は、使用年月の経過に伴い部品の磨耗や劣化等に起因する故障が発生する事があります。技術部では、その修理をアフターサービスとして提供しています。ところが、私たちの対応が至らなかった為に、お客様からのクレームを頂戴することもあります。私たちは、「クレーム」を投げ掛けて下さるお客様をとても大切にしたいと考えています。時に私たちだけの独りよがりのサービスになってしまっている点や、私たちがこれまで気が付くことができなかった、至らない点を明確に教えて頂けるからです。
現在、技術部では更に迅速なアフターサービスを提供できる工夫や体制の再構築等だけでなく、製品を長期に渡って安心して使用して頂くために、予防的な定期メンテナンスサービス体制を急ピッチで整えています。
更なるお客様満足の向上に繋げられるように、技術部だけでなくカスタマーサポート部門や社内外の関係部門との連携を含めて日々、努力している次第です。


私は営業部門、技術部門のどちらにも携わる事ができる、ある意味とても幸運な環境に身を置かせて頂いていると思っています。それは、営業・技術両方の現場で毎日新しいことを学べるからです。「お客様の視点」とは即ち、“ゲンバ・現場”視点であるということをいつも念頭において、最高のサービスをご提供できるよう頑張って行きますので、今後とも宜しくお願い申し上げます!!

20080327_1.jpg

最後に趣味の話を。
趣味はゴルフで、仕事以上(!?)に高いモチベーションで取り組んでいます(笑)。ゴルフの面白さは、攻撃と守りに対するゲームマネージメントがコースやホールごとに織り込まれていることではないかと思います。これは実は仕事に似ている部分ではないかと思います。攻める(営業)だけでも上手くいかず、時には守る(技術)事が最大の攻めにもなるという事を実感できる瞬間があるのです。

最近は、仕事が忙しい上に、先月長男が誕生したことで、なかなか思うようにプレーもできませんが、限られた時間をやりくりしながら、更なるスコアアップを目指そうとしています。よく言われることですが、ゴルフは自然を相手にしたスポーツなので、そうそう簡単に自分の思い通りにはいきません。仕事においても、自分の思い込みだけでは、なかなか上手くはいきません。お客様あっての営業や技術であり、会社なのだと思います。
思い通りにいかないからこそ、面白く、相手を知ることはもちろん、自分自身を正しく見つめ、深く知るという良い機会なのだと思います。

平成20年3月27日

【プロフィール】
名前:樋掛明洋 (ひかけ あきひろ)
年齢:35歳
入社:2006年6月
職種:東日本営業部 ジェネラルマネージャー(営業部/技術部兼任)
趣味:ゴルフ
家族:妻、長男(生後2ヶ月)

2007年10月22日 10:22

【考えるハンカチICRこと”ロダン岡本”です!】

岡本

皆様、はじめまして。今年の2月からIC-Rの任についております、考えるロダンこと、岡本 毅志(東日本営業部)と申します。
夏も過ぎ、にわかに秋の気配が漂って参りましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか?こんなに涼しくなってきたにも関わらず、日々爽やかな(?) 汗をかいております、ロダンです。
感染管理を進めていく中で、病院様へご訪問させて頂き色々とお話をさせて頂いているのですが、私よりも目上の方たちばかりなので、緊張して汗だくになってしまうんですね、これが。感染管理の話よりも、どうしても看護師の皆様は、私の汗の方が気になってしまうようで「だいじょーぶ?」って声をかけて頂くのですが、ご心配なく。ハンカチは常に携帯してますので…。


ところで、冒頭にも出ておりますIC-Rとは、何のことかご存知でしょうか?これは、名刺にもしっかりと刻みこまれています。感染管理を広げていく意味でICがInfection Controlというのは容易に想像はつくと思いますが、この曲者のRとは何ぞや?いつか誰かが突っ込んでくれないかと心待ちにしているのですが、悲しいかな、名刺をお渡ししても、誰もそこまでは突っ込んではくれないのが実情であります。特に突っ込まれるのは、住所のポレポレ坐ってところですね。このポレポレという響きが皆様をひきつけてやまないようで、IC-Rまでは目がいかないみたいです。あまりに誰も突っ込まないので、こちらからアピールしようか、なんて考えていたりするのですけども。では、このRとは何を意味しているのかと申しますと、Representative(“代表者”の意)のRなんです、実は。


我々は、大小さまざまな病院様へ感染管理をトータルでご提案する中で、その責任の重大さを感じながら、日々取り組んでおります。その責任を負う者として、常に自分たちが感染管理を広めていく代表者としての意識を持つこと、それが、このRに込められた意味と私は思っております。ちなみにこれは自分なりの解釈ですので、各IC-Rは違った意味合いをもって感染管理の大衆化を推進しているかと思いますが、私はそう思っております。
なにかサッカーの日本代表のようで響きは格好いいんですが、感染管理に関しては、私自身、ほかのIC-Rと比べまだまだ未熟な部分が多々ありますので、日々、先輩のIC-Rや現場の医療従事者の方々から色々と学ばせて頂いております。

こんな私ですが、感染管理を全ての病院様に、また医療従事者の皆様、そして患者様を守るために、ハンカチ片手に病院を訪問しておりますので、ハンカチ王子ならぬ汗かき王子、ロダンを宜しくお願い致します。

                                                  2007年10月22日

2007年08月17日 11:48

【九州支社 ICR 馬場正博です!】

馬場
MICKSをご閲覧の皆様!はじめまして!モレーンコーポレーション九州支社のIC-R馬場でございます。8月より私がブログを引き継がせて頂きます。よろしくお願いします。

※いきなり余談ですが、ブログ(日記?)を書くのは小学生の夏休み以来のことで、文字通り夏休みの宿題を溜めてあせった小学生のように今パソコンに向かって執筆させて頂いておりますが、どこか懐かしい心地です・・・。また、8月というのはモレーンにとっては新期(16期を迎えました!)のスタート月なので、今期このIC-Rエッセイ集【天下御免】を盛り上げるスターターとして、一生懸命執筆させて頂きますので最後までご愛読頂けたら光栄に思います。よろしくお願い致します。

それでは早速ですが、自己紹介からさせて頂きます。私は現在、福岡(一部)・佐賀・大分・宮崎・沖縄をIC-R(Infection Control Representative)として担当させて頂き、日々弊社の理念であります「感染管理の大衆化」を実現すべく、病院様に訪問しております。歳は26歳(2007年8月現在、いわゆる「松坂世代」です)、写真を見て驚かれた方がいらっしゃるかもしれませんが、この髪は正真正銘の天然パーマで、特別パーマをかけているわけではありません(そんなサラリーマンいませんよね!笑)。よく「ドン・キングみたいだね!」とか「アジャ・コングに似てる!」とお褒め(?)のお言葉を頂きますが、別に意識しているわけではありません!ご容赦下さい・・・。趣味は、映画鑑賞やバイクツーリング、特技は短距離走でインターハイに出場した経歴もあります。こんな私ではありますが、前々職のリフォームの飛び込み営業、前職の映画会社を経て、去年の12月よりモレーンで働いております。

私が入社して、今月ではや8ヶ月になります。「貧乏暇無し」という格言がありますが、まさにそんな感じで日々を過ごしております。その中で、ディーラー様やICNをはじめとする医療従事者様と接し、色々なことを教わり学ばせて頂いており、毎日やりがいのある仕事を楽しく勤めております。私にとってモレーンでの仕事は新しい業界へのチャレンジですが、このことは日々新しい何かの発見をできる夢のような舞台と考えており、ワクワクドキドキしながら自分自身を成長させて行きたいと考えております。また、感染管理という分野においては、常に新しい情報を皆様にご提供できるように努めて参りますが、まだまだ足りない所があるかとは思いますので、ご指導ご鞭撻を賜りたく思います。私の原動力である「チャレンジ精神」の姿勢で、担当地区に留まらず日本の感染管理の向上にお役に立てるように日々邁進していきます!・・・なので、このブログをご覧頂いた皆様方だけはアポイントを断らないで下さい・・・(涙)

アーチ

さて長くなりましたが、最後に前述で「日々新しい何かの発見」ということを皆様にお伝えしたかと思いますが、先日営業に出た際に「何かの発見」をしました!そのときの写真が下の画像です。
この画像を見てピン!とこない方もいらっしゃるかもしれませんが、実はこの写真に写っている青い柱?のような部分はまさに弊社の会社ロゴマークにそっくりではありませんか・・・(期待された方、大した発見ではなく申し訳ありません、またピン!とこられたかた、いつもお世話になっております!)。思わず「野生のモレーンだぁぁ!」と叫びながら劇写したのがこの1枚。あまりにも急に現れたモレーンロゴに対し、運転中ということもあり、自分の指もしっかりと写ってしまっていますが、私自身は臨場感が感じられて満足しているわけでございます(ちなみに後に写っている山は、高崎山。近くには海たまご(水族館)もあり、観光で行かれた際には是非記念にモレーンロゴもどうぞ!(笑)

こういった感じで日々を過ごしております。いつ、どこで、どんな新しい発見があるかわからない・・・人生は楽しいです!常にアンテナを立てておかないといけません!

以上まとまりがない文章で大変恐縮ですが、皆様方に一日でも早くお会いできるように日々営業活動を頑張りたいと思いますし、またこの【天下御免】で皆様にお会いできるのを楽しみにしております。

今後ともモレーンコーポレーションをご寵愛下さい。よろしくお願い致します。
               
                               平成19年8月17日  九州支社 IC-R 馬場 正博

2007年05月29日 15:58

【新しい道】

20070529_1.jpg

はじめまして。今回は、西日本営業部九州支社の原田禎和(はらだよしかず)がブログを担当させていただきます。
私は、昨年の12月に九州支社設立のために採用された新入社員です。といっても年齢は37歳。しかも、医療業界での経験は全くありません。

モレーンコーポレーションに入社するまでの約10年間は日本郵政公社に在籍していました。10年間で福岡県内の郵便局を3局、しかも、規模の大きな郵便局ばかりを渡り歩いてきました。(これは意外と珍しいことで、一度は田舎の小さな郵便局を経験させられるのが一般的です。)

このことを話すと必ず聞かれるのが、「どうして辞めたの?」。勿論、公務員に魅力を感じたからこそ公務員を目指した訳ですが、今思えば、それは待遇面に対する魅力であり、自分の思い描く仕事そのものに対する魅力ではなかったような気がします。勿論、前職も素晴らしい仕事であり、競争率も非常に高く、入ろうと思ってもそう簡単に入れるところではありません。更には、一度入ってしまえばレールが敷かれているようなもの。人生設計も立て易く、最後まで幸せな生活を送れたのかも知れません。それでもレールの敷かれていない道を走りたいという気持ちを抑えることができませんでした。

そんな中で出会ったのがモレーンコーポレーション。
そして今、IC-Rとしての新しい道を歩いています。

これまで私を支えてくださった方々、そして、この私にチャンスを与えてくれたモレーンコーポレーションへの感謝の気持ちを忘れず、全力で『感染管理の大衆化』を目指して参ります。


                                                    2007年5月29日

2007年04月14日 13:21

【バスケットボールチーム『LINKS』】

バスケットチーム
『左:オスギ、右:川上(ゲームCAP)』  ここ最近ブログをサボっていましたお杉です。いつの間にか月も変わって4月になってしまいました。関東では桜も散ってしまい、今は葉桜しか見られなくなってしまいました。

 最近、草バスケットボールチームを作りました。チーム名は『LINKS』。基本的にはバスケットボール経験者の集まりですが、なかには柔道部出身者だったりテニス部出身者だったりと様々な人間が集まったチームになりました。因みにチームの目標は、まずは市内大会での優勝です。

 『LINKS』の練習は毎週土曜日に集まり、ゲーム形式の実践をメインにしています。例えばシュート練習などは各個人で練習し、月1回のペースで練習試合をするといった具合です。練習終了後は、全員で飲みに行き、その日の問題点などの確認をしながら、次回にむけての軌道修正と方向性を決定して行きます。そして最後には“酔っ払う”というのが恒例になっています。(笑)

 チーム構成は、私がチームを“纏める”キャプテン、それとは別に“ゲーム”キャプテンという2キャプテン制度にしています。他にはカワイイ!?マネージャーが数人、宴会部長が1人です。チーム運営に関しては、例えば練習メニューや他の事項なども2キャプテン間で全てを決定するのではなく、個々のメンバーが各々のポジションで発言をしながら、チーム全体で取り組んでいくように心掛けています。その利点は、チーム間のコミュニケーションが良くなり、一人一人の思考力・想像力アップに繋がっているということ。逆に、欠点は、話がなかなか決まらず、纏るまで時間が掛かったり、派閥が出来易くなっているとうことです。

 『LINKS』は1キャプテン制ではなく2キャプテン制を敷くことで、“ゲームキャプテン”にはバスケットボールの知識や動作を指示してもらい、もう片方の“纏めキャプテン”は、逸早くゲームキャプテンの考えてることを察知して、他のプレーヤーに上手に伝えながら、歪みが生じた場合にはフォローする、というような『表裏の関係』を構築しています。やはり一人で全てを背負うと疲れてしまうので、役割分担をハッキリさせた方が、自分のやるべきことが明確に見えてきますし、できるようになったら次のステップへというように、徐々にチーム全体が成長していければ良いと考えています。因みに別の本音になりますが、一番重要なのは辛抱かと思います。(笑)

 だからこそ、伝え方や表現方法、言葉にするタイミングが重要になってくると思います。この本質は、指導することが目的ではなく、相手に理解して貰うことだからです。その結果、今のところ、チーム運営は上手く行っています。やはりコミュニケーションをとりながら、一緒に仕事をしてその中で信頼関係を作っていくことがどんな組織にも通じることではないのでしょうか?

 長文にて失礼しました。また次の機会に書きたいと思いますので、皆様のコメントお待ちしています。

                                                    2007年4月13日

2007年03月14日 12:14

【初めまして、東日本営業部ICRの杉山貴之(お杉)です。】

杉山貴之


山本ICRに引き続き、今月からは私がブログを担当します。

今回は、私の自己紹介をさせていただきます。私がモレーンコーポレーションに入社したのは2005年の9月で、当時は社員唯一の20代でした。前職は、塾講師を約3年間していました。全く違う業界で違う職種・・・、感染管理に関しましてもそれまで考えたこともなかったですし、当然のことながら知識も全然ありませんでした。そんな不安いっぱいの状態にも関わらず、この会社(モレーン)を志望したのかを考えてみますと今になってはとても不思議な感じがします。それにもましてもっと不思議なことは、採用面接の際に『俺は~』と言ってしまった私を採用したこの会社の採用基準です(笑)!
因みに「塾の授業作り」と「病院の感染管理」は共通する部分があります。このことについては、次回以降に触れさせて頂きますので、楽しみにしていてください。

 私の担当エリアは北海道、福島、群馬、栃木、茨城、千葉、神奈川です。広域を担当していて実感させられるのは、エリア間や病院間における“感染管理の考え方”、“取り組み方”、“力の入り方”のギャップ(差異)です。逆にエリア間並びに病院間で共通していると感じられる点は、『全ては患者さんの為に』という言葉です。私はこの“患者オリエンティッド”という共通概念を軸にして、少しでもエリア間、病院間の感染管理に関するギャップ(差異)を無くして行くべく、毎日、皆様のところへご訪問させて頂いています。これが私の実践する『感染管理の大衆化』です。そして、少しでも安心できる病院安全管理システムの確立のために皆様のお手伝いが出来ればと思っています。
今後とも、モレーンコーポレーション&お杉を宜しくお願いします。

2007年3月14日

2007年01月29日 11:06

【手洗いについて】

山本 崇

「画面白いユニフォーム背番号80番がOSNAS WR山本 崇選手 2006 Xリーグより」


MRとして病院に訪問していたことは前回に記載しましたが、その当時も手洗いや嗽には自分なりに気を配っていました。モレーンコーポレーションの一員になって、感染管理の勉強をするようになり、さらに注意深く『手洗い』をするようにはなりましたが、ノロウィルスの蔓延もあり、多くの病院にて手洗い評価キット『スペクトロプロ』を私が実演してみると、やはり注意していながらも細かな洗い残しがあることがあります。

先日、とある病院の院内研修で病棟の師長さんと新人の方にスペクトロプロを実際に試していただきました。すると新人の方は、掌と手の甲は洗い落とせていたものの、手首に洗い残しがあり、それを見た師長さんは「あかんやないのっ!」と半ギレに近い感じでしたが、その後その師長さんにも試して頂いたら、爪の付け根がしっかりブラックライトに反応していました・・・。

このことで感染管理の基本中の基本がやはり“手洗い”であることを再認識させられたと同時にきっちりとした手順に基づいた手洗いを実施することで、洗い残しは絶対に無くすこととができるのだということを今後も継続して病院の感染対策関係者に説明して行こうと思いました。

またまた今回のブログにも落ちはありませんが、手洗いでは目に見えない汚れまできっちり落としましょう!!

※手洗い評価キット『スペクトロプロ』はMICKSネットショッピングでもお求め頂けます!!

http://www.moraine.co.jp/e-shop/products/spectropro.html


(株)モレーンコーポレーション 関西支社 ICR 山本 崇

                                                    2007年1月29日

2006年12月05日 06:47

株式会社モレーンコーポレーション 関西支社 山本 崇です。

山本 崇

私がモレーンコーポレーションに入社致しましたのが2006年7月で、約半年となります。 以前は製薬会社で営業(MR)をしておりました。同じ病院訪問でもMRとは取り扱っているものや提案の内容も大きく違いますが、患者さんにとって真に役にたつ事のできる仕事であり、強い使命感を持って働くことができるという意味では差はありません。  患者さんや医療従事者が安心できる環境、誰もが安心して診てもらえる医療機関をめざし努力してまいりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

製品に関する質問やご相談、お気軽にお問い合わせください

私たちが”チームモレーン”のメンバーです!

「感染管理の大衆化」を目指す感染管理のプロフェッショナル軍団”チームモレーン”ってどんな人たちが参加しているのか?ここでは全スタッフの素顔をエッセイ風にご紹介させて頂きます。

モレーンの取り組み

感染管理の大衆化を目指します

感染管理のチェーンってどういうこと?

- 新卒採用情報 留学生採用情報

関連サイト

- 最新の記事をRSSで購読